市場間分析を基にした金投資に必要な情報をお伝えします
Winter Clock

One Snowy NightNatural Sound - Rc

広告


Real-Time Price - 2site

XC-3.png

Toushi kozou's channel


金価格・投資分析ツール


Mariah Carey

Open Arms I Don't Wanna Cry

広告


最新記事


▲pagetop

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

プロフィール(金太郎)

Toushi Kozou

Author:Toushi Kozou
猫と相場をこよなく愛する大阪人

投資の最終判断は自己責任  
でよろしくお願いします


ブログランキング参加中

   人気ブログランキングへ にほんブログ村 先物取引ブログ 金先物(貴金属先物)へ

CX-PORTAL:先物情報



来訪者カウンター


天気予報


  お薦め本(Amazon)

ぜひ読んで欲しい名著

     災害対策用品


     絶版の貴重な本


   RSSリンクの表示


   月別アーカイブ


▲pagetop

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






--⁄--⁄-- --:-- カテゴリー:スポンサー広告
▲pagetop








金相場の環境に変化なし


1ヵ月ぶりの記事更新となりますが、今年も応援のほどよろしくお願い致します。さて、金を取り巻く環境は1ヵ月前と比べると何も変わっていないようですね!!全世界の国家や投資家たちは米国や欧州の先行きに対する不信感をますます募らせている中、アジアの金現物市場ではあまりにも買いが大量に入るため在庫が底を打ち、高いプレミアムが価格に上乗せされて取引されているほどです。また、中央銀行の買い意欲もとても強く、早くも昨年12月21日にはIMFの403.3トン金売却プログラム完了が発表されました。昨年、ロシアの金保有量は前年比28%増の775トンに達し、毎年400~500トン近く金を売却していた欧州は昨年9月末で年間6.2トンの売却にとどまりました。これは1999年にスタートした中央銀行金売却協定(CBGA=ワシントン協定)導入以来初の急減です。つまり、金市場は2010年に大きな転機を迎えた年とも言えるでしょう。何れ金価格が、2000ドル、3000ドルと大きく跳ね上がる可能性は高く、その土台が日々築きあげられていると感じます







G.jpg







しかしながら、これだけ強い環境であるにも関わらず金価格は上がりません。要因としては様々なことが考えられます。世界的な株価の上昇、中国の利上げ、CFTCの金建玉制限、ファンドのリバランス(投資配分の調整)など・・たくさんありますね。挙げたらきりがないほどですが・・ 逆に買い材料にも同じことが言えます。はっきりしているのは10月以降ファンドが継続して買いを整理しているということです。つまり、現物の買いに勝る先物の売りが現在出ているため価格は上がらないという流れです。これは価格とテクニカルの関係、または価格と取組高の関係を見ても、価格は高値を更新しているのに、テクニカルのオシレーターと取組が下がってゆくという逆行指標(ダイバージェンス)が顕著にみられることから明らかに流れは弱気です。また、中期サイクルの転換点ではファンダメンタルズと価格の間に強いギャップが生じることが多く、市場の雰囲気が総強気にも関わらず価格が大きく下がってゆく時は要注意でしょう







       ポチッと押してね ⇒人気 Blog RankinG

       ポチッと押してね ⇒FC2 Blog Ranking







金のテクニカル



現在、金のテクニカルはNYも国内も短期の指標は全て売りの状態であり、NYは主要移動平均線である50日線とその下にある75日線さえも割れている。週足では支持線である転換線も3週連続終値で割れた状態にあり、中期サイクルの天井であれば、これからが下げ開始ということになる。下掲載の週足チャートを参考にすると、昨年10月にトライアングルを完全に上抜け、一時1979年型の超上昇波につながる期待がありました。しかし、上に抜けた後、通常強気の相場であるならば途中で上昇エネルギーを蓄積するための強気の三角もちあい(高値切り下げ型のフラッグ)を形成するのですが、今回形成されたもちあい(フラッグ)は高値切り上げ型の弱気パターンであり、上昇エネルギーを解放する動きとなっている







NY金週足







今回10月以降に見られた振動相場は、金相場においてはめったに出現しないラウンド・トップ(円形天井)と呼ばれる天井で、通常、最も信頼できる天井のフォーメーションと言われています。この動きの中では高値を更新し、かつ長期にわたって高値を維持しているため、投資家は相場を強いと感じやすい。しかし、時間の経過と共に投資家の買いの平均値はどんどん高くなり、テクニカル的に維持しなければならない価格も上昇してゆきます。そのため、支持線を下抜けた場合、大きな下げにつながりやすい。ただ、現状、中期サイクルの天井が確認できたわけでもなく、今後の道筋としては、1294.1ドル前後で調整完了となるか、1050~1150ドル前後まで下げて調整完了となるか どちらかになると思えます。ここ3~4ヵ月間の動きが重要でしょう。今一つ言えることは、まだ買いは控え、しばらく動きを観察することが大事だと思います。もし、大きな調整につながれば、年内に絶好の買い場が訪れると思います。その場合、2008年10月以来のチャンスではないでしょうか。







NY金日足

>> NY金日足LONGチャート(50・100・150日MA) <<

 





金の重要支持線(NY金先物・東京金先物価格週末終値)
(私独自の分析・手法で計算したものなのであくまで参考程度に)



東京金先物先限価格


短期サイクルの支持線(週足基準線)

1/17~28     3530円
1/31~2/18  3542円
2/21~25     3576円
2/28~3/11  3584円

短期サイクルの最下限支持線(分岐点)

1/24~2/4   3420円
2/7~10      3466円
2/14~18     3474円
2/21~25     3499円
2/28~3/18  3503円


記載のポイントは触ると反発しやすいポイントでありながら、同時に完全に下抜けるとトレンドが変化しやすい価格帯でもあります。


NY金先物当限価格


短期サイクルの支持線(週足基準線)

1/24~28     1304.6ドル
1/31~2/4   1312.5ドル
2/7~18      1322.1ドル
2/21~25     1333.0ドル
2/28~3/4   1335.2ドル

短期サイクルの最下限支持線(分岐点)

1/17~28     1238.5ドル
1/31~2/4   1247.2ドル
2/7~3/18   1258.7ドル


基準線まで調整しない状態での反発は、買う場合、とても危険だと思えます。買うには基準線まで下げ、週足で陽線を確認することが基本。これは東京金も同じ。







バイロン・ウィーンの10大びっくり予想(2011年版)



(1) ブッシュ減税と失業者手当の延長措置が継続、雇用は上向き失業率は9%以下に。2011年の実質GDPは貿易と設備投資にささえられ5%に達する。

(2) 連邦政府の財政赤字と国債の増加が国債市場に影響を及ぼし始め、10年債国債利回りは、外国人投資家の旺盛な需要のために5%に近づく。

(3) 経済回復のモメンタムが続き、S&P500指数は以前の高値1500ポイントに到達。しかし通信とユーティリティセクターは足を引っ張る。金融危機以来はじめて個人投資家の株式市場への資金流入が流入超に転じる。M&Aが活発になり、市場は強気の至福感で覆われる。

(4) インフレは健全な範囲にとどまるが、実物資産の魅力から金価格は1オンス1600ドルに達する。へッジファンドは金を空売りするが、金価格は上昇し、彼らの多くが損失に苦しむ。

(5) インフレ抑制のため中国は人民元高誘導。GDP成長率を10%以下に、そして物価上昇を4-5%以内に抑える。これがきっかけとなり、各国が米ドル単独で外貨準備とする現在のやり方から、中国人民元を含んだ為替バスケットへと替わる動きが加速する。

(6)新興国台頭で、農産品と商品の価格が上昇。とうもろこしが8ドル、小麦が10ドル、大豆が16ドルをそれぞれ上回る上昇。

(7) 住宅市況の改善。売れ残り在庫は高水準継続だが、供給が減少するためケースシラー住宅指数は上昇する。住宅着工件数は60万戸を突破。

(8) 新興国の原油需要が高まる一方で供給が増えず、原油価格は1バレル115ドルをつけるまで上昇。

(9) オバマ大統領は米軍のアフガン撤退を決意。タリバン作戦が進展せず、カルザイ政権の汚職もたえない。アフガンは武力を持った部族が支配する 国へと戻る。2011年の終わりにかけ米軍の帰国の動きを加速する。進行中のイラク在住米軍撤退と合わせ、主要な欧米の軍事プレゼンスが中東で低下 。

(10) 欧州の金融改革は独のメルケル首相の主導のもと、進められる。緊縮再建財政を実行する国々にはEUとIMFから支援が実 施され、欧州の金融不安は後退。政策は金融市場には心理的にプラスに働くが恒久的な解決ではないため、長期的には懸念材料に。


※バイロンは米投資会社ブラックストーン・グループの副会長です






下に更新記事一つあり 「インテリジェント・デザイン ~ 黄金神話






お知らせ:諸事情により、12月19日~2月28日まで記事の更新とコメントの返信をお休みしています。今回途中1回記事を書いて(コメントは25日夜まで返信します)、その次は3月1日から通常通り更新します。今回は途中で臨時記事を書くこともできないと思いますのでご了承ください。大変、ご迷惑おかけ致します。







       ポチッと押してね ⇒人気 Blog RankinG

       ポチッと押してね ⇒FC2 Blog Ranking







(※)分析、見通しなどは私独自の調査・手法によるものであり、完全なものではありません。最善を尽くしていますが、保障できるものではないため、投資最終判断は自己責任でよろしくお願いします。






 ☆ ブログランキング参加中! 応援のクリックよろしくね ☆



  クリックしてね↓
   
  応援よろしくね↓
  人気ブログランキングへ
  もう~ひと押し↓
  

           
  応援ありがとうございま~す♪






2011⁄01⁄24 00:43 カテゴリー:GOLD comment(14) trackback(0)
▲pagetop












コメント



投資小僧様大変ご無沙汰してます。
金は矢張り下向きみたいですね。暫らく静観致します。
金とは逆に白金は強そうですね。株につられてるからだと思うのですが、仮に金が1300ドルを割る調整の時に白金もいずれ金につられて下落して来るのでしょうか?
白金の上値のメドも含めて小僧様の相場感をお聞かせ頂けれは有り難く存じます。
2011/01/24 15:25URL | ラミレス[ 編集]


ラミレスさん、こんにちは

休み前に少しお話したと思うんですが、白金のチャートは実にしっかりしています。パラジウムも同じく 今、白金とパラジウムに関しては金・銀と全く連動していません。貴金属としてよりも白金・パラジウム独自の要因で価格が動いていると思います。したがって、これらの銘柄は金・銀の動きに対してしばらく逆行する動きを続けるかもしれませんね。こういう動きが始まると、白金やパラジウムに関しては上値のメドは全く見通しが立ちません。オーストラリアがどうのこうのという記事をちらっと先日見たのですが、そのことと何か関係があるのではないでしょうか
 白金・パラジウムは生産量が極めて少ない貴金属だけに、価格は、鉱山環境・自動車需要の変化に反応しやすいです。

2011/01/24 15:42URL | 投資小僧[ 編集]


久しぶりの記事、大変楽しく読ませて頂きました。

金の未来の輝きを信じているものの、目先の下落は気持ちのいいものではありません。ただ小僧さんのアドレスに従い12月に高値つかみしなくてよかったです。
7月までに3500円を割る局面が来るかもしれませんがピンチをチャンスにしたいと思います。これからも的確な分析をお願いします。
2011/01/24 21:44URL | ベリー[ 編集]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011/01/24 23:17 | [ 編集]


ベリーさん、こんにちは

金上昇の基礎的要因はとても強固なものだと思います。長い目で見れば下落はチャンス。ぜひ、ものにしてみてください!!


n○○さん、こんにちは

元気してます。3月からまたよろしくです!

2011/01/25 22:35URL | 投資小僧[ 編集]


最後に一つだけ情報入りましたので書いておきます。

最初、数字を見て目を疑ったのですが、NY金先物市場の取組が昨日一日で81752枚減りました(14%減) 規模にして254トンですね。これだけの規模、初めて見ました。他、SPDR金ETFは31.26トン減少。これも過去最大規模かもしれません。加えて、金強気予想のゴールドマン・サックスが昨日弱気に転じました。米実質金利上昇により、当初2012年に天井打つ見通しだったのが早まる可能性が高いということです。

2011/01/26 11:27URL | 投資小僧[ 編集]


こんにちは
いつも参考にさせて頂いております。

先のコメントからでは、
今後の金上昇について、あまり期待できない
ということでいいのでしょうか?

近い将来に金価格が、
2000ドル、3000ドルと
大きく跳ね上がる可能性は、
あまり期待しない方がいいのでしょうか。
2011/01/26 14:47URL | 聖子ファン[ 編集]


聖子ファンさん、こんにちは

仮に1050~1150ドルまで下げたと仮定します。それでも長期トレンドは全く崩れません。さすがに800とか900ドルとかまで下げれば話はまた別ですが 深く下げた場合、年内に2000ドルとかは無理だと思います。しかし、2~3年後となれば十分可能性はあると思います。現在の下落は2年間上昇し続けてきて買われ過ぎになった部分が崩れてきているだけの話だと思いますよ。金を取り巻く環境は申し分のないほど良好です。今はただ調整が終わるのを待つのみですね!ある意味、相場としては2~3年ごとにまとまった調整が入ることは上昇相場としては非常に健全なんです。もし、ここで大きな下落につながるのであれば、金の長期にわたる上昇トレンドはより強固になると考えています。逆にほとんど調整なく、このまま1年くらいで2000ドルとか3000ドルに到達してしまうと、相場としての上昇エネルギーを使い果たし、その後20~30年ほど下落し続けるという周期に入ってしまう可能性も出てきます。今のところ考えられないですが・・ つまり、早すぎる上昇のほうが上昇トレンドの寿命を縮めてしまうわけです。現実をみれば、1999年から長期上昇サイクルがスタートしてまだ若すぎる相場ですから、そう簡単に大きな転換点は来ないとは思います。基本的に上昇サイクルの中で起きる下げは、次の大きな上昇を生み出すためのエネルギー蓄積運動なんです。下げて振動することによりエネルギーが増えるんです。連続した上昇の中では蓄積ではなく放出しか起きていません。言い換えれば、調整なき上昇は下落のエネルギーが蓄積されていくわけです。これは市場で買い手と売り手によって価格が決定されているため避けられない道だと思います。故に、どんなにファンダメンタルズが強い環境でも買われ過ぎの状態では下げてしまいます。これが市場原理です。


コメントの返信はこれで終了します。それでは3月以降にまた!

2011/01/26 15:29URL | 投資小僧[ 編集]


NY金先物市場取組高チャート(1/25まで)

http://blog-imgs-43.fc2.com/t/o/u/toushikozou/2011.png

2011/01/26 23:17URL | 投資小僧[ 編集]


 金先物市場で相場を大きく張っていたファンドが手仕舞いして以降、相場が下がり始めたそうです。

2011/01/29 22:59URL | みゃ[ 編集]


こんにちは、子供の高校入学資金が必要で

積み立てた金の一部を泣く泣く今回の安値
 
で手放しました。またがんばってためます。

でも前向きな出費なので惜しくはありませ

ん。ちょっと惜しいけど・・・笑。
2011/01/30 12:09URL | こた[ 編集]

こんにちは
こんにちは

ブログ閲覧させていただきました!

資産運用には、様々な知識と考えを持って

運用されているんですね。

とても納得しまして お勉強になりました

応援サイトにしたいので ランキング全て

ポチっと押しておきますね!
2011/01/30 14:56URL | 株の新[ 編集]

ご無沙汰して居ります
新年のご挨拶が、今日はバレンタインデイですが(^_^;)、春節より遅くなってしまい、誠に申し訳ございません。小僧先生、本年もどうぞ宜しくご教示頂けます様、何卒宜しくお願い申し上げます。m(_ _)m。今日は株式市場の終値の方も昨年の四月末日以来10700円以上まで上げて居ります。今年も小僧先生のファンの皆様方にとっても、良いお年と成ります事をお祈り申し上げます。



2011/02/14 23:15URL | 虎河豚[ 編集]

記事を買い取らせて下さい!!【稼げるよ!JP AdMedia】
こんにちは、口コミ広告を取り扱っております【稼げるよ!JP AdMedia】成田と申します。
Toushi Kozou様のブログ『投資小僧の金相場日記Ⅱ』を興味深く拝読させていただきました。

経験に基づいた投資についての役立つ、上質な情報を網羅していると感嘆しました。
その投資についての知識と経験を活かして、弊社の案件をぜひブログ記事にして掲載してみませんか?

Toushi Kozou様のブログは、宣伝効果が非常に大きく、必ずや大きな反響を呼ぶものと確信しております。
一流ブロガーでありますToushi Kozou様の参加をお誘い申し上げる次第です。

ブログライターとしてのお仕事となるわけですので、その分の報酬のお支払いはお約束しています。
弊社と致しましてもToushi Kozou様の活躍を大いに期待しております。
詳しくは下記URLからご確認下さい。
ご参加を心よりお待ちしております!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【稼げるよ!JP AdMedia】は
あなたのブログ記事にライティング料金をお支払いするサービスです。
詳しくはコチラから
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://www.kasegeruyo.jp/about.html

ご意見・ご質問はコチラから
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://www.kasegeruyo.jp/contact.html

『稼げるよ!JP AdMedia』 事務局
運営会社 : 株式会社A&M,on
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



コメントを投稿












管理者にだけ表示を許可する



トラックバック


trackback URL


| HOME |



Copyright © 2017 投資小僧の金相場日記Ⅱ. All Rights Reserved.
template by nekonomimige & blannoin photo by Encyclorecorder
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。