市場間分析を基にした金投資に必要な情報をお伝えします
Winter Clock

One Snowy NightNatural Sound - Rc

広告


Real-Time Price - 2site

XC-3.png

Toushi kozou's channel


金価格・投資分析ツール


Mariah Carey

Open Arms I Don't Wanna Cry

広告


最新記事


▲pagetop

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール(金太郎)

Toushi Kozou

Author:Toushi Kozou
猫と相場をこよなく愛する大阪人

投資の最終判断は自己責任  
でよろしくお願いします


ブログランキング参加中

   人気ブログランキングへ にほんブログ村 先物取引ブログ 金先物(貴金属先物)へ

CX-PORTAL:先物情報



来訪者カウンター


天気予報


  お薦め本(Amazon)

ぜひ読んで欲しい名著

     災害対策用品


     絶版の貴重な本


   RSSリンクの表示


   月別アーカイブ


▲pagetop

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






--⁄--⁄-- --:-- カテゴリー:スポンサー広告
▲pagetop








中国の利上げに警戒感


12月7日、前回の高値1424.3ドル(11月9日)を越え、一時、1432.5ドルをつけ最高値を更新。しかし、その後、再び急落。この動きは11月9日の急落時と同じ動き(ブレイクアウト失敗)で、節目越え直後の急落は要警戒。見通しは再び中立に。まだ保ち合い相場が続きそうな雰囲気です。今後の注意点は、上昇トレンドを支える支持線を維持できるかどうか。中期~長期上昇トレンドは強固ですが、3ヵ月程度の短期上昇トレンドは依然維持できるどうかの瀬戸際。その支持線は時間の経過と共に値位置が高くなってきているのでクリアしなければならない条件は厳しくなってきています。注目点は、日足で50日移動平均線を維持できるかどうか、かつ、週末終値で週足転換線を維持できるかどうかの二つ。大きく下回るようであれば、途中反発しても1294.1ドル前後まで下げる可能性があります。支持線を維持できるようであれば、保ち合い相場継続後、1600ドル目標値変わらず。以下チャートを参考に







NY金日足-2010-12-9



12/9 の支持線 25日平均線(1380.8ドル) 50日平均線(1362.1ドル)



NY金週足-2010-12-9







       ポチッと押してね ⇒人気 Blog RankinG

       ポチッと押してね ⇒FC2 Blog Ranking







貴金属市場では中国の利上げ警戒感がまた強くなってきています。10月14日以降の3回に及ぶ貴金属価格大幅下落は全て中国絡み。一部報道では利上げだけではなく、それ以外にも政策の用意があると伝えられています。株式、他市場ではそれほど大きな動きが見られないため、影響は短期的なものと思えます。







アストロロジー(金融占星術)


10月以降、乱れていたアストロサイクルが機能し始めています。

12月6日      新月●(前後で短期的な天井を打ちやすい)
12月21日     満月○(前後で短期的な底を打ちやすい)
12月8~9日    貴金属変化日
12月10~30日 水星逆行期間(保ち合い相場になりやすい)







       ポチッと押してね ⇒人気 Blog RankinG

       ポチッと押してね ⇒FC2 Blog Ranking







(※)分析、見通しなどは私独自の調査・手法によるものであり、完全なものではありません。最善を尽くしていますが、保障できるものではないため、投資最終判断は自己責任でよろしくお願いします。






 ☆ ブログランキング参加中! 応援のクリックよろしくね ☆



  クリックしてね↓
   
  応援よろしくね↓
  人気ブログランキングへ
  もう~ひと押し↓
  

           
  応援ありがとうございま~す♪






2010⁄12⁄09 12:00 カテゴリー:未分類 comment(30) trackback(0)
▲pagetop












コメント



み○○さん、こんにちは

日経の金売買記録の提出義務の件、私も読みました。きっちり申告していない人、けっこう多いみたいですね!これは金そのものをターゲットにしているというより、政府は財政難なので、税金の取りこぼしのないよう徴収強化しているという印象が強いです。もし、み○○さんがおっしゃるように、この国の実権握る人たちが国民に金を持たせないようにしている政策なのであれば、権力者たちは頭の悪い集団だと思います。今みたいに世界的な貨幣価値の下落が起きている時は、国家にとって万が一の時は金が頼りになります。それに対して備えようとしている国は、国家として金を買い、国民に金を持つことを推奨します。中国がいい例ですね。銀行の金販売を解禁し、金先物市場を開設しました。そして、国家は国民に金買いを推奨しています。国家にとって金がどれほど大事か認識している人が今の民主党政権に何人いるでしょうか?少なくとも菅さんは何もわかっていないような気がします。

2010/12/09 12:59URL | 投資小僧[ 編集]


ラミレスさん、こんにちは

今週、アストロ変化日が多いことと中国の利上げが気になってました。これで中国絡みの下げは3度目。さすがにここまで来ると警戒を解くわけにいかないですね ご質問の件ですが、支持線を下抜けた時は、目標値は1294.1ドル前後(最高値更新しましたので、支持線は4ドル上昇) その場合、年内の下値はどこになるかはさっぱりわかりません。

2010/12/09 13:12URL | 投資小僧[ 編集]


現在の金価格は実に微妙な値位置でフラフラしている状態です。少し上に行けば強気になれるゾーンがあるのですが、ここ1ヵ月ほど、そのゾーンに入った瞬間、もぐら叩きのように強く叩かれる始末。一方、ちょっと下に行けば、短期トレンドが崩れてしまう崖がすぐ下にある状態。要はちょっとした動きで上にも下にも行きやすいギリギリのところを2ヵ月近くウロウロしている感じです。



2010/12/09 13:44URL | 投資小僧[ 編集]


中国人民銀行、預金準備率を50bp引き上げ (ロイター)

中国人民銀行(中央銀行)は10日、預金準備率を50ベーシスポイント(bp)引き上げると発表した。12月20日から実施する。預金準備率の引き上げは今年6度目。人民銀行は10月に利上げを実施。預金準備率は11月にも2回引き上げている。中国共産党は12月初旬、金融政策を「適度に緩和的」から「穏健」に変更すると発表。市場では一段の金融引き締めがあるとの見方が浮上していた

2010/12/10 22:44URL | 投資小僧[ 編集]


11月中国CPIは前年比+5.1%、2年4カ月ぶり高水準 (ロイター)

中国国家統計局は11日、11月の各種経済指標を発表した。消費者物価指数(CPI)上昇率は前年比5.1%となり、10月の4.4%から加速し、2年4カ月ぶりの高水準となった。予想の4.7%も上回った。鉱工業生産は前年比13.3%増となり、前月(13.1%増)を上回る伸びとなった。予想は13.0%だった。


中国のCPI上昇加速-利上げ圧力増す (Bloomberg)

中国は10月に2001年以来となる利上げに踏み切ったが、CPIの力強い伸びや資本流入を受けて新たな措置を迫られる可能性がある。中国人民銀行(中央銀行)は10日、市中銀行の預金準備率を引き上げると発表した。金融システムから資金を吸収するのが狙いで、この5週間で3回目。英銀HSBCホールディングスの香港在勤エコノミスト、屈宏斌氏は「当局はインフレ抑制に本格的に注力することが可能で、そうするだろう」と指摘。「直ちに」利上げする公算は大きく、銀行の預金準備率も上昇が続くもようだとの認識を示した。11月は食品価格が前年同月比11.7%上昇し、約2年ぶりの高い伸びを示した。国家統計局によると、光熱費や賃貸料といった住居関連のコストもインフレ率を押し上げた。

2010/12/11 14:39URL | 投資小僧[ 編集]


投資小僧様いつもお世話になり有り難うございます。中国が預金準備率を先週引き上げましたね。
だいぶ前からアナウンスしてたせいかマーケットの方は織り込み済みだったようであまり相場には影響なかったみたいですね。
ただ消費者物価指数が予想を上回ってるみたいなんで利上が近そうですね。
もし年内に利上げがあるとしたらマーケットは今回のように織り込んでくるのでしょうか?
それともまだ仕込むには早すぎますか。






2010/12/13 13:51URL | ラミレス[ 編集]


ラミレスさん、こんにちは 

利上げに対する警戒をまだ解くには早すぎると思います。次は近々貸付け金利を引き上げるかもしれないと噂されていますので。価格も上値抵抗線と下値抵抗線に挟まれた状態で判断に難しい場面。今日の値位置はトレンドが崩れるかどうかぎりぎりのラインです。水星逆行期間に突入しましたので、価格がこう着状態になるかもしれません。


2010/12/13 14:01URL | 投資小僧[ 編集]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010/12/15 11:28 | [ 編集]


き○○さん、ありがとうございます。

ぜひ、参考にさせていただきます。

2010/12/15 11:51URL | 投資小僧[ 編集]


相変わらず、方向性がはっきりしない動きが続いています。こういう保ち合い状態では待つしかなさそうですね。今は強気にも弱気にもなれない局面だと思います。しばし静観。

テクニカルは少しづつですが、弱気に傾いてきています。こういう時、上に放れる相場なら支持線ぎりぎりで踏ん張り、保ち合いを続け上に放れます。今のところ可能性は五分五分

NY金日足:本日の支持線

25日移動平均線 1380.1ドル
50日移動平均線 1367.9ドル

50日線が割れてはいけないラインです。
25日線と50日線がクロスしたら転換した証なのですが、4営業日前から25日線が下降し始め、50日線は上昇継続。したがって、25日線と50日線の間隔が狭くなってきています。強気の時、価格は常に25日線の上を飛び跳ねているのですが、転換点では25日線と50日線付近でウロウロするようになり、50日線を割れると、下に向かい始めることが多いです。このあたりを参考に見ていけばいいと思います。

http://blog-imgs-43.fc2.com/t/o/u/toushikozou/12-15.png

今の相場を観察していると、エネルギーを十分に蓄積しないまま、急いで高値更新を繰り返している印象が強いです。なので、すぐエネルギーの玉が切れて急落。これを繰り返していると相場が買い疲れをおこし、どこかで下に向かうことがよく見られます。高値を更新すること自体はいいことなんですが、それによるデメリットもあります。それは支持線も高い値位置になってしまうこと。高値圏での理想は、上がらず下がらず支持線を維持し、数週間、横に移動すること。これが最も上に放れやすいパターンです。

2010/12/15 17:23URL | 投資小僧[ 編集]


ご無沙汰しております。
投資小僧さんのご意見を参考にしながら、
今年の春夏から秋への相場では、
まずまずの結果を出しております。

今は無理して動かず年明けまで冬眠しておこうと思っております。

カッコを付けて言うなら、チャートの裏にある人々の不安感が形となって
チャートに現れるまでチャート分析を信じ切れない感じがするのです。
年明け、1月終わりぐらいには何かが見えるのではないかと思っています。
今はこたつミカンでゆったりと・・・。
2010/12/15 19:12URL | 散歩道[ 編集]


散歩道さん、こんにちは

お役に立ててうれしい限りです。私も長年相場とにらめっこしてますが、はっきり相場が見える時というのは本当に少ないです。ほとんどはぼやけてる時の方が多いですね 今はそれが相場だと割り切ってますが・・ やはり、神のやることを理解するのは難しい・・ 散歩道さんの判断はすごく正しいと思います。相場は釣りと同じで大チャンスが来るまでひたすら待つようなものですね。

ちなみに1月の話が出ましたので、よければ以下参考に

チャート上では1月17~21日の週に節目があります。仮に相場が調整の方を選んだ場合、1月17~21日の週前後に1294.1ドルを達成するのが一番美しい波動パターンになります。その場合、そこはいい買い場になると思います。逆に年内にも1294.1ドルを試すような日柄的に早すぎる達成は短期ではなく中期の天井を打った可能性があります。その場合、1150ドルを目指すかもしれません。今のところ、可能性は低いと思いますが。一方、支持線割らずに今の価格帯で1月に入っても踏ん張るなら、近いうちに上へ強く放れると思います。何れにせよ、そう遠くない時期に1600ドルを達成すると思います。

2010/12/15 19:51URL | 投資小僧[ 編集]


ファンダメンタルズを見ると、日米欧の低金利・量的緩和継続による通貨の希薄化は全く変わらず、金の中長期上昇トレンドは揺るがないものだと思えます。株価上昇・日米欧長期金利上昇はその副作用として表面化してきたものでしょう。ただ、短期的には材料出尽くしで金価格を決定付けるものが乏しい環境だと思います。現物市場では1400ドルを超えると買いが止まり1350ドルを割れると買いが出てくるという状態がずっと続いています。市場は決定打となる新たなる材料待ちなのかもしれません。


タイムサイクルの節目(チャート)

12月13~17日
 1月17~21日

※上記の節目付近で必ず変化するというものではありません。変化しやすい(力のバランスが変化しやすい)ポイントです。

2010/12/16 11:55URL | 投資小僧[ 編集]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010/12/16 12:17 | [ 編集]


12月15日発表の米経済指標

米消費者物価指数(11月度CPI)

CPI=218.803
前年同月比+1.1%、前月比+0.1%

コア指数(食品とエネルギーを除いたCPI)
前月比+0.1%(4カ月ぶりに上昇)

コア上昇は市場に好感されたようです。ただ、依然バーナンキが掲げるインフレ目標値のCPI2%(前年同月比)にはほど遠いのが現状。15日のFOMC声明でも現状維持が示す通り、米国のインフレ政策は長期化しそうな気配があります。

金価格にとっては中長期上昇トレンドを支える力強い材料でしょう。しかし、短期的には既に価格に反映していると思えます。

2010/12/16 12:21URL | 投資小僧[ 編集]

スペインショック
スペインショックがいよいよ来るみたいですね。その時、金は・・買い場でしょうか。
http://markethack.net/archives/51666569.html
2010/12/16 13:00URL | そのまま[ 編集]


そのままさん、こんにちは

そうですね 新たなる欧州ショックは金買い材料になると思います。ただし、買い場になるかどうかは何とも言えません。やはり値位置が重要です。一度、大きく調整が入った後に問題勃発なら買いだと思いますが、現状での急騰は危険かも 崩れそうな状態での急騰は維持しなければならない支持線がまた上昇し、さらに崩れやすい状態をつくります。今は横に動くか一度調整に向かうのが望ましいと思います。

2010/12/16 13:21URL | 投資小僧[ 編集]


今のテクニカルの状態では、今後いかなる買い材料が出ようともあと1ヵ月ほど相場を静観したい思いです。横に動いて支持線を維持するのか調整入るのか見たいところですね 今、強い買い材料が出て上がっても個人的には買いたいと思わないです。

2010/12/16 13:28URL | 投資小僧[ 編集]


もうしばらくの間、相場を慎重にみたほうがいいと思います。材料抜きにして相場を冷静に見れば、現在の東京金短期上昇波動は8月2日に3246円で底打ちしてから既に日柄で4ヵ月経過してます。上昇幅は568円。金トレードの基本として底値から4ヵ月ほど上昇した相場は買うべきではないと思ってます。しかも、今のNYは動きがはっきりしない。また、上昇幅も自分で予測した幅の7合目くらいに到達した時は、それ以上は後追いすべきないと考えています。相場は腹一杯利益をとろうとせず、物足りないくらいがちょうどいい。それが勝つコツだと思います。しかし、相場が伸びきった高値で強い材料が出てくると投資家心理ではどうしても買いたくなるのが一般的だと思います。成功することもあると思いますが、勝ち続けるためには、やはり高値での買いは避け、安値を狙うのが一番安全でしょう。これは何度も繰り返し言い続けていますが、金相場が持つ波動の振動性はこれからも変わることはありません。上がったものはどこかで必ず一度下がります。永遠上がり続けることはありません。逆張りをおすすめするつもりはありません。中長期の強固な上昇トレンドが維持されている以上、調整終了と思える時の安値買いは長期で見れば順張り投資と同じだと思います。一般的に金相場の買い場とは上昇幅の半値押し水準になることが多いです。また、11月13日の記事にもチャートを掲載していますが、東京金は3800~3820円付近に強い上壁があります。ここは意識するポイントだと思います。

2010/12/16 14:07URL | 投資小僧[ 編集]


いつも参考にさせていただいています。中国のこと、スペインのことなど気がかりなこともあり、しばらく様子見ですね。利益の乗った玉は少し利食っとこうかな。
2010/12/17 08:18URL | チョビ[ 編集]


チョビさん、こんにちは

中国や欧州問題以外にも米経済指標が改善したり、長期金利の上昇なども起こっていますので複雑な環境です。

新しいニュースとしては、CFTCの建玉規制の提案がされたこと。銀先物(COMEX)の証拠金が17日からまた上がります。1枚(5000トロイオンス)につき9788ドル⇒10463ドルに引き上げです。

2010/12/17 16:49URL | 投資小僧[ 編集]


昨晩、NY金の短期上昇トレンドを支える50日移動平均線を一時割れました。終値は辛うじて維持したものの依然ぎりぎりのラインで踏ん張っている状態。25日線と50日線がクロス寸前の状態であり、週末終値支持線も維持できるかどうか瀬戸際です。日足のSlow-Stochasticsはまだ売り余地を残したままで下抜けしやすい状態にあります。また、日足の先行スパン(雲)の中に入り始めていますので、現状は楽観的に捉えることはできません。下抜けた場合の次の目標値は75日平均線。ただし、例え75日線で反発したとしても、あくまで一時的なものであり、何れ75日線を割り下抜けると思います(75日線は強固な支持線ではありません) 下抜けるのであれば、本日から日柄で約1ヵ月かけてダラダラ1294.1ドルの節目に到達するのが理想的です。その場合、陽線(日足・週足)が確認できたところは買い場になると思います。


本日の支持線

25日平均線  1377.7ドル
50日平均線  1369.1ドル
75日平均線  1341.8ドル

週末終値支持線 1374.1ドル

http://blog-imgs-43.fc2.com/t/o/u/toushikozou/XC.png

2010/12/17 17:13URL | 投資小僧[ 編集]


東京金テクニカルチャート

http://blog-imgs-43.fc2.com/t/o/u/toushikozou/XM.png


2010/12/17 17:37URL | 投資小僧[ 編集]

お知らせ
誠に申し訳ありませんが、以前コメント欄でも書いた通り、まもなく一時ブログをお休みします。明日書く記事が年内最後の記事となります(コメントは明日まで受け付けます) 1月25~26日頃に1回記事を書いて、その次は3月1日から通常通り更新します。今回は途中で臨時記事を書くこともできないと思いますのでご理解ください。大変、ご迷惑おかけ致します。

2010/12/17 18:00URL | 投資小僧[ 編集]


米商品先物取引委、持ち高規制案の採決見送り

http://jp.wsj.com/Economy/Global-Economy/node_161738

2010/12/17 20:08URL | 投資小僧[ 編集]

今年度もありがとうございました。

おかげさまでとても楽しく勉強をさせて頂きました。
少し早いですが、良いお年を!
2010/12/18 02:07URL | 一ファン[ 編集]


お疲れ様でした。
上の方と同じく、勉強させて頂き、ありがとうございました。
来年もよろしくお願いします。
2010/12/18 11:11URL | light_weight[ 編集]


12月20日が満月で、底を打ちやすいとのことですが、今回は、それは当てはまりにくいと考えてよろしいのでしょうか。
2010/12/18 13:28URL | kazu[ 編集]

今年も鋭い分析有り難うございました。
投資小僧様いつも懇切丁寧な分析有り難うございます。貴殿の様な的確で一本筋が通ってて尚且つ初心者でも分かりやすい解説は他で見たことがありません。
本当によく勉強されてて頭が下がる思いです。
パソコンのサイトも充実してて宝物の山でいつも使わせてもらってます。
ところで金は矢張り下向きの力が強くなりつつありますね。更に大きな調整が入る前触れでしょうか?
白金は二面性があり下げ渋ってるようですが、1600ドルを割る位の調整は金が下げれば考えておいた方がいいのでしょうね。
では、ちょっと早いですが良いお年をお迎え下さい。
2010/12/18 13:37URL | ラミレス[ 編集]


しばらくブログ更新されないこと、ファンとしてとても寂しく思います。
次に更新される時の金価格はどうなっているんでしょうか。想像がつきません。
それでも10年スパンで見たときに、金価格が下がっている気がしません。小僧様はどうお感じですか。また、日本国家破綻が巷で喧伝されていますが、どうお考えでしょう。
そしてその時の金価格は・・・

今年最後に質問させて頂きました。何卒よろしくお願い致します。

2010/12/18 16:57URL | べりー[ 編集]



コメントを投稿












管理者にだけ表示を許可する



トラックバック


trackback URL


| HOME |



Copyright © 2017 投資小僧の金相場日記Ⅱ. All Rights Reserved.
template by nekonomimige & blannoin photo by Encyclorecorder
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。