市場間分析を基にした金投資に必要な情報をお伝えします
Winter Clock

One Snowy NightNatural Sound - Rc

広告


Real-Time Price - 2site

XC-3.png

Toushi kozou's channel


金価格・投資分析ツール


Mariah Carey

Open Arms I Don't Wanna Cry

広告


最新記事


▲pagetop

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール(金太郎)

Toushi Kozou

Author:Toushi Kozou
猫と相場をこよなく愛する大阪人

投資の最終判断は自己責任  
でよろしくお願いします


ブログランキング参加中

   人気ブログランキングへ にほんブログ村 先物取引ブログ 金先物(貴金属先物)へ

CX-PORTAL:先物情報



来訪者カウンター


天気予報


  お薦め本(Amazon)

ぜひ読んで欲しい名著

     災害対策用品


     絶版の貴重な本


   RSSリンクの表示


   月別アーカイブ


▲pagetop

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






--⁄--⁄-- --:-- カテゴリー:スポンサー広告
▲pagetop








欧州問題は極めて深刻


今月一ヵ月の流れを振り返ると、3日のFOMCで流動性相場の強固さが確認され金価格は1400ドルを突破。しかし、11日のG20前日に中国は預金準備率を引き上げ、12日には10月に続いて貸付け金利引き上げのうわさが世界中を飛び交い、株・商品は急落。この日、金は37.8ドル下げました。11月はチャート上の節目であるだけにこれは少しやばいかも・と思った次第です。しかし、短期サイクルの支持線ギリギリ(1329ドル)まで金価格が下がった16日以降、アイルランドの問題が深刻となり、金価格は再び上昇。週末、維持しなければトレンドが変化してしまうラインも見事クリア。ただ、上には1370ドルという強い抵抗線があり、通常の相場なら超えることは難しい・と思ってたら23日に北朝鮮が韓国を砲撃し1382.9ドルまで上昇。この日、ドルと金が買われ、株式・他商品は軟調に 韓国では金の現物がかなり売れたようです。1370ドルを突破したことにより、テクニカルは中立からやや強気の中立の見方に変化。11月は上行ったり下行ったりかなり乱高下した動きですが、今のところ、短期(3ヵ月程度)~中期(半年~1年)上昇サイクルを支える全ての支持線を割れていません。今後、数週間1370ドル前後で保ち合いを続け上に抜けるようであれば次は1600ドルが目標値に。逆に今後、週末(転換線)と日々の支持線(50日移動平均線)を下回る動きになるようであれば1290ドルが目標値となります(かなり強固な支持線) ここ数週間の下げ渋る動きにより、中期サイクルの天井(目標値1100~1150ドル)の可能性はほぼなくなったと見ています。詳しくは以下チャートにて






NY金日足






NY金週足-2010-11-24







上記週足チャートを見ると、現在、巨大なトライアングルを上抜けたばかりの地点であり、このトライアングルの中に再び押し戻されることなく現在の値位置で数週間踏みとどまった動きになることが理想。保ち合い相場は次の強いトレンドを生み出すエネルギー源となるため、急ぐことなく保ち合えば今後の上昇に期待がもてます。







東京金週足-2010-11-24






東京金月足







東京金価格も強気ゾーンに位置する支持線3600円に支えられトレンドはまだ上向きのまま。週足チャートでは強い上昇トレンドを示すボリンジャーバンドのバンド・ウォークが始まるかどうかの瀬戸際 かつ、5月13日の高値3728円を日足終値で超え、週末に週末終値の高値である3693円(5月)を超え、11月30日終値で3578円を超え、週足・月足で陽線を確認することができれば、強い上昇トレンド再開の可能性が高まります(週足と月足のブレイクアウト確認) その場合、次の目標値は4000~4250円となります。







       ポチッと押してね ⇒人気 Blog RankinG

       ポチッと押してね ⇒FC2 Blog Ranking







EURO.png







崩れゆく統一の国・・ 欧州ユーロ




今回のアイルランド問題で重大なことが露呈されてしまったと思う。それはユーロという通貨システムが抱える大きな欠陥であり、この問題はアイルランドで終わることなく、現在わかっているだけでも、スペイン、ポルトガル、イタリア、フランスと後を追う可能性が高い。スペインに関しては問題が大きくなればアイルランドの比ではない。経済がポルトガル・ギリシャ・アイルランドこれら三ヵ国合わせた規模の2倍近くになるため、問題勃発はユーロ全体に重大な影響を与えるはず。今のところ、まともな国はドイツぐらいだ。今年、財政危機で支援を受けたギリシャに関しても目標とするGDPなどの数値を達成しておらず、再び危機に陥る可能性はいまだ残っている始末。ここで述べるユーロの大きな欠陥とは、各国の経済事情に合わせた金利政策ではなく、ECBが統一した政策金利を打ち出している点。ここ数年、アイルランドとスペインは不動産投資が加速していたにもかかわらずECBが金利を下げたため、不動産バブルは頂点に達し崩壊した。現在、スペインの失業率は20%を超えている。本来なら金融引き締めを早めにしておくべきところが完全に放置された形だ。その意味ではバブルが崩壊する前に金融引き締めを強く打ち出した中国の方がまだ健全と言える。また、その他にもECBの通貨供給量の政策は量的緩和で市中にマネーを放出しても少しばかり経済の数値が改善されただけですぐ資金を引き揚げる点。その結果、また数値は悪くなり、何をしているのかわからない。このままでは各国の財政危機はさらに深刻になるばかりで今後数年間この問題は解決しないような気もする。これは金価格の強い上昇要因になると思う。過去、投資家であるジム・ロジャーズやジョージ・ソロスがユーロに対してボロクソ言っていたのを思い出します。「過去の歴史で統一通貨が存続した例はなく、ユーロは今後15~20年で解体するだろう。ドルも欠陥通貨だが、ユーロも同じように欠陥通貨であり、何れ紙くずになる・・」と







(※)分析、見通しなどは私独自の調査・手法によるものであり、完全なものではありません。最善を尽くしていますが、保障できるものではないため、投資最終判断は自己責任でよろしくお願いします。






 ☆ ブログランキング参加中! 応援のクリックよろしくね ☆



  クリックしてね↓
   
  応援よろしくね↓
  人気ブログランキングへ
  もう~ひと押し↓
  

           
  応援ありがとうございま~す♪






2010⁄11⁄26 01:00 カテゴリー:未分類 comment(45) trackback(0)
▲pagetop












コメント



飛行機に例えると、金価格は10月末までは雲や風ひとつない青空を飛んでいたんですが、11月は強風が吹く乱気流の中を飛んでいるようなものです。その結果、激しく揺れているわけです。今、墜落するかしないか瀬戸際ギリギリを飛んでいるわけなんですが、けっこう頑張っていると思います。あと2週間程度でこの乱気流を脱出し、青空へ再び飛んでいくか墜落するかどちらかはっきりすると思います。後は待つだけですね 


短期上昇トレンドを支える支持線


週末超えるべき価格(週足転換線)
(高値を1424.3ドルと仮定)

11/22~26  1350.3ドル
11/29~12/3 1368.8ドル
12/6~10   1370.0ドル
12/13~17  1370.0ドル

日足終値で超えるべき価格

50日移動平均線

2010/11/26 01:51URL | 投資小僧[ 編集]


虎河豚さん、こんにちは

お久しぶりです。元気にしてます。今月は土日に少し時間があったので臨時で記事も少し書けました。1月と2月もまた休むことになると思いますのでまたご迷惑おかけします。早めに言っておきますね。しかし、中国や北朝鮮のやることは突発的で予測不可能です。今月はこの二か国の影響で市場が荒れていますね。特に欧米の投資家は中国に相当警戒していたようですが落ち着きを取り戻しつつあります。あと数週間は相場の見方は中立にしておいたほうがいいと思います。ドル円は短期的にドル買戻しの周期に入っていると思いますよ。


reocyanさん、こんにちは

ブログ楽しんでもらえてうれしいかぎりです。聖子さんのコンサートにいつも行ってるなんてうらやましい~

ご質問のサイトとは具体的にどんなものですか?チャートでしょうか?価格でしょうか?

2010/11/26 02:05URL | 投資小僧[ 編集]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010/11/26 23:54 | [ 編集]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010/11/27 03:36 | [ 編集]


○○さん、ありがとうございます。

お気持ちだけで十分ですよ あのブログはずっと維持するつもりです。
2010/11/27 08:47URL | 投資小僧[ 編集]


更新を楽しみにしていました。
以前はCFDでNY金のみやってましたが、最近東京金も始めたので、今回の記事も参考になります。
ところで、お願いがあります。お手すきでしたらで結構ですが、金より銀の底値が堅そうで興味があります。お時間がありましたら、銀の分析も乗せていただければ勉強になるのですが・・・。
2010/11/27 09:58URL | mingon[ 編集]


mingonさん、こんにちは

銀も基本強いと思いますし、保ち合いをもし上に放れるのであれば現在は金より銀の方が強いと思います。その分、短期的な調整は深くなりますが。銀の騰勢の強さは1979年以来です。3週間前のNY銀週足チャートでは通常なら9割9分天井である天井足が形成されましたが翌週の陽線で打ち消されました。要は現在の相場は通常のレベルではなく大相場に入ってるということです。上に放れたら1オンス=35~41ドルを目指すと思います。1980年の高値が41,5ドルですのでちょうどそこ目指して上昇中。

チャートは以下に作成しました。

http://blog-imgs-43.fc2.com/t/o/u/toushikozou/20101127102640e8a.png

http://blog-imgs-43.fc2.com/t/o/u/toushikozou/20101127101726e99.png


金は国内外共に週末良い終わり方をしました。国内は3699円で週足は陽線引け。ブレイクアウトラインも超えています。海外は昨晩、週足転換線の通る1350.3ドルを少し下回る1350.1ドルまで下げて終値は1362.4ドル これも週足で陽線が立ち、転換線より上で終わっています。あと2週間前後不安定な動きが続くと思いますが環境は好転しつつあります。ただ、まだ警戒は解くべきではないでしょう。次は月末の終わり方が重要です。

2010/11/27 10:44URL | 投資小僧[ 編集]


Gold Wars ~ Revival

http://tronfuture.blog134.fc2.com/

リアルタイム価格に、コーン・大豆・砂糖・コーヒーも追加しておきました。

本当はブログ「Gold Wars ~ 金復活」に掲載したかったのですが、これ以上表示すると重たくなって動かなくなるので新たにサイトを作った次第です。掲載したNY金とNY銀のスポットチャートはかなり優れものです。チャートの左下にあるボタンを押せば画面一杯に広がります。足は1時間~月足まで選ぶことができますしリアルタイム表示です。トレンドラインを引くこともできます。テクニカルはボリンジャーバンドと移動平均線を使うことができますが、studies ⇒ Moving Averages ⇒ New で20を選び、Bolinger Bands ⇒ Newを選択するとボリンジャー、移動平均線を使う時はMoving Averagesのみを選びます。3本まで線を使えます。使いこなすことができれば、かなり役に立つはずです。Instrumentを押せば、金・銀・ドル円の銘柄を選ぶことができるようにセッティングしておきましたので、同じ銘柄で上に1時間足、下に日足と並べて表示することも可能です。触っているうちに覚えると思います。銀投資の需要が高まっているのでリアルタイムの価格とチャートを追加しました。後、マーケットに影響を与えそうなロイター発のニュースも瞬時に更新されるようにしておきましたので有効活用してください。


2010/11/27 11:04URL | 投資小僧[ 編集]


米労働省が発表しているCPI及び通貨の希薄化を考慮すると、理論値では金で2266~4000ドル、銀で111~200ドルは達成可能な数値だと思います。10年、20年先の話ではなく、ここ2~3年、もしくは10年以内に達成すると思います。現在、GSR(ゴールド・シルバー・レシオ)は51.09でちょうど節目に達していますが、長期的に下がる余地は十分あり。まだまだ銀は金に対して安過ぎます。銀もこれからの相場です。また、DGR(ダウ・ゴールド・レシオ)は現在8.13 長期トレンドは明確に1を割る方向に進んでいます。したがって、ダウより金価格の方が高くなる日が何れ来ると見ています。DGRは限りなく0に近づく見通しです。

http://blog-imgs-43.fc2.com/t/o/u/toushikozou/20101127122944c1d.png

2010/11/27 12:30URL | 投資小僧[ 編集]


外出から帰ってきて、のぞかせていただくと、丁寧な解説があり感激です。Gold Wars ~ Revivalもお気に入り登録させていただきました。ありがとうございます。
銀についてですが、この値固めが終わると先日の29ドルまでのようなショートスクィーズが再現される気がしています。(根拠はありません。)銀現物がないことは、気のきいた投資家のすでに知るところとなってますので、みんな固唾をのんでエントリーをうかがっているような印象です。レジスタンスを上抜けすると、本当に面白いラリーになりそうで期待しているところです。



2010/11/27 16:16URL | mingon[ 編集]


mingonさん、確かに米国とかではまた銀のことで騒がれてますね 年末にかけて価格が上がればCOMEX破綻騒ぎがまた起きるかもしれません。一番ショートポジションを持っているJPモルガンは銀価格操作で現在訴訟騒ぎになってますのでこれ以上売りを増やすのは難しいと思います。後は整理するだけだと。今、COMEXでは商業筋の売りは約8万枚残っているのですが、そのうち2~3割くらいはJPモルガンの建玉とみています。今週は感謝祭の関係で取引所からまだ建玉明細は報告されていませんが、ここ数週間の動きはファンドが金と銀の買いを大幅に整理し、銀行筋が売りを大量に決済すると同時に買いをかなり入れてました。全体的に買いも売りも両方減っていたのですが、その中で目立っていたのは銀行による金と銀の買いでした。銀行は既に強気に見ているのではないでしょうか?ファンドの行動は決算に絡む利食いが大半だと思います。ETFはここ3ヵ月ほど全く変化がありません。今はファンドも年金も様子見の姿勢が強いと思います。皆、積極的な動きは控えてどちらかに動き出すのを待っているように感じます。弱気でも強気でもない姿勢です。インドなどのアジア現物筋は金価格が1330ドル付近になると積極的に買いを入れ、1370ドル以上になると買いがピタリと止まる動きをずっと続けています。こういう時は一般投資家も待つしかなさそうです。

2010/11/27 17:05URL | 投資小僧[ 編集]


日経平均株価週足チャート

http://blog-imgs-43.fc2.com/t/o/u/toushikozou/201011272214407c1.png

上昇トレンド入りまであともう少しってとこまで来ています。よくぞこの激しい円高の中耐えたと思います。月足ベースではようやく下落圧力から解き放たれますので12月は頑張って上がって欲しいものです。週足ベースで見ると買われ過ぎになってますので短期的に調整が入るかもしれませんがテクニカルの状態は日々好転してきています。ちょうど、上記週足チャートで見ると2004~2005年の動きに似ていますね。現在の動きは昨年から今年にかけて二番底を形成しそうな動きが何回かありましたが9200円前後を通るネックラインで見事支えられました。下に行くのをあきらめて上の方向に傾きつつあります。長期金利も上昇し始めていますし、ドル円も円安の流れですし、今度こそ期待が持てるかもしれません。

2010/11/27 22:31URL | 投資小僧[ 編集]


日経平均テクニカルチャート

http://blog-imgs-43.fc2.com/t/o/u/toushikozou/20101127230829036.png

理想を赤の矢印で書いておきました。予想というよりよく見られる波動パターンです。


2010/11/27 23:12URL | 投資小僧[ 編集]


ここ1ヵ月ほど、アストロサイクル(金融占星術)はうまく機能してますね 10月の満月あたりから ただ、今年は1年通してはあまり成績はよくありません。たぶん、太陽活動の乱れによる影響だと思います。ですので以下は適当に読み流してください。来月の貴金属変化日は12月8~9日、相場が保ち合いになりやすい水星逆行が12月10日~30日まで続きます。過去のデータではこの期間圧倒的に動かない相場が多いんですが、動く時は上か下に一方的に動いて水星逆行終了日前後に短期の底か天井を打つことが多いです。例えば、1ヵ月上がりっぱなしとか下がりっぱなしみたいな動きです。ただ、これはデータとしては少ない動きです。私自身はアストロでの判断は現在10%以下です。あまり当てにしていません。



2010/11/27 23:38URL | 投資小僧[ 編集]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010/11/28 06:21 | [ 編集]


re○○さん、ありがとうございます。有料化は全く考えておりません。

2010/11/29 12:12URL | 投資小僧[ 編集]


ブルームバーグ 11月29日

原油100ドルに上昇との見方、再び強まる-オプション市場は強気

29日現在、原油オプション市場で、原油相場が再び100ドルに上昇すると見込む投資家の建玉(未決済残高)が最も多くなっている。ブルームバーグが集計したデータによると、原油先物2011年12月限を1バレル当たり100ドルで購入する権利であるコール・オプションの価格は24日、14%上昇し過去3カ月で最大の上昇率を示した。このオプションの建玉は今年に入って51%増加し4万5424枚と、ニューヨーク商業取引所(NYMEX)で取引される原油オプションのうち最大となっている。100ドルで購入する権利であるコール・オプションの建玉の増加は、一部の投資家が、原油相場が現行水準より少なくとも19%上昇し、2008年に付けた100ドルに達すると予想していることを示す。景気回復を背景に原油相場は今年に入って5.5%上昇している。米モルガン・スタンレーは今月1日、余剰生産能力の縮小により相場が来年100ドルに達するとの見通しを示した。一方、BNPパリバは18日、米連邦準備制度理事会(FRB)が追加刺激策を導入して景気浮揚を目指す一方、欧州はソブリン危機の抑制に努めているため、さらなる相場上昇は「困難だろう」との見方を示した。米JPモルガン・チェース(ニューヨーク)の商品調査担当の世界責任者、ローレンス・イーグルス氏は26日のリポートで「短期債市場をめぐる懸念から原油市場のファンダメンタルズ(需給関係)の改善に関して不透明感が増すなか、原油相場の綱引きは続いている」と指摘した。NYMEXの原油相場1月限は先週、週間ベースで3週間ぶりに上昇。2.8%上げ26日終値は1バレル当たり83.76ドルだった。11年12月限を100ドルで購入する権利であるコール・オプションの価格は24日、5.55ドルと前日の4.87ドルから上昇。ブルームバーグのデータによると、上昇率は8月27日以降で最大だった。今年の価格の平均は6.40ドル、先週終値は5.46ドル

2010/11/29 12:26URL | 投資小僧[ 編集]


NY金先物コール・オプション2月限

12月限のコールは不発に終わりましたが、次は2011年1月末納会の2月限に注目。現在、オプション価格は上昇が止まり停滞気味ですがまた上昇が始まる可能性は十分あり。オプション市場は強気に変化なし。29日現在の未決済取り組みは以下になります。

権利行使価格・取組高 

1400ドル 13093枚
1450ドル  4701枚
1475ドル  4674枚
1500ドル 11171枚
1550ドル  4639枚
1600ドル  9207枚
1700ドル  4176枚

取組高が多い価格だけ記載しました(11月29日データ) 26日に出来高が一番多かったのが1600ドルの441枚、次に1430ドルの344枚、そして1400ドルの336枚です。

大きな動きがありましたらまた記載します。

2010/11/29 13:06URL | 投資小僧[ 編集]


NY金先物コール・オプション2011年12月限

権利行使価格・取組高

1400ドル  8233枚
1500ドル  7278枚
1600ドル  3863枚
1700ドル  3559枚
1800ドル 12416枚
1850ドル  6507枚
2000ドル 19594枚
2500ドル  5947枚
3000ドル 13712枚

すごいです! 3000ドルまで取引されていて2000ドルの取組高が一番多い


NY金先物コール・オプション2012年12月限

権利行使価格・取組高

1400ドル  314枚
1500ドル  591枚
1700ドル 1002枚
1800ドル  360枚
1900ドル  408枚
2000ドル 2202枚
2500ドル  188枚
5000ドル  105枚

ついに5000ドルまで出てきました。2011~2012年通して見ると、コール市場では2000ドルを達成すると予想している投資家が多いようですね!

3000ドルに取り組みが多くあることも驚きです e-451e-451

2010/11/29 13:54URL | 投資小僧[ 編集]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010/11/29 19:00 | [ 編集]

少々気になります。。。
はじめまして。
いつも、ご丁寧な内容に感服しております。
どうしても、気になることがあります。
NY金日足の形が 気になります。
まさかが、起きるのでしょうか。。。
2010/11/29 21:27URL | 2等兵[ 編集]


2等兵さん、こんにちは

まさかとは??

2010/11/29 21:30URL | 投資小僧[ 編集]

すみません
先生、すみません。
ど素人の私に。。
そろそろ、急な下げに入るのかと。
2010/11/29 21:41URL | 2等兵[ 編集]


2等兵さん、形とはNYの三尊のことでしょうか? 現状、上昇トレンドが崩れていませんので、どちらに行くか五分五分です。今は勝負したり偏った見方をしたりせず、様子を見る時期だと思います。基本、三尊は長期上昇トレンドにおいてはダマシとなり、結果としては単なる中段保ち合いだったということも多いです。ネックラインと呼ばれる三尊の首にあたる部分を割らない限りは三尊とは言えません。詳しくはネットで調べてみてください。現状は中立からやや強気にテクニカルは変化しつつあります。明日、月末の足もいい形で終わりそうです。ファンダメンタルズでは今朝中国の利上げのうわさが流れ一時金価格は下落しましたがすぐ持ち直しました。欧州の財政問題と北朝鮮の問題が下値を支えているようです。また、米国もデフレ懸念から量的緩和解除の可能性は遠退いています。今回の北朝鮮に関する有事の金買いはいつもの一過性のものとは少し違うような感覚を覚えています。最近、有事の金買いはほとんど見られませんでしたが、マーケットは単に遠い国で起きている小さな出来事とは捉えていないようですね。おそらく、韓国軍は安保体制のもとで米軍の指揮下にあり、いざ戦争となれば昔の南北戦争みたいな状態をマーケットは連想しているからでしょう。ウォンが急落し、ドル買い・金買いがつい最近顕著に見られたことからそう思います。フィリピンがもしもの時は自国民を日本に避難させる声明を発表したり、北朝鮮が海外在住の自国民の一部に対して北に戻るよう命令してることも気になります。ニュースで流れている以上に事は深刻なのかもしれません。マーケットは緊迫した状態が続きそうです。

2010/11/29 22:17URL | 投資小僧[ 編集]


投資小僧さん
お忙しい中の記事ありがとうございます。
2等兵さんとのやり取りを拝見し、
つくづく、自分は生兵法だと思った次第。
「大いなる不安定」や「THE GREAT CRASH1929」やらを乱読していて
歴史を学ぼうとしていますが、それだけではないですね。
チャートだとかも読めるように(感じられるように?)なりたいなと思った次第。
きっと時間はかかると思いますが、
しばらくの間、投資小僧さんのブログで是非是非勉強させていただければと思います。
2010/11/29 23:49URL | ハル[ 編集]


ハルさん、こんにちは

歴史に学ぶことはとても大切なことだと思います。+αでチャートの見方がわかれば万全ですね 頑張ってください!!

2010/11/30 00:20URL | 投資小僧[ 編集]


チャートの分析方法って人によって皆違うと思うのですが、超短期の動きを捉える時は東京もNYも120分足を個人的に愛用しています。理由は長すぎず短すぎず超短期の動きを読むのに適していると思っているからです。あくまで自分の感覚で 以下は分析の一例です。

http://blog-imgs-43.fc2.com/t/o/u/toushikozou/20101130023320944.png

120分足はブログ「Gold Wars ~ 金復活」に掲載しています。

http://goldman2012.blog52.fc2.com/
 
2010/11/30 02:47URL | 投資小僧[ 編集]

2010/11/30 03:13URL | 投資小僧[ 編集]


下に行こうという動きもありますが、どうも10000円あたりで押し目買いを入れてくるので、垂れそうで垂れない感じですが 欧州問題に合わせて一旦下げて調整してから、上昇して年末を迎えるというイメージなのですが・・・果たしてどうなんでしょうか?!


サブさん、こんにちは

そうですね なんとなくサブさんがおっしゃる通りの動きになりそうな気がします。

2010/11/30 18:12URL | 投資小僧[ 編集]


○○さん、新しく聖子動画つくりました。よければどうぞ

http://www.youtube.com/watch?v=gPm1wH-n7Nc
2010/11/30 18:44URL | 投資小僧[ 編集]


今日、月末の東京金終値は3700円ちょうど。節目3577円を完全に上抜けましたし、月足で力強い陽線が立ちました。東京の動きだけ見たらどこからどう見ても強い上昇が始まりそうな予感!後はNYの動きが保ち合いを上に放れるのを待つのみですね~ NYはまだ強気になれる足ではないのですが、あともう少しってところ 微妙な値位置です。

ところで欧州の問題、どんどんひどくなってきてますね ユーロ圏は、基本、緊縮財政で公共の支出を減らして乗り切ろうとしていますが、度を超えた域に到達しようとしていますので、公務員によるストなどがどんどん激化する気配が欧州全体に広がっています。何れ大規模な米国型量的緩和は避けられない見通し。そのうちドイツ国民はなんでうちの国がこんなに支援をたくさんする必要があるのか??とユーロに参加することすら疑問を持つ人が増えるような気がします。やはりユーロは将来消滅する運命にあるのかも・・ しばらくユーロは投機筋の恰好の餌食になりそうです。この環境は、ドル高ユーロ安、ドル建て金価格上昇を引き起こしやすく、ユーロ圏の人々は金や銀に救いを求めるでしょう。後は中国の利上げが今後市場に対してどう影響を与えるかが悩むとこですね

2010/11/30 18:47URL | 投資小僧[ 編集]


東京金週足チャート

http://blog-imgs-43.fc2.com/t/o/u/toushikozou/201011301905514ef.png

しばらくの間、ダブルトップの懸念がずっと続いていましたが、先週の週末に節目3693円を超え上にブレイクアウト。今週も陽線で終われBBのバンドウォークが始まる可能性が高まります。このまま上に走れば、ダブルトップは消滅し、底形成の逆三尊(ヘッド・アンド・ショルダー)が完成です。ネックラインは3693円前後

2010/11/30 19:17URL | 投資小僧[ 編集]


予想以上に好調な企業業績、株価に織り込まれるのはこれから
(ファイナンシャルタイムズ)

モルガン・スタンレーMUFG証券の試算では、日本企業の60%が通期の利益予想を上方修正しており、1株当たり利益(EPS)は今後2年間、15~20%ずつ増加する可能性があるという。そのような増益率はまだ株価に織り込まれていない、と同社は言う。モルガン・スタンレーMUFG証券の日本株チーフストラテジスト、アレクサンダー・キンモント氏は、「最近の上昇の後で、市場は待機場所に入ってサンドイッチとコーヒーで一息つく必要がある。一服した後はさらに上昇するだろう。企業業績は誰もが予想した以上に良かった。これは市場の助けになったが、まだ完全には消化されていない」と言う。

2010/11/30 20:00URL | 投資小僧[ 編集]


いつも楽しみにしています。ところで金の下落要因は何かがあるでしょう?
通貨の希薄化を考えると上昇しか考えられません。
2010/11/30 21:01URL | ベリー[ 編集]


ベリーさん、こんにちは

下落要因があるとすれば、今後、米国のインフレ率と失業率が大幅に改善した時。バーナンキは改善すればQE2(量的緩和第二弾)をやめると言ってます。後は、中国などの新興国が過剰な金融引き締めをしてバブル崩壊に伴い、新興国の景気後退が顕著になった時ですね 今の流れは金利の低い国から金利の高い新興国に過剰流動性資金が大規模に流入していますので、その逆流が始まると、株式・商品から資金は逃げてゆくでしょう。



2010/11/30 21:24URL | 投資小僧[ 編集]

中国バブル
こんばんは。私は中国のバブル崩壊も近いと思いますが(おそらく来年)、その時は金(商品)も道連れということでしょうか。
2010/11/30 22:34URL | そのまま[ 編集]


そのままさん、こんにちは

そこが一番判断の難しいところです。確かに中国を中心とした国々の景気後退は米国や他先進国の景気にも強く影響を与えますから、株式・商品価格にも波及します。しかし、米国と欧州が強固な量的緩和をやらざるを得ない環境になれば、例え景気が後退しようとも溢れたマネーが商品や株式に流れ、インフレが止まらないスタグフレーションが蔓延する可能性もありますので、どちらが勝るかですね。今はどちらも明確ではなく、慎重に見極める必要があるかと思います。


2010/11/30 22:56URL | 投資小僧[ 編集]


おはようございます。銀のレジスタンスを27.5と28と見ていましたが、昨日のNY終値で抜いてきました。これからのシルバー祭りが楽しみです。銀のチャートありがとうございました。上値も参考にさせてもらいます。
2010/12/01 07:03URL | mingon[ 編集]


mingonさん、おはようございます。

金も銀も月末によい終わり方をしましたね。
国内外ともに月足は強い上昇を継続中。

http://blog-imgs-43.fc2.com/t/o/u/toushikozou/Gold.png

http://blog-imgs-43.fc2.com/t/o/u/toushikozou/Silver.png

2010/12/01 09:10URL | 投資小僧[ 編集]


銀価格

1980年1月に記録したNY銀の高値は41.5ドルです。NY銀先物価格の史上最高値はこれが正しい数値なのですが、本当の高値(瞬間高値)は55ドルだったらしいのです。これは現物価格なのか限月違いなのかは不明ですが・・

ちなみに19世紀よりもっと昔の価格になると、世界共通の公設市場はなく、GSR(金銀比価)も国によってバラバラ 1000年間くらいは、国際基準で10~16、日本は3~6くらいでした。日本だけが突出して銀の価値が高いため、一時国外に金が流出した時もありました。あまり参考にならないかもしれませんが、こんなデータもあります。おそらく欧州の価格を基準にしていると思いますが・・ インフレ率を考慮し今の価値に直すと、金価格で1492年に3235ドル、銀価格で1477年に1086ドルを記録したようです。GSRを考慮すれば当時の国際基準とかけはなれているのでこのデータが正しいのかは不明。当時の国際基準で考えれば、銀は216ドルくらいになるはずなのですが・・ 日本の基準ならつじつまが合います。また、1477年以降、銀価格が一貫して下がり続けてきたことは確かです。今、GSRが下降し始め、銀価格の復活が始まったのかもしれません。永い眠りから覚めたかのように・・

2010/12/01 13:40URL | 投資小僧[ 編集]


10月11日付けのレポートで、金価格が、3ヵ月で1400ドル、半年で1525ドル、1年後には1650ドルに達すると予想していたゴールドマン・サックスが、また強気な予想を述べています。2012年には1750ドルとなりピークに達するとのこと

http://www.cnbc.com/id/40441615


今晩、ECBの理事会があります。その後、金利の発表とトリシェ総裁の会見です。これだけ危機的な状態になりながらも「出口戦略」などと訳の分からない強がりをいつまでも言い続けることは難しいと思います。ECBは量的緩和をしているFRBを強く批判していますが、台所事情は欧州も相当ひどい。マーケットはECBの理事たちが無能であることを認識し始めています。今日海外の市場でウワサされていることは、大規模な量的緩和策を発表するかもしれないということです。まだ強がりを言い続けるのか・・または「まいった」と宣言するのか今晩見ものです。一方、着実に金価格上昇の土台が固まりつつあります。

2010/12/02 13:20URL | 投資小僧[ 編集]


中国の金輸入量激増

2009年1~10月  45トン
2010年1~10月 209トン

昨年に比べて約4.6倍の輸入量

http://www.cnbc.com/id/40483948

個人の購買意欲が強いことも要因にありますが、国内で生産した金の多くは中国政府が買い上げている影響が最も強いと思います。そのため、一般的な消費は輸入に頼っているというのが現状でしょう。中国の金生産は現在世界一で300トン以上になります。また、現在、最も金消費の多い国はインド。2009年は612トンの消費でした。近いうちに中国がこれを上回ると言われています。

2010/12/03 19:07URL | 投資小僧[ 編集]


投資小僧様、いつも大変参考になる記事及びコメントの数々有り難うございます。
金は小僧様の言われる如く高値を付けてきてます。
プラチナも出遅れの感はありましたが吹き上がって来ましたね。

かなり高値圏に近くなってきてますが、年内の金、プラチナの展望について中国の利上のタイミングも含めてご教示頂けると有難く存じます。
2010/12/04 13:28URL | ラミレス[ 編集]


ラミレスさん、こんにちは

これから金の動きは期待できそうな気がします。金と銀は強いのですが、プラチナはまだ出遅れ感が強いですね。まだしばらくは動きがおとなしいかもしれません。今後に期待したいと思います。中国の利上げのタイミングに関しては全く見当がつきません。いつも突然やるので。ただ、昨日、中国政府が発表した通り金融緩和終了宣言をしましたので頻繁に利上げをしてくるでしょう。少しづつですが、マーケットの利上げに対する過剰反応が和らいできているように感じます。参考ながら中国の貸付け金利・預金準備率の引き上げした日を以下に書き留めておきます。


2007年12月21日 貸付金利+0.18%

2010年10月19日 貸付金利+0.25%

2010年11月10日 預金準備率+0.5%

2010年11月19日 預金準備率+0.5%
 
2010/12/04 16:41URL | 投資小僧[ 編集]



コメントを投稿












管理者にだけ表示を許可する



トラックバック


trackback URL


| HOME |



Copyright © 2017 投資小僧の金相場日記Ⅱ. All Rights Reserved.
template by nekonomimige & blannoin photo by Encyclorecorder
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。