市場間分析を基にした金投資に必要な情報をお伝えします
Winter Clock

One Snowy NightNatural Sound - Rc

広告


Real-Time Price - 2site

XC-3.png

Toushi kozou's channel


金価格・投資分析ツール


Mariah Carey

Open Arms I Don't Wanna Cry

広告


最新記事


▲pagetop

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール(金太郎)

Toushi Kozou

Author:Toushi Kozou
猫と相場をこよなく愛する大阪人

投資の最終判断は自己責任  
でよろしくお願いします


ブログランキング参加中

   人気ブログランキングへ にほんブログ村 先物取引ブログ 金先物(貴金属先物)へ

CX-PORTAL:先物情報



来訪者カウンター


天気予報


  お薦め本(Amazon)

ぜひ読んで欲しい名著

     災害対策用品


     絶版の貴重な本


   RSSリンクの表示


   月別アーカイブ


▲pagetop

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






--⁄--⁄-- --:-- カテゴリー:スポンサー広告
▲pagetop








暑い夏


今年の夏は、本当に暑いですね~ 特に日差しがきつく感じませんか? 新聞・テレビを見れば、日本列島、日射病で倒れる人が続出中。ロシアでは130年間で最も暑い夏となり、非常事態宣言が7自治体にだされたほど。なんでも、干ばつ・森林火災が相次ぎ、穀物輸出は12月までストップされることになったとか。なんか、地球全体がおかしい・・ 実は、とても気になるお話があるんです。さりげなく報道されていましたが、米航空宇宙局(NASA)は7月15日、地球大気の熱圏崩壊を発表しました。これって、かなりやばいんでは・・と思ったのですが、ニュースではそれほど大きく取り上げられず。単純に言えば、磁気圏、熱圏やオゾン層が完全に破壊されると地球の生物はクマムシ(⇒詳細を除いて生きていけません







大気圏








熱圏(電離層)とは、地上から80kmから1000km付近にある大気で、地球大気と宇宙空間が出会う場所。大気の主な成分は、窒素、酸素、ヘリウムで、太陽や宇宙から降り注ぐ人体に有害な電磁波や放射線をここで吸収しています。そのため、熱圏では温度が2000度まで上昇することもあります。電離層は、電波を跳ね返す性質を持っているので、ラジオやテレビの電波を飛ばす時も利用されています。また、地球の温度調整もここでしています。熱圏は太陽活動のサイクルにより、薄くなったり厚くなったりしているのですが、今回観測された収縮の規模は科学的に説明がつかないほど大規模なものということらしいのです。今、熱圏崩壊の原因になったと考えられる理由に二つの説があります。一つは、「太陽に何か大きな異変が起きている」ということ。通常、太陽活動は11年周期のサイクル(活発⇔停滞)で動いているのですが、現在、このサイクルは大きく乱れ、昨年は数百年ぶりに「ミニ氷河期」再来か?とまで騒がれました。通常のサイクルであれば、2012年に太陽活動のピーク(極大期)が来る予定だったのが、現在、2013年5月にずれる見通しです。ただ、時間の経過と共にもっとずれるかもしれないとも言われています。昨年は太陽活動が活発であることを示す黒点がほとんど観測されなかったのですが、最近になって、やっと黒点数が急増し、8月1日には活発化を示す太陽風も観測。停滞期を脱出したのでは?とも言われていますが、太陽の異変は依然続いているとのこと。ここは科学者の意見も大きく分かれるみたいですね。何れにせよ、熱圏崩壊が続けば地球は温度調整ができず、今後、夏は熱波、冬は寒波が恒常的に襲う可能性があります。もう一つの説は「HAARP」による影響(⇒詳細 とりあえず、異常気象は続きそうだし、直射日光にもあまり当たらないほうがいいかも







       ポチッと押してね ⇒人気 Blog RankinG

       ポチッと押してね ⇒FC2 Blog Ranking







東京金月足(8月7日)
東京金月足テクニカルチャート








 お知らせ


 明日から9月15日までブログの更新をお休みします。








(※)分析、見通しなどは私独自の調査・手法によるものであり、完全なものではありません。最善を尽くしていますが、保障できるものではないため、投資最終判断は自己責任でよろしくお願いします。






 ☆ ブログランキング参加中! 応援のクリックよろしくね ☆



  クリックしてね↓
   
  応援よろしくね↓
  人気ブログランキングへ
  もう~ひと押し↓
  

           
  応援ありがとうございま~す♪






2010⁄08⁄07 23:10 カテゴリー:豆知識 comment(12) trackback(0)
▲pagetop












コメント



8月5日に作成した金のテクニカルチャートと7日に作成した東京金月足チャートは、けっこう重要なものばかり掲載したつもりです。ぜひ、有効に活用してください!






2010/08/07 23:31URL | 投資小僧[ 編集]


投資小僧様

久しぶりの投稿です。

小僧様の私的な理由があり今年は更新頻度が

少なくなりましたが更新されるのを楽しみに

しています。

金の価格も底打ちでしょうか?

一般的には国債を買う動きが多く取り出されていますね

しかし長期金利は1%割れのようです。

今日の新聞にも中国が今年に入り日本国債買いが急増と

ありました、やはり一般的には安全性の高い国債が買わ

れ金が高騰して巷で騒ぎだしたころが売り時なんでしょ

うね。逆を言えば金がこのまま先日の安値3240円を

割ることなく上昇すれば今が買い場になりますね。





2010/08/08 11:16URL | かえで[ 編集]


投資小僧様、こんにちは。大変有り難きコメントありがとうございます。
今までの内容からすると、金も白金も為替もこのあたりで底打ちと考えてよろしいでしょうか?
FOMCが気がかりですが、85円を越える程の円高は余り考えなくてもよろしいでしょうか?
2010/08/09 14:34URL | ラミレス[ 編集]


かえでさん、ラミレスさん、こんにちは

末永い応援よろしくお願いします!

金の動きは順調ですね。上昇トレンドを維持したまま反転していますので、今のところ不安は感じられず。今週は週足基準線の1176ドル以上で推移し、週末終値は1187ドル以上で終われば上昇トレンドは維持されると思います。理想は週足のローソク足が陽線で終われば、なおよろしいかと 今週もトレンド維持をできれば、かなり今後の見通しは明るくなると感じます。国内の金価格に限って言えば、現在、1年に1回程度しか出ないレベルの売られ過ぎ数値を示しています(今年は珍しく2回目) かつ、上昇トレンドは維持。 仮に、このレベルでありながら、金が3100円、3000円ともし落ちて行くようであれば、この相場完全に終わってます。その時は果てしなく落ちて行くと思います。ドル円も同じく、買われ過ぎのレベルは相当なもの。掲載したチャートで確認してみてください。

相場の仕込み時というのは、マーケットの動きがどちらか極端に偏り過ぎている時が最大のチャンスだと思います。ただ、そういう時って、新聞・ニュース、アナリスト、市場の雰囲気は、まだまだ突き進むという感じで意見が皆同じようになってしまうことが多いものです。だから、安い時に買えず、皆が上げ賛成になる天井圏で買ってしまうのではないでしょうか。そういう時って、皆不安感持たず、期待感いっぱいで買ってるように感じます。「赤信号皆で渡れば恐くない」のように しかし、そういう時は皆が事故にあってしまいます。全ての相場がそうとは言えませんが、人の心理と相場はいつも正反対の状態にありがちです。昔から「少数派につけ」と相場の世界ではよく言われますが、これは正しいと思います。

2010/08/09 19:48URL | 投資小僧[ 編集]


申し訳ございませんが、コメントの返信は今晩までとさせていただきます。次回は9月15日以降でよろしくお願いします。

2010/08/09 19:53URL | 投資小僧[ 編集]


今後の動き次第で状況も変わると思いますが、現在のチャートから感じる注意点を書き留めておきます。

もし、東京金が3500円~3523円のゾーンに入った時、「新たな買い」はやめておいたほうが良いと思います。この価格帯に強い壁があります。反落した場合、150円以上急落してもおかしくないと思います(反転した後の押し平均値150円±50円) 買うなら、急落したところを狙うのがベスト。3400円超えたあたりから、安心して買いが入り、さらに上伸すると飛びつくように買いが入ると思われますので、そういった時に手を出すのが一番危険です。逆に下へ行きそうな時はトレンドラインを常に意識してください。
2010/08/09 20:34URL | 投資小僧[ 編集]


恐ろしい事ですね…、確かに「クマムシ」ならきっと大丈夫なのでしょうね。あんなに小さな虫の足元にも及ばない…。人間の奢りを省みずにはいられません。
金相場は小僧さんのお陰で、また迷いから脱出しました。見極めたいですo(^-^)o
2010/08/09 22:36URL | ホシです(^-^)/[ 編集]


こんばんは ホシさん!おひさしぶりです

クマムシ、どしてあんなに生命力が強いのか不思議です!!e-451




2010/08/09 22:47URL | 投資小僧[ 編集]


 はじめまして。日頃から興味深く拝見しております。9月27日の更新内容通り、本日金およびプラチナが上昇、改めて小僧さんの鋭い分析力に感服しております。
 しかしながら、ご承知の通り副島氏や鬼塚氏が著書のなかで警告していますように、巷では、『金の暴落』のウワサが飛び交っています。上記2者が予想する暴落の背景は異なっていますが、近い将来に暴落する・・という点では一致しております。
 さすがに$1300を突破すると、一旦大きな調整は免れないのでは と感じています。
 そこで小僧さんの見解を聞きたいのですが、いかがでしょうか?
2010/09/29 10:43URL | VMAX[ 編集]


VMAXさん、こんにちは

巷で話題となっている副島氏と鬼塚氏の金暴落説まだ読んでいないので何とも言えませんが、もし、国際金融資本家によって企てられる内容だったとしたら、少し疑問を感じます。果たして陰謀家の計画通り事が進むかどうか・・ VMAXさんのおっしゃる通り、もうそろそろ調整が入ると思います。しかし、大規模な調整にはならないとみています。直近の高値を1314.8ドルとすると1263~1273ドルくらいまでの押しかと  


2010/09/29 18:36URL | 投資小僧[ 編集]


お世話様です。
 早速のご返事有難うございました。以前目にした小僧さんの記事を思い出しながら書かせていただきました。記事とは、1988年発行のロンドンエコノミスト誌に掲載された”世界通貨の実現へ準備は完了した”というものです。世界中の人々がフェニックスと呼ばれる統一通貨を使用し、その通貨は2018年までに誕生する という内容だったと記憶しています。30年後を予言する内容に驚きましたが、しかし世界は確実にその方向に向かっているのでは と思えてなりません。
 私は小僧さん推薦の書『いまなぜ金復活なのか』の著者フェルディナンドリップス氏の遺言を信じていますよ。『Goldはやがて月に届くほど高くなる』という名言がありましたね。副島氏も鬼塚氏も、結論としては『最後にはGoldが勝利する』と述べている と解釈しています。
 私は2008年9月15日以降、小僧さんのおかげで将来に向かう勇気をいただいています。これからも、鋭い分析と見識でこのサイトを続けてください。期待しています!
2010/10/01 19:07URL | VMAX[ 編集]


VMAXさん、ありがとうございます。

フェルディナンドリップスが語る『Goldはやがて月に届くほど高くなる』という名言に一歩ずつ近づいています。人々が金の真の価値に気付く時代が幕開けしたと感じます。



2010/10/03 23:26URL | 投資小僧[ 編集]



コメントを投稿












管理者にだけ表示を許可する



トラックバック


trackback URL


| HOME |



Copyright © 2017 投資小僧の金相場日記Ⅱ. All Rights Reserved.
template by nekonomimige & blannoin photo by Encyclorecorder
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。