市場間分析を基にした金投資に必要な情報をお伝えします
Winter Clock

One Snowy NightNatural Sound - Rc

広告


Real-Time Price - 2site

XC-3.png

Toushi kozou's channel


金価格・投資分析ツール


Mariah Carey

Open Arms I Don't Wanna Cry

広告


最新記事


▲pagetop

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール(金太郎)

Toushi Kozou

Author:Toushi Kozou
猫と相場をこよなく愛する大阪人

投資の最終判断は自己責任  
でよろしくお願いします


ブログランキング参加中

   人気ブログランキングへ にほんブログ村 先物取引ブログ 金先物(貴金属先物)へ

CX-PORTAL:先物情報



来訪者カウンター


天気予報


  お薦め本(Amazon)

ぜひ読んで欲しい名著

     災害対策用品


     絶版の貴重な本


   RSSリンクの表示


   月別アーカイブ


▲pagetop

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






--⁄--⁄-- --:-- カテゴリー:スポンサー広告
▲pagetop








金、復活か?


先月末に私が書いた目先の弱気見通しは、はずれるかもしれません。今朝方の強烈な突き上げがあらゆる上値抵抗線をいとも簡単にぶち抜いたためです。

このたった1発の上昇のために、1000~1100ドルのレンジを狙うのではなく、目先1489~1600ドルを目指す可能性が出てきました(先月末の記事に書いた仮に突発的な上昇があった時・・)。本日週末の終値が高値を維持することが条件ですが、大きな戻り波動に入りそうです。ただ、ここで本当に大戻りをするのであれば、完全な底打ちではなく1600ドルを大きく超えることなく再び1200ドル台に舞い戻る可能性があるため、高いところで買うのは時期尚早でしょう。まだ上にたくさんの壁がある時間帯に位置します。







NGD14-6-20.png





NGW14-6-20.png





TGM14-6-20.png





TGD14-6-20.png







上記チャートの解説


NY金日足では、150日MAと雲の壁による上値抵抗が相当強いと思われましたが、ダウントレンドライン、150日MA、転換線、基準線の4つが交わるポイントを上抜けた瞬間、価格は爆発。その真上に厚い雲があるため、通常はそこで跳ね返されるのですが、あっさり雲に侵入。相当、強い上昇が起きたと言えます。しばらくの期間、目先の押し(調整)は買われる動きが続きそうです。



NY金週足では、雲の壁に遮られ、沿うように下落を続けていましたが、今朝方の上昇で雲の壁を超えてきました。日柄経過後の動きのため、今晩、大きな暴落でも起きない限り、上への変化と捉えていいでしょう。



東京金月足では、14年間、雲の上壁に少しでも触れるならば全て跳ね返されてきました。しかし、先月末、終値で初めて雲の中に入る。ところが、今月さらなる侵入は許さずの動き。今までと同様、強い岩盤の役目継続中。



東京金日足では、トライアングルの底辺で昨年末と同じように反発。そして、上値抵抗線をブレイク。直近の安値を更新しないパターン継続中で昨年と同じ波動(フラクタル)が再び見られます。軽い押しを入れながら、直近高値4500円台を先ずは目指しそう。



そして、月末、上値抵抗線を突破したまま終わるのであれば、上への転換は可能性がますます高まります。






 
       ポチッと押してね ⇒人気 Blog RankinG

       ポチッと押してね ⇒  にほんブログ村

       ポチッと押してね ⇒FC2 Blog Ranking







(※)分析、見通しなどは私独自の調査・手法によるものであり、完全なものではありません。最善を尽くしていますが、保障できるものではないため、投資最終判断は自己責任でよろしくお願いします。






 ☆ ブログランキング参加中! 応援のクリックよろしくね ☆



  クリックしてね↓
   
  応援よろしくね↓
  人気ブログランキングへ
  もう~ひと押し↓
  
  もう~ふた押し↓
  にほんブログ村 先物取引ブログ 金先物(貴金属先物)へ
           
  応援ありがとうございま~す♪











多忙なため、更新頻度は今しばらく少ない状態になると思いますがお許しください。いつか復活できると思います。ブログの更新は今後も続けるつもりです。金投資家に幸あれ!






2014⁄06⁄20 12:16 カテゴリー:未分類 comment(6) trackback(0)
▲pagetop












コメント



前回の記事コメント、返信しています。遅れてすいません。

まだ確実とは言えませんが、FOMC後の強い上昇。これが反発の起点となる可能性は十分です。崩れる可能性が高いと思ったのですが、強いです。一過性か本物かはここ1週間ほどの動きではっきりするでしょう。

2014/06/20 12:36URL | 投資小僧[ 編集]


余談ですが、だいぶ前、ブログ上部に描いている3つのコインのうち右端のコイン手に入れる方法教えてほしいというコメがありました。残念ながらありません。3つとも日本にはなく海外でもめったに手に入りません。特に右端の金と銀のコインは。数年前にオークションで1件見つけたのみで、それ以降はなし。実は、今朝、久しぶりに見つけましたので書き留めておきます。興味あればどうぞ。自己責任で。

楽天オークション

2008 1oz Silver Maple Leaf - 20th Anniversary

で検索。
2014/06/20 12:55URL | 投資小僧[ 編集]


NY 東京 ともに週足MACDは買いシグナルぽぃですね。。
銀に関する分かりやすい記事です
http://kabukeizainani.blogspot.jp/2014/06/blog-post_17.html
2014/06/20 13:35URL | アルピーヌ[ 編集]


アルピーヌさん、とても参考になります。あの強い動きはショート・スクイーズでしょうね。
金も銀も未決済のカラ売りが同じ価格帯でたくさん溜まってますから。それを見越して投機筋が勝負かけたような気がします。

ダウをはじめ多くの株式市場が最高値更新中。金余り通貨インフレの流れは変わらず。また近い将来金融危機が訪れるのでしょう。そんな中、金が黙っているはずもないということでしょうか?先日の暴騰は。


よければ以下チャートを参考に

http://blog-imgs-63.fc2.com/t/o/u/toushikozou/NGW14-6-21.png

昨年7月に書いた記事の中で以下が長期サイクルで重要な支持線となると書きました。


年足ベースでのサイクル9の中心値(強力な支持線)は、

2013年  1167.6ドル
2014年  1220.6ドル
2015年  1263.3ドル
2016年  1302.3ドル

金の長期上昇トレンドが維持されているのであれば、年間のどこかで上記支持線を割ったとしても年末には維持されているはずだと。深押ししても一瞬であり、今年の場合、その深押しポイントはサイクル26の中心線が通る1086.9ドル前後かと。しかし、現在、サイクル9の支持線で完璧に支えられている模様。それが作成した上記のチャートで確認できます。もし、この支持線を割ることなく反転してゆくようであれば金の長期上昇サイクルの理想的な動きだと思います。その場合、今年が底形成、来年が飛躍の年かと思います。銀も売られ過ぎているだけに金以上に上がるかもしれません。

今のポイントが重要であることは確かです。本物となるかダマシの動きとなるか・・

本音はまだ半信半疑。

中期波動の中心線である150日移動平均線を保ち合いの後に下抜け、その直後に急騰して再び150日線を大きく超えてゆく動きでしたから、「下抜けがダマシであった可能性が高い」というのが今のところの判断です。たまに連続ダマシってこともありますのでまだ警戒はしたいと思います。

投機筋の買い仕掛けに大衆が提灯つけるかどうか

2014/06/21 17:08URL | 投資小僧[ 編集]


なるほどな~底打ちしている可能性もあるわけですね
若林氏新刊「富の不均衡バブル 2022年までの黄金の投資戦略」
最後に金のとても面白い話が有りますが
同様にすでに反転との見方です

前半は得意の与太話なので立ち読みでも(笑)
日本株にもとても強気です。。

2014/06/22 10:09URL | アルピーヌ[ 編集]


余計なことかもしれませんが・・・日経平均は、騰落レシオでみると・・・・164.1%で、買われすぎになってる気がします。120%以上になると買われすぎになります。アベノミスクス(金融緩和)してからは、160%台をはじき出すようになりました。
2014/06/24 19:51URL | BS[ 編集]



コメントを投稿












管理者にだけ表示を許可する



トラックバック


trackback URL


| HOME |



Copyright © 2017 投資小僧の金相場日記Ⅱ. All Rights Reserved.
template by nekonomimige & blannoin photo by Encyclorecorder
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。