市場間分析を基にした金投資に必要な情報をお伝えします
Winter Clock

One Snowy NightNatural Sound - Rc

広告


Real-Time Price - 2site

XC-3.png

Toushi kozou's channel


金価格・投資分析ツール


Mariah Carey

Open Arms I Don't Wanna Cry

広告


最新記事


▲pagetop

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール(金太郎)

Toushi Kozou

Author:Toushi Kozou
猫と相場をこよなく愛する大阪人

投資の最終判断は自己責任  
でよろしくお願いします


ブログランキング参加中

   人気ブログランキングへ にほんブログ村 先物取引ブログ 金先物(貴金属先物)へ

CX-PORTAL:先物情報



来訪者カウンター


天気予報


  お薦め本(Amazon)

ぜひ読んで欲しい名著

     災害対策用品


     絶版の貴重な本


   RSSリンクの表示


   月別アーカイブ


▲pagetop

澄み渡る青い空


COMEX金市場でのここ1ヵ月に渡る取組高急増、そして、米アナリストたちによるQE3確実視宣言が物語っていた通り、9月13日、FRBはQE3実施を決定した。ただ、今回の内容は市場が予想していたよりもはるかに上回る内容であり、今後の金市場に相当大きなインパクトを与えそうだ。FRBは今回のQE3で徹底した金融緩和を実行する覚悟が見られる。内容は、「期限を決めず無制限に行い、かつ、効果が出ても簡単に手を緩めないと」いうもの。また、「効果が出なければ、あらゆる手段を使って徹底的にやる」と付け加えている。超低金利政策も2015年中旬まで約束されているため、今後、一旦、金市場から手を引いたファンド・年金・政府系ファンド(SWF)による本格的な金市場参戦が予想される。買いが積み上がっていない状況だけに新規の買いが入りやすい環境だ。特に成長著しい政府系ファンド(SWF)に関しては、保有する総資産は毎年10~15%増加し、2015年までに8兆ドル(約624兆円)に達するもよう。金市場への関心は非常に高く、価格へのインパクトも大きい。2008年時点での推計では、人類誕生以来、採掘された金はわずか15万トン(50メートルプール3杯半)であり、わずか450兆円のマネーで買い占めることができると言われる。それに対して世界の株式市場は7200兆円、債券市場は5500兆円、デリバティブは4京9300兆円、為替市場は、デリバティブをさらに超えるマーケット規模であることを考えれば、金の市場規模は、いかに小さいかがわかる。つまり、まだまだ金市場への資金流入余地は十分すぎるほどあり、上昇余地も相当あると言えるのではないでしょうか。QE3による金価格暴騰で、14日の週末テクニカルはさらなる強気へ。次来る本格的な調整が待ち遠しい状態。そして、COMEX金市場での取組高急増が示す通り、ファンドが強気で買いを入れ続けている。取組高チャートのテクニカルは完全好転間近。QE3により、金価格を支える長期ファンダメンタルズはさらなる強気へ。そして、ここへ来て、需要が減退していたインドの金買いが復活してきた。現地報道によれば、ルピー建ての金価格高騰により、長い間、安くなることを待っていた人たちがしびれを切らして買い始めているということだ。ヒンズー教の祭典を直前に控え、QE3が決定したことから、安くなることをあきらめ、今後、価格が上昇しても需要は増えると見られている。インド人にとって、金は生活にどうしても必要なもの。高くても、下がる気配がないのなら買わざるを得ないという実情がある。今、金の置かれている環境は、まさに“澄み渡る青い空”と言ったところ。







NGW-T12-9-16.png





NGM12-9-16.png







       ポチッと押してね ⇒人気 Blog RankinG

       ポチッと押してね ⇒  にほんブログ村

       ポチッと押してね ⇒FC2 Blog Ranking









Sting & Josh Groban - Shape of My Heart







(※)分析、見通しなどは私独自の調査・手法によるものであり、完全なものではありません。最善を尽くしていますが、保障できるものではないため、投資最終判断は自己責任でよろしくお願いします。






 ☆ ブログランキング参加中! 応援のクリックよろしくね ☆



  クリックしてね↓
   
  応援よろしくね↓
  人気ブログランキングへ
  もう~ひと押し↓
  
  もう~ふた押し↓
  にほんブログ村 先物取引ブログ 金先物(貴金属先物)へ
           
  応援ありがとうございま~す♪






2012⁄09⁄16 14:15 カテゴリー:GOLD comment(7) trackback(0)
▲pagetop












コメント



オズの魔法使い”と米金融政策論争…今回の大統領選で再現(2012.9.11)

11月6日に投開票される米国の大統領選は、民主党オバマ対共和党ロムニーの一騎打ち。

オバマ氏とロムニー氏の経済思想は、伝統的な民主党対共和党の対決。オバマ氏は「政府が経済政策を打って経済回復できる」という立場で、ロムニー氏は「政府がやる政策は民間の邪魔になるだけ」という立場だ。

具体的な争点は多いが、紙面の関係で金融政策に絞ろう。オバマ氏は2010年のバーナンキFRB(連邦準備制度理事会)議長の再任を後押しした。そして、今の通貨管理制による金融政策で雇用問題を解決しようとしている。

一方、ロムニー氏は、大統領になったら14年に任期を終えるバーナンキ議長を再任しないと明言した。さらに、副大統領に指名されたライアン氏はFRBを廃止して金本位制にすることを主張している。

ライアン氏は、金融政策については常に「フランシスコ・ダンコニアによる貨幣に関する演説」に立ち返ると発言している。この話は、アメリカ人ならすぐにピンとくるが、アイン・ランドの小説『肩をすくめるアトラス』に出てくる。それは金本位制への復帰だ。

こうしてみると、今回の大統領選は、19世紀の大統領選の再現だ。時は1896年、当時の米国はデフレの真っ最中で、東部の産業資本からの借金で開拓していた西部の農民はデフレによる債務の実質的増加に苦しんでいた。

そのため大統領選の大きな争点としてデフレ対策が浮上し、民主党候補ブライアンは金本位制から金銀複本位制への移行による通貨の増大を主張していた。「人々を金の十字架にはりつけてはならない」というブライアンの演説は、アメリカ政治史上でも有名である。一方、共和党候補マッキンリーはあくまでも金本位制にとどまることを主張した。

この政治論争がベースになって有名な『オズの魔法使い』が書かれているという。オズ=OZは金オンスの略号、主人公ドロシーは伝統的なアメリカ人の価値観を表しており、脳のない案山子(かかし)は農民、心のないブリキ人形は産業資本、そして勇気のないライオンはブライアンのメタファー(暗喩)だとされる。黄色い煉瓦道は金本位制だ。共和党候補のマッキンリーは西の悪い魔女として登場している。

帰り道を探すドロシーは、黄色い煉瓦道を単純にたどるのではダメだと知る。そして、魔法使いオズが役に立たず、その代わり自分の「銀の靴」に魔力があることに気づく。要するに作者のボームは共和党が主張する金本位制よりも、民主党の金銀本位制を支持していたという解釈だ。

ちなみに、実際の大統領選では共和党候補が勝利。金本位制は維持されたものの、1898年にアラスカで金鉱が発見され、さらに南アフリカからも金が流入した結果、デフレは解消された。

はたして、今回はどうなるのだろうか。日本にとってどちらが有利になるかといえば、どちらでも大差ない。日本の行く末は日本自身が決めるからだ。(元内閣参事官・嘉悦大教授、高橋洋一)



「FRB廃止、金本位制復活、国連脱退」を支持する若者たち
過激候補ロン・ポールの実像と米国の憂鬱

著者 マイケル・センズィン 2012年2月16日(木)

米大統領選に向けた野党共和党の候補者選びが進んでいる。2月7日のコロラド州、ミネソタ州の党員集会ではリック・サントラム元上院議員が勝利し、ミット・ロムニー前マサチューセッツ州知事とニュート・ギングリッチ元下院議長の争いに割って入る形になった。だが、あまり語られていないストーリーがある。もう1人の候補者、「リバタリアン」として知られるロン・ポール下院議員についてだ。彼は静かにではあるが幅広い若い層の投票者の心をつかんでいる。

ニックネームは「ドクター・ノー」

CNNの出口調査によると、17~29歳のうちアイオワ州では48%がポール氏に入れた。ニューハンプシャー州では46%(18~29歳)と50%近い票を獲得した。サウスカロライナ州は31%(同)、ネバダ州でも41%(17~29歳)を得ており、いずれもこの年代でトップの得票率となった。 現実にはポール氏が共和党候補者の座を勝ち取るには到らないと思われるが、若者の支持が彼に向かっているという事実は、今の有力候補たちの限界を物語っている。 ポール氏は1935年、ペンシルベニア州ピッツバーグに生まれた。ノースカロライナ州のデューク大学メディカルスクールを修了し、医師となる。5年間米空軍の航空医官として働いた。

そして、テキサス州で個人開業の婦人科医となり8年後、共和党員として政治の道に入る。1976年の下院選では民主党のロバート・ガメッジ議員に敗れるが、2年後の再挑戦で雪辱を果たした。途中、再び医療の道に戻るなど短い中断期間はあるが、1996年の選挙で下院議員として政界に復帰する。大統領選への挑戦は今回で3度目。1988年にはリバタリアン党の候補として、2008年には共和党候補として出馬した。 20数年もの政治キャリアは、「ワシントンのインサイダー」を意味しているように見えるが、ポール氏は数少ない例外の1人だ。

リバタリアンである彼は、連邦政府の役割を極端に限定し、完全自由市場の資本主義を擁護する。リートヴィヒ・フォン・ミーゼスやフリードリッヒ・ハイエク、マーレイ・ロスバートといったオーストリア経済学派の影響を受けたポール氏は、妥協を許さないリバタリアンとなった。自分の考えに合わなければ、所属する共和党に対しても反対票を投じてきた。イラク戦争への議会承認に反対した議員の1人だった。そして、議会の同僚から「ドクター・ノー」というニックネームで呼ばれるようになった。

「FRB廃止」「金本位制復活」「米軍完全撤退」「国連脱退」

そのポール氏の基本政策は、米国に大改革を迫るものばかりだ。

まず連邦準備理事会(FRB)は不要だと唱える。2009年にはインフレを抑えバブルを防ぐためにFRBを廃止すべしという224ページに及ぶ論文を書いた。「FRBは金融緩和よるマネーでジャブジャブにする政策を一貫して行ってきた。それは誤った資源配分と人工的な景気過熱につながり、FRB製のバブルが崩壊した時、景気後退や恐慌をもたらす」

そしてこうも言う。

「FRBを創設して以来、バブルを生成し崩壊させる金融政策によって米国の中間層は犠牲になってきた。またFRBの政策は、インフレになった通貨を使うことで福祉国家にかかる本当のコストを隠そうとする政治家に恩恵を与えている。議会は今こそ、こうした特別な利害や大きな政府へ欲求よりも米国民の利害を優先させるべきだ」

ポール氏は、通貨を無制限に印刷できるFRBがある限り、ドルの価値下落を招き、長期的に米国を蝕む財政支出を継続してしまうと考える。そこで彼は、金本位制に戻るべきだと提唱する。金のように有限有形で価値があるグローバル資産とドルをリンクさせることで、通貨価値が安定すると考えているからだ。

ポール氏の政策は、彼自身の解説においては魅力的かもしれない。だが、専門家の多くはそれを実行するのは不可能だと言う。複雑化したグローバル経済は、経済的な目標を他の国々とともに達成するために強力な連邦政府を必要とするからだ。

「彼の多くの政策は現代のグローバル経済と矛盾する。(金融危機の後)もしFRBが流動性を供給しなかったとすれば、状況は(1929年に発生した世界恐慌後の)1930年代のように、深刻な状況に陥っていただろう」。ブルッキングス研究所のバリー・ボスワース・シニアフェローはそう反論する。

外交政策においてもポール氏は他の共和党候補者とは全く異なる姿勢を取っている。曰く「米国の介入主義(U.S. Interventionism)」の終結だ。 彼の「米国再生計画(Plan to Restore America)」によると、大統領として1兆ドルの歳出削減を断行するための重要な政策は「対外政策の支出削減」だ。対外支援の終了、紛争地域を含めた在外米軍の完全撤退を求めている。

外国での紛争介入を避けるだけではない。国際連合やNATO(北大西洋条約機構)、さらに多くの国際機関から脱退、そうした機関の解散に言及している。2003年に出したニューズレターでは、「国連に米国市民を拘束する“法律”を作る権限はない」と述べている。 評論家からは、ポール氏が掲げるもっともらしい孤立主義は今日の世界では現実性がないと指摘されている。

「彼が言っているように米国が世界から手を引くことは不可能だ。ポール氏は米国、もっといえば現実世界を統治できる政治家ではない」。中東政策に詳しいウッドロー・ウィルソン国際センターのアーロン・ミラー氏はそう断ずる。

「レーガン後」の喪失感を引きずる共和党

専門家や主要メディア、民主・共和両党などから、そのリバタリアンとしての政治姿勢が非現実的だと否定されてきたにも関わらず、若年層におけるポール氏の支持は底堅いものがある。ロムニー氏とギングリッチ氏が争い、サントラム氏が割って入る予備選だが、ポール氏はニッチな支持層を掘り起こしてきた。 共和党にとってポール氏が無視できない存在になっているのは、前回2008年の大統領選敗北から共和党が立ち直っていないことを示している。言うなれば「共和党のアイデンティティー・クライシス」だ。

「今の共和党支持者は幸せではないという事実が、予備選でのポール氏の生き残りを許している。それは、ロナルド・レーガン元大統領に熱狂した後で味わった失望から立ち直っていないということだ」とミラー氏は言う。 進行している予備選では、ギングリッチ氏の支持者はロムニー氏を「弱い」と攻撃し、ロムニー氏の支持者はギングリッチ氏を「好きになれない」と言う。

共和党を束ねるものは、唯一、オバマ政権に対する拒絶だけだ。確固としたイデオロギーや強いメッセージが欠けているから、大金を投じてネガティブキャンペーンを張るという醜い争いが続いている。抗争がエスカレートし、党内の亀裂が深まったため、ポール氏は保守派の中に自身の支持基盤を作ることに成功した。

ポール氏が予備選で勝つことはまず考えにくい。それでも、ポール氏の選挙活動からは、共和党の不安定な状況が見えてくる。彼の戦略が一定の成功を収めれば、共和党の政策に対して影響力を獲得するかもしれない。

接戦になれば「キングメーカー」に?

コロンビア大学のジャスティン・フィリップス教授は、若年層のポール人気に注目している。予備選の展開次第では、共和党の候補者選びが8月の党大会における決選投票にもつれこむ可能性があるからだ。

フィリップス教授によると、アイダホやノースダコタ、ワイオミングなど、党員集会で候補者を選ぶ西部の小さな州では、ポール氏が善戦する可能性があるという。もしそうなれば、党大会での決選投票というシナリオが現実味を帯び、共和党主流派にポール氏は自らの要求を認めさせることができるかもしれない。「ポール氏が獲得する選挙人の数では、大統領選の党候補者にはなれないが、やり方によっては、彼はキングメーカーになる可能性がある」(フィリップス教授)。

ポール氏の人気に脅威を感じているのは共和党だけではない。2008年大統領選でオバマ氏の勝利を決定づけたのは、熱狂的な若者の支持だった。NBCの出口調査によると18~29歳の年代層では、共和党のジョン・マケイン候補に対し、66対31の大差をつけた。「Hope」「Change」というキーワードで彩られた選挙運動を繰り広げ、長引く中東戦争に嫌気が差していた若者に、「変革をもたらす新鮮な候補者」というイメージを植え付けることに成功した。

だが、就任から3年がたちオバマ氏に限界を感じる若者も出てきている。ジョージア州サバンナ在住の大学生、ガブリエル・アキーノ氏もその1人だ。米国人でもあるアルカイーダ幹部、アンワル・アウラキ容疑者を裁判にもかけず殺害するなど、前ジョージ・ブッシュ政権と変わない強硬路線をとるオバマ政権に失望したという。

そのアキーノ氏は今、ポール氏を支持している。同じように多くの若者が、自らの理想に妥協しない候補を求めている。予備選におけるポール氏の結果がどうなろうとも、1つだけはっきりしていることは、現在の政治に限界を感じている若年が全米にかなりの数、存在しているということだ。


諸事情により、時間経過後、削除予定

2012/09/16 17:47URL | 投資小僧[ 編集]


Qe3が発動され円高かと思いきやリスク選考みたいになり円安傾向ですし、中国の反日も一時的には円安材料になりそうですね。
とりあえず年末年始でどこまで行くかですが、控えめに見て1900前後かな~と思っています。
2012/09/16 18:49URL | やま[ 編集]


何か不吉な感じがします。

QE3後、金急騰。ユーロもポンドも対ドルで急騰。
しかし、円だけは、対ドルで急落しています。
何故なのでしょうか?
尖閣問題なら仕方ないが。
何か 不吉な感じがします。

投資小僧さんは、どう思いますか?
2012/09/17 08:22URL | 末っ子[ 編集]


やまさん、こんにちは

ここからしばらく先は、動きが複雑そう~ 意外と一直線に突き抜けたりして


末っ子さん、こんにちは

ムムム 同じく~ 不吉な 不吉な予感
米国と日本が同時に大規模デモの対象に
何か裏で大きな動きがありそう 一体何だろうか???これって、まともじゃないですよね・

円の急落は、あらゆる事が重なっているのかも
一つは、長く続いた円買われ過ぎの反動。これは、予測の範囲内。二つ目は、日本の財政事情、三つ目は、四面楚歌に追い込まれた日本の地政学的リスク???円だけが対ドルで急落しているということは、日本売りということを意味しますが、19日の金融政策決定会合で金融緩和と円売り介入をするかもしれないという警戒感から一時的に円売りになっている可能性もあります。はっきりするのは、19日以降の見通し。月末にかけて、同じように円独歩安が続くのであれば本物の円安だと思います。チャートでは、円安にいつトレンド反転してもおかしくない状況にあります。サイクルでは、今月から年末にかけての期間に大反転が起きる見通し。今はその足場づくりだという認識です。まだ反転のシグナルは出ていないのですが、出そうなニオイがプンプン

2012/09/17 15:33URL | 投資小僧[ 編集]


小僧さん
ここまでゴールドが騰がると、少し得をした気分になり、ついつい浮かれたお金の遣い方をしてしまいます。

不労所得に感じられ、身につき難いお金のつかい方をしてしまいます。。

小僧さんは、お金の遣い方に気をつけていることはありますか?

お時間があるときにご回答頂けると幸いです。
2012/09/19 13:07URL | ベリー[ 編集]


はじめまして。

次来る本格的な調整とは、具体的にどのあたりまで下げてくるとお考えでしょうか?
2012/09/20 22:17URL | たくみ[ 編集]


ベリーさん、こんにちは

そうですね~ 私の場合、大きな収益が入った時ほど財布の紐を締めています。その後、反動が来やすいので(笑) そこも相場と同じ見方なんです。利益確定した後、ある一定期間たたないと使わないんです。利確していない計算上の利益でしたら、ないものと考えています。


たくみさん、こんにちは

今のところ、全く見通しがたたずです。私は毎日、市場のデータを細かくとって、独自で開発した数理的分析をしていますが、はっきり見えるのは年に2~4回程度ほど。常に霧の中かな。

2012/09/22 11:42URL | 投資小僧[ 編集]



コメントを投稿












管理者にだけ表示を許可する



トラックバック


trackback URL


| HOME |



Copyright © 2017 投資小僧の金相場日記Ⅱ. All Rights Reserved.
template by nekonomimige & blannoin photo by Encyclorecorder