市場間分析を基にした金投資に必要な情報をお伝えします
Winter Clock

One Snowy NightNatural Sound - Rc

広告


Real-Time Price - 2site

XC-3.png

Toushi kozou's channel


金価格・投資分析ツール


Mariah Carey

Open Arms I Don't Wanna Cry

広告


最新記事


▲pagetop

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール(金太郎)

Toushi Kozou

Author:Toushi Kozou
猫と相場をこよなく愛する大阪人

投資の最終判断は自己責任  
でよろしくお願いします


ブログランキング参加中

   人気ブログランキングへ にほんブログ村 先物取引ブログ 金先物(貴金属先物)へ

CX-PORTAL:先物情報



来訪者カウンター


天気予報


  お薦め本(Amazon)

ぜひ読んで欲しい名著

     災害対策用品


     絶版の貴重な本


   RSSリンクの表示


   月別アーカイブ


▲pagetop

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






--⁄--⁄-- --:-- カテゴリー:スポンサー広告
▲pagetop








金底打ちの可能性


現在の金価格は、未だ保ち合い中にあり、方向性の判断が難しい局面です。週末の上値抵抗線は1626ドル、下値支持線は1566ドル付近。ただ、状況は少しづつ変化しつつあります。約3ヵ月にわたり、下抜け寸前の状態だったのが、それをもちこたえ、今度は上に抜ける直前に。上昇サイクルの動きから離脱する動きを始めたとたん、上向きの動きが始まっています。テクニカルの状態は2008年底打ちした時とほぼ同じ状態にあり、今後上抜けに期待がかかります。一方、ファンダメンタルズは総弱気の状態に。QE3の可能性後退、インド・中国の需要減、年金やファンドによるETF需要減、鉱山会社のヘッジ解消による買戻し終了など。中央銀行による買いも以前と比べて細っているため、こういった状況だけを見て判断すれば、とてもじゃないが金を買う環境にないと思う。しかし、金価格の調整は昨年9月の高値から数えて約1年経過し、NY金の取組は整理が相当進んでいます。弱気の環境であるにも関わらず、ここ3ヵ月ほど重要支持線で踏ん張っているところを見ると、揺るぎない強気派の買いが入っているのかもしれない。まだ、現状、何とも言えないが、8月18日以降、週末に陽線引け、そして1660ドルを試すのなら金は底打ちした可能性が高いとしておきたい。取組の整理が進んだ状態でのファンダメンタルズ総弱気は個人的には買い場とみています。(現在のテクニカルは買い変化直前)







NGW12-8-13.png



未来スパンが雲の中に入れるかどうかがポイント



NGW-a2008.png







仮に、金が今回底打ちしたとなると、2000ドルを突破するのはずいぶん先になりそう。上値抵抗線の壁は相当厚く、時間をこなすことが必要だと思えるので年内突破は難しいと思う。おそらく、2013年中旬以降になるのでは。それまでは、上限1900ドル台とした保ち合い相場になりそう。その期間を終えれば、3000ドルに向けた強い上昇波が始まる見通し。







AB.png



東京金の足は強気パターンになる兆し



XAU12-8-13.png



金鉱株指数も底打ちの兆しあり



NGM取組高12-8-13







アストロロジー(金融占星術)



金価格が保ち合いになりやすい金星逆行と水星逆行が終了しました。そして、激しい振動を伴いやすい天王星逆行に突入。そろそろ新たな動きが出てもおかしくない予感





金星逆行期間   5月15日~ 6月27日

水星逆行期間   7月15日~ 8月 8日

天王星逆行期間 7月13日~12月13日





TGD12-8-13.png







       ポチッと押してね ⇒人気 Blog RankinG

       ポチッと押してね ⇒  にほんブログ村

       ポチッと押してね ⇒FC2 Blog Ranking







(※)分析、見通しなどは私独自の調査・手法によるものであり、完全なものではありません。最善を尽くしていますが、保障できるものではないため、投資最終判断は自己責任でよろしくお願いします。






 ☆ ブログランキング参加中! 応援のクリックよろしくね ☆



  クリックしてね↓
   
  応援よろしくね↓
  人気ブログランキングへ
  もう~ひと押し↓
  
  もう~ふた押し↓
  にほんブログ村 先物取引ブログ 金先物(貴金属先物)へ
           
  応援ありがとうございま~す♪











2012⁄08⁄13 02:30 カテゴリー:GOLD comment(13) trackback(0)
▲pagetop












コメント



頭上にそびえる大きな壁 その壁を超えようと体当たりして早3ヵ月。今この瞬間もその壁を金は突いている最中。今晩こそ抜けられるだろうか??

http://blog-imgs-53.fc2.com/t/o/u/toushikozou/NSGW-8-13.png

2012/08/13 16:22URL | 投資小僧[ 編集]


今週の重要ライン(上値抵抗線)

http://blog-imgs-53.fc2.com/t/o/u/toushikozou/TT-8-13.png

2012/08/13 16:43URL | 投資小僧[ 編集]


金はもとより、プラチナも金に随行と考えて良いのでしょうか?
2012/08/14 06:15URL | hiro[ 編集]


プラチナの時代は終わったでしょう
欧州の車販売も悲惨みたいだし
銀の方が面白いと思いますが。。
2012/08/14 07:03URL | アルピーヌ[ 編集]


hiroさん、こんにちは

基本は金とプラチナは連動。しかし、今は金のほうが強い動きをしています。

以下、金とプラチナのサヤチャートを参考に

http://blog-imgs-53.fc2.com/t/o/u/toushikozou/Saya-1.png

ここ4年ほど、プラチナより金のほうが強い状態。単純にチャートだけを見ると、金は上昇トレンド持続 プラチナは悪化している状態(下降トレンド)で反発しても金ほど期待できないかもしれません。やはりプラチナが強気になるためには世界景気の回復と新たなるバブルが必要だと感じます。プラチナの時代が終わったかどうかはわかりませんが、アルピーヌさんの意見に同意。

2012/08/14 14:31URL | 投資小僧[ 編集]


NY金週足のローソク足は14週連続・陰線陽線交互の動きを続け完全な保ち合いに。今週末テクニカルブレイクラインである1624.73ドル(スポット価格)を大幅に越え陽線引けなら保ち合いを上に放れたと確認できる見通し。

週足均衡表の雲のねじれが9月25~29日の週にさしかかるため、相場が強気であるならば、現在の時間帯で反発しないとおかしい計算になります。順調に反発するならば、9月最終週には「ねじれ」の位置する1684ドルは超えていると思います。

逆に今週また陰線で終わった場合。15週連続で陰陽を繰り返す保ち合い継続との判断。陰線の大きさにもよりますが、テクニカルは上抜け寸前から再び中立見通しに。陰線が大きければ弱気見通しに変化するかもしれない。ねじれ位置に近づいてもこのような動きを続けるのであれば今後弱気見通しに変化。すでに遅行スパンは雲の中に突入しているので、このままでは雲を下抜けて上昇サイクルの軌道から完全離脱となってしまう。したがって、現在は反発して保ち合いを上抜けする必要がある時間帯。

昨日、抵抗線を0.9ドルだけ超えて再び反落しました。ここを試すのは直近3ヵ月で6回目。再び失敗。どうしても抜けない。かなり気になる動きです。

現在の金相場はとても繊細な時期だと思います。
買いと売りの力が均衡していて、上下どちらにも傾きやすいポイント。テクニカルは買い優勢になってきているので、記事に書いた通り通常なら上に抜けやすいのですが・・ しかし、今回は何とも言えず。とても繊細な相場・・

2012/08/14 15:21URL | 投資小僧[ 編集]


追記

hiroさん、プラチナのスペシャリストである池水さんのレポート参考になるんじゃないでしょうか(8月14日付レポート)

http://www.ovalnext.co.jp/bruce/

2012/08/14 16:52URL | 投資小僧[ 編集]


投資小僧様、こんばんわ^^


残暑お見舞い申し上げます。

朝晩、少し過ごしやすくなりました?


池水さんのレポート、大変興味深く読ませて頂きました。
ずーと、プラチナの弱さを?って思っていました。

金もなかなかトレンドがでませんね~
穏やかな動き?に油断してますが、
その時を待っています。

?ばっかりですね^^;




2012/08/14 21:13URL | だる[ 編集]


豊島氏のコラムから

2012年08月15日
米大手ファンド・ポールソン 一転 金買い増し


日本時間今朝発表された米証券取引委員会(SEC)登録ファンドの運用資産開示情報(通称13F)によると、大手ヘッジファンドのポールソン&カンパニーは2012年4-6月期に金ETF(上場投資信託)を14.08トン買い増していたことが判明した。

(各ファンドは四半期ごとの期末運用資産残高を銘柄別に期末後45日以内にSECに報告している。2012年6月30日時点での残高が現地時間2012年8月14日にSECのサイト上で公表されたわけだ。)

ポールソンは97.97トンという一ヘッジファンドとしては突出した大量の金ETFを購入保有し続けていたが、昨年7-9月期に遂にそのうちの34.92トンを売却していたことが判明。その時期に金価格が史上最高値の1900ドル台から1500ドル台まで急落していたことから、その後の売却動向が市場では注目されていた。(年間生産量が2800トンほどの市場で一ファンドが100トン近い金を保有していたことは影響が大きかった。)そして、昨年10-12月期には更に9.21トンの金を売却。同ファンドの保有株式の巨額損失を補うための金ETF益出し売りが続くと見られていた。(金ETF購入価格は購入時期からして900ドル前後と見られる。)

しかし、今年1-3月期には売却停止。金ETF保有量も不変であった。そして今回、4-6月期には、市場の売却予想に反し、買い増しに出たわけである。

「サブプライムに勝ったファンド」として一躍ソロスを凌ぐカリスマ・ファンドとなったポールソンだが、昨年は、バンカメ株や中国株で巨額損失を計上。「欧州債務危機のここまでの悪化を見抜けなかった」と株主に対し、異例の謝罪レターを配布するほどであった。そのような逆風下で同ファンドが更に金買い増しを続けるか注目される。



ポールソン&カンパニーの金ETFの保有残高推移



2011年6月30日 31,500,000株(45億9903万ドル、重量換算97.97トン)

2011年9月30日 20,273,540株 (32億443万ドル、63.05トン)

2011年12月31日 17,310,952株 (26億3109万ドル、53.84トン)

2012年3月31日 17,310,952株 (28億645万ドル、53.84トン)

2012年6月30日 21,837,552株 (33億8897万ドル、67.92トン)

2012/08/15 14:39URL | 末っ子[ 編集]


シルバーは全然金に連動してませんね。40ドル超えるのはいつごろと考えますか。あげ始めたら早いと思うんですが・・・
2012/08/15 23:05URL | 侍[ 編集]


スパイダーゴールドの持ち高

ポールソンファンド 26%増
ソロスファンド 2倍以上増
らしいです。
2012/08/16 07:28URL | 末っ子[ 編集]

すばらしい
あなたは秀才素晴らしい尊敬してます
2012/08/17 00:09URL | 浅野竜次[ 編集]


だるさん、こんにちは

今は待つのみです。


末っ子さん、こんにちは

ここ数ヵ月、ここを週末に割れば金価格が一時崩壊するというところで必ず強い買いが出ていました。その一部は彼らだったのですね

侍さん、こんにちは

銀は金と比べてチャートのテクニカルが悪化しています。次40ドル試す時期は現時点で全く見通しが立たず。仮に40ドルに到達したとしても、再び調整としての下げが来る可能性が高いと思います。真の復活はかなり先の見通し。最高値を更新するは金のほうが早いと思います。ただ、再び爆発的な上昇を見せる時期はまた来ると思います。その意味では買って寝かしておく価値のある貴金属なのではないでしょうか。


浅野竜次さん、こんにちは

ありがとうございます。でも、たいしたことないですよ

2012/08/18 15:49URL | 投資小僧[ 編集]



コメントを投稿












管理者にだけ表示を許可する



トラックバック


trackback URL


| HOME |



Copyright © 2017 投資小僧の金相場日記Ⅱ. All Rights Reserved.
template by nekonomimige & blannoin photo by Encyclorecorder
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。