市場間分析を基にした金投資に必要な情報をお伝えします
Winter Clock

One Snowy NightNatural Sound - Rc

広告


Real-Time Price - 2site

XC-3.png

Toushi kozou's channel


金価格・投資分析ツール


Mariah Carey

Open Arms I Don't Wanna Cry

広告


最新記事


▲pagetop

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール(金太郎)

Toushi Kozou

Author:Toushi Kozou
猫と相場をこよなく愛する大阪人

投資の最終判断は自己責任  
でよろしくお願いします


ブログランキング参加中

   人気ブログランキングへ にほんブログ村 先物取引ブログ 金先物(貴金属先物)へ

CX-PORTAL:先物情報



来訪者カウンター


天気予報


  お薦め本(Amazon)

ぜひ読んで欲しい名著

     災害対策用品


     絶版の貴重な本


   RSSリンクの表示


   月別アーカイブ


▲pagetop

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






--⁄--⁄-- --:-- カテゴリー:スポンサー広告
▲pagetop








金価格、強気示唆???


6月29日、ユーロ圏首脳は、ESM(欧州安定メカニズム)の銀行直接資本注入・監督制度統一で合意した。これにより、商品市場ではNY原油が7ドル、金が54ドル上昇。仮にこれらの合意がなく、金価格が下がっていたとすれば、7月からかなりの確率で1300ドル割れに向けて突き進むことになっていたと思う。したがって、この日の動きはとても重要だったと言える(金価格は支持線とサイクルの節目ギリギリのところで猛烈に復活するケースがとても多い) 現状は、月末ギリギリで急上昇したことにより、上昇トレンドはしっかり節目で維持されている。6月末の節目で金価格が底打ちしたかどうかは、今のところまだはっきりせず(1年かけて形成された売り圧力はまだまだ続く) ただ、節目で大きく反発したことにより、上昇サイクル復活の前兆あり。6月25日の週からサイクルの上昇圧力が1~2ヵ月続くことになるが、今週は先ずクリア(週足は陽線) 7月に入り、順調にサイクルの力を受け上昇を続けるのであれば、約1年続いた振動は上昇トレンド中に発生した大きな中段もちあいだったということになる。逆に7月に入っても弱い動きが続くようであれば要注意である。なかなか本当の姿を見せてくれない金相場。トレンドがはっきりするのはもう少し先になりそう。







NGW12-6-30.png





TGW12-6-30.png







ドル円月足分析



月末終値は、79円79銭・陽線引けで18ヵ月移動平均線(79円52銭)を再び円安へブレイク。円安波動スタートの足場は固まりつつあります。ただ、直近の円高波動が4年5ヵ月続いているためにテクニカル上の円高圧力は相当強い(圧力は波動が形成された時間に比例する) そのため、まだ数ヵ月はフラフラした動きになる見通し(そう簡単に明確な円安の動きにはならないと思う) 今は寝て待つのみ。事が始まれば、東京金は猛烈な上昇を見せてもおかしくない。行き過ぎた振り子は何れ元に戻る運命。その力はファンダメンタルズさえ動かす。







DE12-6-30.png







       ポチッと押してね ⇒人気 Blog RankinG

       ポチッと押してね ⇒  にほんブログ村

       ポチッと押してね ⇒FC2 Blog Ranking







(※)分析、見通しなどは私独自の調査・手法によるものであり、完全なものではありません。最善を尽くしていますが、保障できるものではないため、投資最終判断は自己責任でよろしくお願いします。






 ☆ ブログランキング参加中! 応援のクリックよろしくね ☆



  クリックしてね↓
   
  応援よろしくね↓
  人気ブログランキングへ
  もう~ひと押し↓
  
  もう~ふた押し↓
  にほんブログ村 先物取引ブログ 金先物(貴金属先物)へ
           
  応援ありがとうございま~す♪






2012⁄06⁄30 17:35 カテゴリー:GOLD comment(8) trackback(0)
▲pagetop












コメント


金は価値の象徴
とりあえず、上に抜けようが下に抜けようがこの先金価格が強い動きを続ける見通しに変わりなし。できれば、はっきりした動きを早くして欲しいところですが・・ もう1年ですか・・三角もちあいヨコヨコも。 まー こんな動きも、全ては金価格が上昇トレンドを長く続けるためには必要な動きなわけで(エネルギー充電期間) 投資家の迷った行動が、偏った未決済の売買をそぎ落とす。軽くなれば上がりやすい。

世界の金融システムは相も変わらずボロボロになる方向へ突き進んでいます。何一つ負債バブルは解決していません。金価格が上がって当然の環境は疑う余地のないところ。ただ、目先の金価格そのものは、人の心理により、売買という行為で形成されているため、一直線の動きになることはありえません。万物の法則でもある波動(振動)と対称性の力により必ず波は形成される。これらの動きはファンダメンタルズとは別物であり、その力はファンダメンタルズさえも動かすこともある。人が恐怖と楽観を感じる感情の生き物である限り、相場は市場環境の理屈だけでは動かない。

現在、金融システムが抱える問題や通貨の毀損スピードを見る限り、目先の金価格目標値は先ず3000ドル/東京金1万円付近。しかし、個人的にはあくまで目先の通過点だと感じます。最低でも2018~2022年までは強気。

7月以降、1300ドルに進もうが1800ドルに進もうが近い未来に3000ドルはあっさりクリアする見通し。

本当は、もっと強気で書きたいですけど、このへんでやめときます(笑)

まだ多くの人たちは金を過小評価していると思います。金投資家でさえも。まだまだ金の実力はこんなもんじゃない。

個人的にはジム・ロジャーズと同じで1300ドル割ったところを根性入れて買いたいところですが、現実はなかなか・・ なかなか・・ できれば来てほしい1300ドル割れ。来ても瞬間だと思いますが。

2012/06/30 18:30URL | 投資小僧[ 編集]


東京金はチャート上でクワガタの刃に似た典型的なダブルトップを描いています。これもファンダメンタルズがどうのこうのとは無関係。振動と対称性の法則により形成されたもの。7月にダマシか天井形成か試されます。週末終値で基準線が通る4270円と先行スパンが通る4281円を上抜いてゆけばダマシであった可能性は高くなります。その場合、4400円以上を先ずとりにいく見通しです。下げた場合のデッドラインは3886円です。

2012/06/30 19:00URL | 投資小僧[ 編集]


小僧さん、今晩は。
>本当は、もっと強気で書きたいですけど、このへんでやめときます(笑)
もっと書いて頂いて結構ですよ。少なくとも私に限っては(笑)
他の方では、数グラムの金で、家や土地が沢山買える様になる、と言っております。
只、完全素人です(爆)面白いのは、金の上昇は、新たな平等社会の到来を意味しているらしいです。
2012/06/30 19:02URL | 清流[ 編集]


1980年1月21日、金価格は史上最高値の850ドルを記録。その後、19年にわたり価格は低迷を続けました。米労働省のインフレ計算機を使用してインフレ調整をすると、当時の850ドルは現在の2370.66ドルに相当します。まだこの価格にさえ到達していません。ただ、この価格ですら心理的な節目に過ぎないでしょう。

http://www.bls.gov/data/inflation_calculator.htm



2012/06/30 19:30URL | 投資小僧[ 編集]


なるほど。投資小僧さんは、チャートを通じて森羅万象の立ち振る舞いを突きとめたいとの壮大なロマンをお持ちの方なのですね。

金を通じて単なる投資家としてではなく、自然科学、歴史、哲学、芸術、心理学等々の統合的理解というか、目には見えない法則を解明したい探究者なのですね。

そこが、投資小僧さんのブログの魅力で、単なる投機指南のサイトと一線を画している所ですね。

2012/07/01 07:14URL | サバイバル思案中[ 編集]


梅雨空を吹き飛ばすようなスカッとする記事をありがとうございます。

ひとつ気になるのは「戦争」です。

わたしには各国が戦争の準備をしているように感じられます。

もし中東やアジア諸国で戦争が勃発した場合は、金価格は墜ちると思いますがいかがでしょうか?
2012/07/01 17:38URL | ベリー[ 編集]


清流さん、こんにちは

数グラムの金で、家や土地が沢山買えるとなると、単なるインフレではなくハイパーインフレを想定されてるのですね!本当に来たら、すごいことになりそうです。


サバイバル思案中さん、こんにちは

確かにおっしゃる通りかもしれません。これは、直感なんですが、人の心理が波形化したチャートに究極の真理が隠されているような気がするんです。


ベリーさん、こんにちは

戦争が勃発した場合、金がどう動くか・・難しい質問ですね。私には有事に対する金価格の反応が最近いま一つわからずです。

2012/07/02 14:13URL | 投資小僧[ 編集]

まだ下抜けの警戒は解けず
現在の金価格が置かれている現状は、まだ綱渡りの様子。先週週末の急騰により、かろうじて下抜けしないように踏ん張っている状態だ。少しでも、下に変化すれば(週末終値)、トレンドは下に向きやすい。この状況を打破するためには、最低でも今週末、NY金は週足陽線で終わる必要あり(2週連続陽線) 陰線であれば要注意。6月末に底打ちした可能性はありますが、まだ警戒は解けず。上下どちらに抜けるかはまだ五分五分。やはり、強気になるためには、6月25日から始まったサイクルの力による週単位の連続上昇が2~3週続くかどうかを先ず確認する必要があると思う。

2012/07/02 14:34URL | 投資小僧[ 編集]



コメントを投稿












管理者にだけ表示を許可する



トラックバック


trackback URL


| HOME |



Copyright © 2017 投資小僧の金相場日記Ⅱ. All Rights Reserved.
template by nekonomimige & blannoin photo by Encyclorecorder
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。