市場間分析を基にした金投資に必要な情報をお伝えします
Winter Clock

One Snowy NightNatural Sound - Rc

広告


Real-Time Price - 2site

XC-3.png

Toushi kozou's channel


金価格・投資分析ツール


Mariah Carey

Open Arms I Don't Wanna Cry

広告


最新記事


▲pagetop

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール(金太郎)

Toushi Kozou

Author:Toushi Kozou
猫と相場をこよなく愛する大阪人

投資の最終判断は自己責任  
でよろしくお願いします


ブログランキング参加中

   人気ブログランキングへ にほんブログ村 先物取引ブログ 金先物(貴金属先物)へ

CX-PORTAL:先物情報



来訪者カウンター


天気予報


  お薦め本(Amazon)

ぜひ読んで欲しい名著

     災害対策用品


     絶版の貴重な本


   RSSリンクの表示


   月別アーカイブ


▲pagetop

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






--⁄--⁄-- --:-- カテゴリー:スポンサー広告
▲pagetop








貴金属変化日


明日、6月12日は新月、前回の新月5月14日は短期天井でした また、11日と14日はアストロの貴金属メリマン変化日。金を取り巻く環境も、材料出尽くし・依然買われすぎの状態にあり、要警戒






東京金週足(6月11日)
東京金週足(2008年12月~2010年6月11日)

 






(※)分析、見通しなどは私独自の調査・手法によるものであり、完全なものではありません。最善を尽くしていますが、保障できるものではないため、投資最終判断は自己責任でよろしくお願いします。






 ☆ ブログランキング参加中! 応援のクリックよろしくね ☆



  クリックしてね↓
   
  応援よろしくね↓
  人気ブログランキングへ
  もう~ひと押し↓
  

           
  応援ありがとうございま~す♪






2010⁄06⁄20 20:42 カテゴリー:未分類 comment(17) trackback(0)
▲pagetop












コメント



Steinさん、こんばんは


金は、チャート、環境共に長期上昇トレンドは全く崩れる気配すらなく、深い調整局面でコツコツ買うことを続けていれば、この先、いい運用結果になりそうです。

米国の原油流出事故はこの先いったいどうなるのでしょうか?英BP破綻のうわさも出ていますが、これだけ長い期間に渡って流出を止められないとなると、環境被害は相当なものになるのではないでしょうか。現在、穀物の価格は低迷していますが、とうもろこしや大豆などの穀物には4年、または8年おきに暴騰する周期があり、次は2012年か2016年という時期にあたります。天候や災害の大きな変化にも同じようなサイクルが見られますので、この先、穀物や商品全体の暴騰がどこかでまた始まりそうですね。前回の商品価格の高騰ピークは2008年だったので、次の高騰は2012年あたりかもしれません。ひとつ気になるのが、約200年周期で起きている太陽活動の急激な低下が、現在起きていること。太陽活動が急激に低下すると、地球全体の気温が下がり、過去、何回もこのミニ氷河期には、穀物の大暴騰が起きています。日本でも江戸時代には飢饉があったそうです。この活動低下時期には、地震、天候災害、戦争、インフレ、穀物暴騰が起きやすく、この先、金融市場にも大きな影響をもたらすと思えます。

確かな情報はありませんが、イスラエルと北朝鮮に絡む有事は、短期的には価格に対する影響がなくても長期的に与える影響は大きいと思います。昔と違い、これだけ情報化社会になった今では、イスラエルやユダヤに対する世界中の人々の見方は大きく変わったと思います。彼らに対する良くない見方が増えているということは、この先、イスラエル(イスラエルロビーなど)のアメリカに対する影響力やユダヤ国際金融資本の力は低下せざるを得ないのでは。そうなると、世界のパワーバランスは大きく崩れ、一度大きな戦争が起きるかもしれませんね 歴史的に見ても、大きくなりすぎた権力は必ず滅びています。ローマ帝国のように 

2010/06/11 21:35URL | 投資小僧[ 編集]


た○○○○さん、こんばんは


金は、銀や白金と比較して、連動しない動きが最近多くなっています。やはり、金は別次元の存在であり、究極の資産としての価値が目覚めようとしているのではないでしょうか。何千年も認められてきた真の価値あるものは、金と銀だけであり、その中でも金は王者ですね。どんなに文明が発達しても、最終的には、何らかの形で人口マネーを金や銀にリンクさせないと、世界の金融混乱は収まらないと思えます。所詮、ユーロもドルも誕生して数十年。しかも、裏付けとなるものがない国家の信用だけで成り立っているペーパー資産。この二大通貨が信用失墜となると、否が応でもマネーは金に向かわざるを得なくなると思います。ただ、金の特性として、振動しながらの上昇は依然続いていますので、金が大きく下げる局面はこれから何回もあると思います。

2010/06/11 21:54URL | 投資小僧[ 編集]


ラミレスさん、こんばんは


高値警戒感が強いですね。買いは控え、まだ様子見の時期かと


2010/06/11 22:09URL | 投資小僧[ 編集]

4
金が値上がりする。不換紙幣の価値が下がる
と吹聴してもほとんどの人は信じませんでし
た。現実に金地金や金貨を購入する人なんか
オタクの部類。私は超少数派の変わり者か
異端者のようです。大多数の人達はペーパー
マネーが本当のお金だと信じて疑いません。
だからこそ、今後恐ろしい程の金価格の上昇
余地があるのだと思い、現在変人?扱いされ
ている自分が、そのうち先見の明のあった人
と評される日を楽しみにしています。
2010/06/12 10:16URL | サバイバル思案中[ 編集]


アメリカ建国の父達は、当時の銀行家達との闘いで貨幣に対する理解を深め、合衆国憲法に金貨・銀貨の発行のみを定めた。
しかし、FRB成立で形骸化されてしまった。
以後、41年間 米国内でのインゴット・金貨所有の禁止を余儀なくされた。
リーマンショック以後、米国での安全資産としてのGOLDは、理解が増したのだろうか?
そのような歴史的背景を持たない日本。
なかなかGOLDが、真の究極マネーであることを理解しづらいのではないでしょうか?
他国の侵略を被った中国・欧州の人たちは、本能で感じ取ってしまうのでしょう。
特に、欧州は、インフレ(貨幣価値減価の意)ファイターであり尚更でしょう。

GOLDに幸あれ。。。


2010/06/13 15:30URL | プニ[ 編集]


日本では家庭でも学校でも金について何も教えません。
マスメディアは高値更新した時に義務的に一言触れるだけで、本質的に重要な事は何も解説しません。
この国の国民は金について何も教わっていない無知の民なのです。
今、国外へ金の大量流出が起きているのは世界で日本だけです。一般人が高値というニュースに飛びついて家にある金を売って歩いているのです。その金は輸出されて中国やインドがせっせと買い集めているのです。

人としての良心から金の購入をごく親しい人には勧めていますが、理解不能のようです。
しつこいので2回は言いません。
あと1~2年で全てが理解できる日が来るでしょう
2010/06/14 00:56URL | じろう[ 編集]


こんにちわ
いつも参考にさせていただいております。
初めて投稿します。

昨晩のNY金の日足チャートを見ると
いぜんこちらで紹介して頂いた最強フォーメーションに
見えるのですが如何でしょうか?
RSI指標も58.98でまだ天井形成とも思えませんし、
日足的には6月末から上にブレイクするように見えます。
やはりチャートは週足を見るべきでしょうか?
次の買いどころを
にわか金さんにアドバイスを願います。
2010/06/16 08:49URL | 金さん[ 編集]


関係ない話かもしれませんが、
バルチック海運指数がかなり崩れてきました。4月の安値を割り込みました。
2年前、最初にバルチック指数が崩れてから、すべての相場が崩れました。
投資小僧様は、どうお考えでしょうか?
よろしくお願いします。
2010/06/17 08:24URL | 末っ子[ 編集]


1260越えてきましたね。

金を取り巻く環境なんて、金が1000ドルを超えて以降、金にとってプラスの状況など、微塵も良化していないにもかかわらず、今さらながらに人々が、飛びつくように高値を買っているのを見ていると、本当にわけがわからなくて、腹が立ちます。金の価格はこうあるべきで、喜ぶべきことなのですが、大衆の反応の仕方があまりに馬鹿みたいな価格の動きなので、感情的になってしまいます。。。
でも、価格があがるっていうのは、こういうものなんでしょうね。

2010/06/18 22:28URL | AKI[ 編集]


ついにバルチック海運指数が、2月の安値を割り込みました。
ヘッドアンドショルダーの形になったような感じがします。
今後 どうなるのでしょうか?
世界中で景気が悪化するのでしょうか?
2010/06/23 13:03URL | 末っ子[ 編集]


1260ドルを超えていますと、ここで空売って、1230ドルあたりで返済なんていう戦いにしています。

1270ドル、1280ドルと上値が切り上げるのなら、より安心して売り玉を建てられるかなと思います。

1300ドルにつっかけるようなら、売り建てをじっくり持つなんて天の邪鬼をやってみたくなります。


2010/06/24 05:53URL | 夢21[ 編集]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010/06/29 01:08 | [ 編集]


待ってれば来るものですね。ようやく調整。それだけ結構な長い期間、熱狂が世界を一周しましたということですね。

1190ドル割れと、円高。熱狂の最中、1250あたりで買った人々の投げを、うまいタイミングでつかめればと思いますが、円ベースだと、結構安く買えるチャンスがめぐってきそうですね。


2010/07/06 22:58URL | AKI[ 編集]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010/07/08 10:27 | [ 編集]


投資小僧様、ご無沙汰してます。
梅雨が明けて夏らしくなってきました。
その後夏バテせずにお元気でいらっしゃいますか?

金の方はまたまた1200ドルを割り込んで暴落しております。為替の円高のダブるパンチでボラが相変わらず大きいですね。

またまた非常に読みにくくなってきましたが、ここからさらなる大暴落の可能性は如何なものでしょうか?
もし、暴落するとしたら下値の目処はどれぐらいを想定すればいいのでしょうか?
円高が加速してますが、85円を下回ればかなりやばいような気がしますが…。
このまま円高が進めば東京金は3000割れも考えないといけませんか?

超短期、中期の小僧様の相場感をご教示戴けると有り難く存じます。
宜しくお願いします!

2010/07/18 15:16URL | ラミレス[ 編集]


 安くなったら買うのみです。損切りすることもないでしょう。

 このまま下がり続けると、「Gold は暴落する」とか「アメリカの陰謀だー」とか「真の価値は骨董品にある」等、人の心理を煽る報道&営業が起きるのでしょう。

 小僧様。そろそろ ご発言下さい。現実は小僧様の先を行っているように思われます。

2010/07/19 12:19URL | みゃ[ 編集]


みなさん、こんにちは

今日は久しぶりに記事を書きます。遅れて申し訳ございません。

数カ月前、8月はブログの更新を完全に停止するというお知らせをしていたと思うのですが、今日から8月末までは何回か更新できると思いますので、頑張ります。後、9月1日~15日までは更新はできない予定です。今、相場を見ている時間もあまりなく、たいした記事も書けないと思いますが、参考程度に読んでください!それではまた
2010/07/19 14:11URL | 投資小僧[ 編集]



コメントを投稿












管理者にだけ表示を許可する



トラックバック


trackback URL


| HOME |



Copyright © 2017 投資小僧の金相場日記Ⅱ. All Rights Reserved.
template by nekonomimige & blannoin photo by Encyclorecorder
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。