市場間分析を基にした金投資に必要な情報をお伝えします
Winter Clock

One Snowy NightNatural Sound - Rc

広告


Real-Time Price - 2site

XC-3.png

Toushi kozou's channel


金価格・投資分析ツール


Mariah Carey

Open Arms I Don't Wanna Cry

広告


最新記事


▲pagetop

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

プロフィール(金太郎)

Toushi Kozou

Author:Toushi Kozou
猫と相場をこよなく愛する大阪人

投資の最終判断は自己責任  
でよろしくお願いします


ブログランキング参加中

   人気ブログランキングへ にほんブログ村 先物取引ブログ 金先物(貴金属先物)へ

CX-PORTAL:先物情報



来訪者カウンター


天気予報


  お薦め本(Amazon)

ぜひ読んで欲しい名著

     災害対策用品


     絶版の貴重な本


   RSSリンクの表示


   月別アーカイブ


▲pagetop

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






--⁄--⁄-- --:-- カテゴリー:スポンサー広告
▲pagetop








節目の週


金はFOMCで失望売り(6月21日)

FOMCでツイストオペ延長が決定されたが、すでにマーケットはこの報を織り込んでいたため、金は失望売りにつながった。これが即今後の売りにつながるとは限らない。重要なのは、FOMC声明の内容よりも、この報により今後マーケットがどう反応するかに注目。それが全て。22日、29日の終値、特に金星逆行が終わる27日以降の動きに注目。そろそろ新たな動きが出てくると思います。
強ければ買う、弱ければ見送る・・で、いいのではないでしょうか







本日20日は新月● まもなく注目のFOMC

そして、27日に相場停滞期の金星逆行が終わる

6月末は半年サイクル(短期サイクル)の節目

さて、28日以降、新たなるトレンドが出ることを期待したい!







6月21日 日本時間

1:30 米政策金利・FOMC声明
3:15 バーナンキFRB議長発言








ギリシャ再選挙の結果がわかるまであと数時間。その直前にて金の状態はどうなっているのだろうか・・(16日執筆)







NY金週足の遅行スパンから見た現金価格の動き

①26週先行させた遅行スパンは雲の壁に接触

②遅行スパンは好転(陽転)寸前

③52週遅行スパンは依然買いの領域にある







6月15日、再び陽線を形成したことにより遅行スパンは好転寸前 これにより、チャートの悪化は免れた。上記①~③から判断できることは、やはり、現在重要な節目に位置するということ。上下どちらに抜けてもおかしくない。もし、現価格が維持されるのであれば、26週前(1サイクル過去)も52週(2サイクル過去)も同じ時間軸上ではあと1週間後(6月25日~)から価格は急上昇して1800ドルを目指す動きになっているので、今回もその動きに沿う可能性がある。(サイクルの繰り返し) 逆に6月18日の週、大きく下げて終わるようであれば(22日終値で判断)、過去2サイクルの動きと逆行することになり、それは大きなトレンド転換を意味すると思われる。





6月27日 金星逆行終了 貴金属変化日
(上?下?運命の分かれ道)





NYG12-6-17.png






NGW-2a.png






NGW-3a.png

 





       ポチッと押してね ⇒人気 Blog RankinG

       ポチッと押してね ⇒  にほんブログ村

       ポチッと押してね ⇒FC2 Blog Ranking







(※)分析、見通しなどは私独自の調査・手法によるものであり、完全なものではありません。最善を尽くしていますが、保障できるものではないため、投資最終判断は自己責任でよろしくお願いします。






 ☆ ブログランキング参加中! 応援のクリックよろしくね ☆



  クリックしてね↓
   
  応援よろしくね↓
  人気ブログランキングへ
  もう~ひと押し↓
  
  もう~ふた押し↓
  にほんブログ村 先物取引ブログ 金先物(貴金属先物)へ
           
  応援ありがとうございま~す♪






2012⁄06⁄18 01:20 カテゴリー:GOLD comment(12) trackback(0)
▲pagetop












コメント



こんにちは けんさん

私はけんさんと同じ考えですよ

ドル高円安 金価格上昇

国内金価格は何れグラム1万円を超える見通し。

もしかしたら、2万円以上もありえるかもしれないと考えています。つまり、長期展望においては私自身かなり強気のスタンス。

現在の中途半端な動きは、長い上昇相場の中の単なる休憩ポイントに過ぎないでしょう。

中には、金をよく知らないテクニカルアナリストがチャートだけを見て金は大天井だと言ってるケースもありますが、チャートだけで金の動きを理解できるほど金は単純ではありません。金は奥が深い。今、言えることは「金が大天井打つ環境にはほど遠い」ということです。世界的通貨の希薄化はおそらくとことんまで逝きつくでしょう。狂ったような金価格上昇はまだまだこれから。つまり、まだ何も始まっていないということ。この12年間の上昇は序章に過ぎません。

私はチャートを深く愛しテクニカルを日々研究しています。しかし、テクニカルはあくまで目の前の変化を探る手段であり、先のことは神のみぞ知る世界。時間の循環理論(サイクル)により、見通しはたてられますが、あくまでその循環が継続された時にしか見通しは当たりません。サイクルは常に突然変化します。となると、見通しは当たらなくなります。所詮、相場の世界では当たってもマグレ・たまたまなのです。

金をよく知り、チャートで売買のポイントを探ってゆくというのがベターだと考えています。今は変化やトレンドがない時期。大きめの保ち合いや調整ですね。トレンド(方向性)がない相場では利益が期待できません。こういう動きは、数年ごとに必ず来ます。これは上昇相場の動きとしては健全な動きと言えます。今はトレンドが出るのを待つしかないと思います。

2012/06/19 15:25URL | 投資小僧[ 編集]

価格が高くなるのは嬉しいが・・・
以前から拝見させて頂いています。
いつも貴重な分析ありがとうございます。

自分もわずかながらですが金の現物を持っていますので(退職金で購入しました)今後金価格が上昇して行くのは嬉しいですが…ですが、円安で金価格が1万や2万になるような日本経済では、ハイパーインフレで自分も含め中級クラス以下の生活水準の大多数の一般市民は日々の生活にも困るような状態になるのでは…とも危惧しています。それに、実際にそんな時がくるとしても、10年先か20年先か。いくら現物をもっていても生きているうちにその恩恵にあえなければ意味はありませんし(自分には後を託すものはおりません)昨年の高値を見ているので、今のこの価格帯で売却するつもりはありませんが…。

小僧さんが予想する価格帯に金価格が達するのは、いつ頃の見通しなのでしょうか。よろしければお時間ある時にご教授頂きたく思います、よろしくお願いします。
2012/06/20 02:41URL | 一読者[ 編集]


一読者さん、こんにちは

20年や30年といった長期サイクルを手掛かりに金の値動きを見ていくと、2015~2020年頃に少なくともグラム1万円を達成するのでは?と思ってます。もしかしたら、もっとはやく達成する可能性もあり。危惧されている部分は大丈夫だと思います。グラム1万円程度では、デフレからインフレに脱却という言葉が世間で使われる程度でしょう。例えば、1ドル=150円、NY金が3000ドルであれば、国内金価格は15000円くらいになります。日本でハイパーインフレはおこらないと私は考えていますが、もし起きれば国内金価格は軽くグラム100万とかになってしまいます。ハイパーインフレとはそういう世界です。

2012/06/20 03:45URL | 投資小僧[ 編集]

円安ドル高予想が理解できないのですが
3年前より愛読させていただいております。
55歳を過ぎ、頭が固くなっているせいか、(もともと頭が悪いのですが)小僧様の言われるドル高円安予想の意味が理解できません。世界の金融システムを作り上げてきたロスチャイルド、そしてロックフェラーの所有する銀行が今崩壊しようとしています。
さらに今回の日中貿易における円元の直接取引をはじめとする欧米諸国以外のドル離れが加速し、ドル自体の存続が危ういのではないかとすら思えます。
 さらに中国・ロシアなどがユダヤ金融の戦略に気が付き始め、聖書の予言である中東戦争も起こせない状態にあるのではないでしょうか。このような中でもドル高になるのはどのような場面でしょうか?またドル高になるとしたらどれくらいの期間でしょうか?
 何卒ご教授お願いします。
2012/06/20 05:30URL | como[ 編集]


comoさん、こんにちは

ひたすらブログで書き続けてきましたが・・ちょっと残念

それでは再度

先ず質問です。ドル・ユーロ・円のトリプル安はイメージできますか?

2012/06/20 17:38URL | 投資小僧[ 編集]

固定観念が強すぎますか?
金に対してあらゆる通貨が下落しており、今後もそれが加速することは理解できます。
それは金融ユダヤ人がここ数百年をかけて金融を支配してきたことによるものと理解してきました。
しかし東アジア(日本、中国、台湾、韓国)にロシアやインド・ブラジルそれにイラン・シリアなど中東の国がドルを介在させない貿易が急速に進めば、ドル需要が激減することはないのでしょうか?
リーマンショックの後、確かにドルの需要が
一時的に膨らみドル不足になったことは記憶に新しいですが、それ以後莫大なドル紙幣が印刷されており、欧米以外の国からのドルに対する信用が急速に落ちていると感じます。
今後もドルの基軸通貨を前提とし、金融を支配してきた勢力がこのままならドル高円安もあり得ると思うのですが、その構造が激変した場合はむしろドル・ユーロ安の円・元・ルーブルなどが高くなりませんか?
 この考え方の固定観念が強すぎるでしょうか?自分自身でも思い込みが強い性格であると感じており、過去何度か小僧様のブログで助けていただいており、感謝しているのですが・・・。
2012/06/20 19:43URL | como[ 編集]


投資小僧様、こんばんわ


記事の更新、ありがとうございます。

いよいよ、FOMCですね!

ドキドキです。

起きてられるかな^^?

新たなるトレンドは、28日以降なんですね・・。
2012/06/20 21:58URL | だる[ 編集]


FOMCがありました。
基本的にこれまでの方針と変わらず、QE3は当面はないという印象です。

とはいえ油断できない感じですね!
2012/06/21 13:20URL | ベリー[ 編集]


comoさん、こんにちは

ドル高円安というのは、あくまでドルと円の2通貨間の力比べをレートで示したものに過ぎません。ドル高円安であっても、本当の姿はドル安円安なんです。つまり、私の言うドル高円安とは、ドル安超円安(どちらも弱いが円がさらに弱い)を意味します。日本の財政状況はもはや円が買われる状況にあらず。米国を対岸の火事のように扱うことは過去のことになりつつあります。

金の世界から見れば1999年以降、全ての通貨が総売り状態。これが、金本位制から離脱した副作用です。ただ、ドルに関しては腐っても基軸通貨。私の考えでは各国は何があってもドルを最後まで信用し続けると思います。円も元も他通貨も、ドルに代わる通貨となることはほぼありえないと考えます。今、世界的に起きているドル離れはドルの価値が下がってきているのでドルの保持量を少し減らしているだけのこと。ほとんどの国はさらさらドルの使用をやめる気はありません。ドルの信用は絶対的で、各国はアメリカにドルの回復を望んでいます。もし、ドルが崩壊寸前になれば、世界は団結してドル高誘導をしようとするでしょう。なぜなら、どの国も「ドルに代わる基軸通貨などなくドルの破滅は自国の混乱と破滅につながる」ってことをわかっているからです。欧州がギリシャを必死に支えようとしている姿にヒントがあります。遠い国で起きている火事は自分にもふりかかる時代です。世界はつながっています。

金とリンクを切り離された全ての通貨は「無から有を作り出す暴走列車」と化し、全てが崩壊へ突き進んでいます。だから、金は全ての通貨に対して全面高の道を進んでいるのです。通貨レートは所詮弱いもの同士の背比べ。本来は、金高・通貨安という表現が正しいかも。また、アメリカの歴史を紐解けば、常に戦略国家であり続けています。万が一、ドルにトラブルが起きれば、新金本位制で復活することは可能です。すでにあらゆる計画は準備されているはず。

書店に行けば、もうすぐこの世は終わるが如く恐慌を煽る本が山積みされています。私は、最近、それを見るだけで嫌気がさします。いつまでもドル安他通貨高が続くことはないでしょう。何れ終わるはず。ドルが壊れれたら困るのは世界の皆です。それを望む人はいないでしょう。一部の終末論好きな人を除いては

ドルを介在させない貿易が急速に進めば・・米国に対する脅しのようなもの。それが拡大し浸透することは考えられない。一部の国で小さな規模でしか行われないはず。

今、世界で最も信用されている通貨は、金とドルだけ。これが真実です。

ここで、全てを書ききることはできません。自分で注意深く調べてみることをおすすめします。

2012/06/21 21:26URL | 投資小僧[ 編集]


だるさん、ベリーさん、こんにちは

FOMC終わりました。次は価格がどう反応するかですね!28日からの動きに注目!!

2012/06/21 21:31URL | 投資小僧[ 編集]

勉強し直します
丁寧な解説ありがとうございます。
三年前、このブログを読み始めた頃にはある程度理解していたつもりが、おそらく自分の潜在的な願望(希望)により、徐々に都合よく解釈するように変化していたのかもしれません。

改めてもう一度勉強し直して見ます。今後もよろしくお願いします。
2012/06/22 04:25URL | como[ 編集]


comoさん、こんにちは

私の言ってることは、もしかすると世間の見方からかなりズレているのかもしれません。ひとつの参考意見としてご活用ください。
結局のところ、自分自身が納得できることを信じて行動してゆくことが一番ベストだと思います。

2012/06/23 14:59URL | 投資小僧[ 編集]



コメントを投稿












管理者にだけ表示を許可する



トラックバック


trackback URL


| HOME |



Copyright © 2017 投資小僧の金相場日記Ⅱ. All Rights Reserved.
template by nekonomimige & blannoin photo by Encyclorecorder
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。