市場間分析を基にした金投資に必要な情報をお伝えします
Winter Clock

One Snowy NightNatural Sound - Rc

広告


Real-Time Price - 2site

XC-3.png

Toushi kozou's channel


金価格・投資分析ツール


Mariah Carey

Open Arms I Don't Wanna Cry

広告


最新記事


▲pagetop

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

プロフィール(金太郎)

Toushi Kozou

Author:Toushi Kozou
猫と相場をこよなく愛する大阪人

投資の最終判断は自己責任  
でよろしくお願いします


ブログランキング参加中

   人気ブログランキングへ にほんブログ村 先物取引ブログ 金先物(貴金属先物)へ

CX-PORTAL:先物情報



来訪者カウンター


天気予報


  お薦め本(Amazon)

ぜひ読んで欲しい名著

     災害対策用品


     絶版の貴重な本


   RSSリンクの表示


   月別アーカイブ


▲pagetop

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






--⁄--⁄-- --:-- カテゴリー:スポンサー広告
▲pagetop








6月末の節目


NY金、今週末の足は再び弱い足(陰線)で終わりました。今のところチャートで感じる印象は6月中に強く反転しなければ(1800ドル以上/1700ドル以下までの反転は売りに変化なし)、7月以降(年内)に1200~1300ドルへ向けた動きが予想される。サイクルのタイムリミットは6月末。いつもながら波動サイクルの節目ではビッグイベントが用意されている。6月17日、ギリシャ総選挙、6月20日(日本時間21日早朝)、米FOMC声明(2ヵ月ぶり)、そして6月27日、金星逆行が終わる。6月、反転するか、もしくは波動の定石通り本格的な下げに向かうのか、最重要局面です。丁半博打は避けたいところ。
















6月はホタルの季節 ♪






HHS1.jpg


 




       ポチッと押してね ⇒人気 Blog RankinG

       ポチッと押してね ⇒FC2 Blog Ranking







(※)分析、見通しなどは私独自の調査・手法によるものであり、完全なものではありません。最善を尽くしていますが、保障できるものではないため、投資最終判断は自己責任でよろしくお願いします。






 ☆ ブログランキング参加中! 応援のクリックよろしくね ☆



  クリックしてね↓
   
  応援よろしくね↓
  人気ブログランキングへ
  もう~ひと押し↓
  

           
  応援ありがとうございま~す♪






2012⁄05⁄26 21:38 カテゴリー:未分類 comment(40) trackback(0)
▲pagetop












コメント


管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012/05/26 23:05 | [ 編集]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012/05/26 23:27 | [ 編集]


○○さん、こんにちは

いい話ありがとうございます。

聖書には、実は「時間の循環」が描かれています。伝説の相場師ギャン、そしてジョージ・ソロス、二人とも熱心な聖書研究家。

聖書には「時の真理」がダヴィンチコードのように隠されています。仏教で言うカルマや輪廻も同じ。

○○さん、北のてつさん、相場も人生も同じだと思います。時は循環しまた元の状態に戻ります。良い行い・良い結果を生み出す行動をとれば良い循環(サイクル)の時間の渦に入っていける。逆に悪い循環サイクルに足を踏み入れてしまうと、立て続けに不幸が重なる。これは単に運が悪いのではなく時空のワナみたいなもの。短いサイクルの渦なら抜け出すのは容易だが、運命だとあきらめ何もしないでいると、長い悪循環サイクル(時の渦)にはまってしまう。ひどい場合、死んで輪廻転生しても(生まれ変わる)、それは、自分は呪われているのでは?と思うくらい無間地獄のように続く。これは意思をもつ神がつくりあげたというものよりも、おそらく「時間の構造」がつくりあげた物理学的なものだと思う。人によっては幸・不幸が極端に違う場合がある。自分はどの渦にいるのか・・・?


人生の悪循環にはまらない方法・悪循環の渦から抜け出す方法

些細な悪い出来事がきっかけで「悪循環の時の渦」にはまってしまうことがある。そんな時、即時に原因を見つけそれを除去する。例えば、机の角で小指をぶつけた⇒角にカバーをつける、机の位置を変える、スリッパを今後はくなど。仕事でミスをした⇒ショックや悩むのは1分でかたづけ、その日の内に問題を改善する。早ければ早いほうがいい。速やかに上司に連絡・相談・報告。自分ひとりで処理しようとしない。翌日に持ち越さない。問題を改善したら、ノートにまとめ、次、同じ失敗をしないようにする。問題の放置は時の経過と共に悪循環の時の渦に引きずり込まれてゆく。恋人や夫婦間、友人などとケンカした場合、もし今後も良い関係であり続けたいのなら、ケンカした後、無視したり口をきかないなどは避ける。できるだけ早く話し合い仲直りする。そうしないと、お互い距離を置くとどちらかが言いだし、心の距離は埋められなくなってゆく。

同時に、小さなことで良いので自ら好循環をたくさんつくる。そして、それを続け、その中に入ってゆく。悪い時ほど、意識して、小さな好結果・喜び・成功・良い行いをたくさんつくる。悪い渦の芽を壊し、良い渦の芽を育てる。

もし、悪循環を何も感じない、もしくは運命だとあきらめ長期放置するならば、相場のチャート(一目均衡表)で見られるような乗り越えることができない大きな壁(雲)ができてしまう。熟年離婚を例に以下作成してみました。

http://blog-imgs-53.fc2.com/t/o/u/toushikozou/ZAZ.png


カルマと輪廻

カルマの法則

カルマは仏教用語で「自分の成した行為は必ず自分に返る」と言う法則。「因果応報」「業」「原因と結果の法則」などとも言う。

誰かを傷つけたら、同じ様な形で誰かに傷つけられる。また誰かを助ければ、同じ様に誰かに助けられる。ようは良い事をすればいい事が起きるし、悪い事をすれば罰が当たりますよと言ってる訳ですね。

仏教においては、この世は無限のカルマが絡み合って影響しあって成り立ってる世界とも言われている。無数の過去世から未来世へと絡み合ったカルマが続く。何度も何度も繰り返し生まれ変わる私達の運命が全てこのカルマによって支配されていると言う。

「輪廻」とはまさにこのカルマの渦の中をぐるぐる回り続ける状態。これらのカルマを断ち切るために、輪廻から抜ける為に、修行者は修行し悟りをひらく。と・・昔から言われています。


伝説の相場師 W.D.ギャンが遺した言葉

「私は星座を信じており、天文学もまた信じているのです。聖書は星座がすべてを支配していることを明確にしているのです。聖書の研究を通して、国や人々や市場の歴史において繰り返される大きな時間のサイクルと小さな時間のサイクルがあることを発見しました。歴史は繰り返すのです。将来のことを見通すためには過去に何が起こり、どこから始まっているのかを正確に掴めばいいのです。将来は聖書の中にある過去の繰り返しであるということです。」

サイクル理論はギャンの相場理論の根幹

「この宇宙のすべてのものはだ円か円を描いていることを念頭に置いてください。これは具体的なものであれ、精神的なものであれ、物理的なものであれ、すべてに応用されるのです。考えのすべてが円を描くのであり、必ず元に戻ってくるのです。時間がかかるかもしれないが、その発想が良いか悪いかによって、良い結果、悪い結果がついてくるのです。これが我々が自覚しなければならない真実であり、世の中はそのように動いているのです。」


相場を長年眺めていて感じたことは、相場も人生も同じで良い事も悪い事も連鎖する。一度その流れができてしまうと変えるのは容易ではない。皆、同じ時空で生きているように見えても、実際は全く違う時間の渦で生きている。人の周りには様々な大きさの時空の渦が網目のように張り巡らされている。より良い人生を送るためには、自ら意識して良い渦をつくり、その中に自分から飛び込んで行くしかない。常に自分にまとわりつこうとする悪い渦の芽を取り除く努力が必要だと思う。今の自分は過去の自分がつくりあげたもの。今、どんなに最悪な状況だとしても誰にも文句は言えない。未来をよくするためには今の自分を変えるしかない。一目均衡表のサイクル理論で言えば、今の自分の行いは26日先・26週先・26年先、もしくは明日の同じ時間、1ヵ月後、翌年の同じ日の自分に大きな影響を与える。もし、輪廻転生が本当にあるのなら、生まれ変わった時の環境や性格を決めるのは今の自分ということになる。良い行いをすることは自分のためであり、自己中心的で悪い行為は自分を傷つけるのと同じ。

2012/05/27 09:09URL | 投資小僧[ 編集]


北のてつさん、副島さんの記事読みました。あいかわらず面白いひとですね!副島さんには以前当ブログを学問道場で絶賛して頂きアクセスが急増したことがありました。感謝すべき恩人です。同時に当ブログ記事の内容が著書に勝手に書かれていたということも・・まー別にいいですけどね。

彼は天才だと思います。直感が常人離れしていると思います。ただ、過去そういう人たちの多くはやがて自分に陶酔し自分を神と錯覚し、わしは○○だ。わしの言うことは絶対だ。わしの言うことを素直に聞いていれば全てはうまくいくと豪語し、人を罵倒し、ある日突然バブルのようにはじけ木端微塵に消え去ってゆきました。副島さんはそういう人ではないと思いますけどね。松藤民輔さんにはそういうところが少々あったように感じますけど・・

読む側は、書き手の自信に魅せられる(あの人が言うことなら間違いないと思うこと)のではなく、自分自身が理解し納得できる内容なのかどうかを吟味することが大切です。読む側は書き手の直感を信じるのではなく自分自身の直感をもっと大切にすべき。でないと、自分で判断できなくなり、書き手に洗脳されてしまいます。私がこのブログで書いていることも同じ。あくまでこういう意見もあるのだなと参考程度にとどめ、自分自身で実際にデータなど本当にそうなのか調べて納得し理解することが重要です。もっと自分を信じるべき。人は誰かに強く依存すると考えることと勉強をやめてしまう。

2012/05/27 09:40URL | 投資小僧[ 編集]


投資小僧様、こんばんわ^^


私は運命を信じているというか、

運命のせいにしてしまうところがあるんですが・・

>今の自分は過去の自分がつくりあげたもの。

気づいてはいたんですけど^^;

重い言葉ですね。

カルマも意識したいです。

熟年離婚均衡表?思わず笑っちゃいました^^
2012/05/27 22:26URL | だる[ 編集]


だるさん、こんばんは

運命はあると思いますよ いい運命ならそのまま突き進めばいいと思います。ただ、悪い運命ならそれを変えればいい。何もしないで流されれば何も変わりませんが、変えようとすれば必ず変わると思います。人は皆自分に限界をつくり自分自身を過小評価している。本当は人それぞれが秘めている力はものすごいもののはずです。

自分を変えるのに最適な著書を紹介します。

①D・ウェイトリー著「成功の心理学」

②ロンダ・バーン著「ザ・シークレット」

ザ・シークレットは、DVDも出てます。お近くのレンタルショップとかでもおいているはずですよ。


熟年離婚均衡表・・自分でも作成していて笑ってしまいました。何をつくっているんだろう・・って 一瞬、恥ずかしくて消去しそうになりました。まっ でも、時間というものを少しでも理解すれば人生をよりよくできると思いますのでぜひ役立ててください。意識すればきっと変わるはずです。



2012/05/27 23:34URL | 投資小僧[ 編集]


投資小僧様、こんばんわ^^b


著書の紹介、ありがとうございます。

いまは仕事が忙しくて、すぐに購読できませんが、

その時?を楽しみにしたいと思います。


>この乗り越えられないほどの厚い壁

一目は、たまにしか見ないけど、

熟年離婚均衡表は説得力がありますね^^?

時空も時間論も神秘的です。


相場を通して、自分の人生を見つめられたら、

それだけでも価値がありますね。

ちょっと、大袈裟かな^^



2012/05/28 23:30URL | だる[ 編集]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012/05/29 14:37 | [ 編集]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012/05/29 15:15 | [ 編集]


こんばんわ。投資小僧さんの前回の記事の人間本質論的な内容について私は充分理解できます。人によっては難しくて宗教じみてるって思うかもしれませんが、この世に生かされている人の本質はとてもシンプルな事何だと思います。自分の良心に沿って行動し、良い言葉を発しているか。常に謙虚で感謝の気持ちを持っているか。あと、運がいいと思うような出来事があるか・・その運とは偶然ではなく自分の行動・言葉・思考によって運をひきつけられるものであって必然な事のもんだと思っています。相場も一緒でここまで仏のような域に達すれば苦労はないのですが、欲という雑念が入る以上なかなか相場は難しいものですね。
さて週末のNY金ですがなかなか良い上げ方をしましたね。印象的には売られやすい5月相場とユーロドルの下落につられながらもよく耐えたなーって印象です。昨日リアルタイム見ていたのですが、ユーロドルっが1.23を割り込んで大きく下がったのと同時にNY金が大きく上がりだしたのを見て、ユーロドルの下値のターゲット達成感が見てとれましたね。来週以降戻り相場となりそうですがビックイベントまでどう動くかは全く予断ならず、買い方としてはじっと身構えているのみ、1800ドル超えてくれば本物でしょうが、1500ドル割ると一旦は逃げるしかない感じですね~・・(独り言)



2012/06/02 22:11URL | 北のてつ[ 編集]


○○さん、こんにちは

ありがとうございます。人生の良い循環、維持してください。それが永遠に続けばよいのですが、時間は意地悪です。相場と同じように・・ 時には良すぎる時ほど注意。突然、良い時と相反する悪循環が訪れる場合があります。これも相場と同じですね。作用反作用の法則と言えるかも。

幸せは急激な上り坂ではなく、緩やかな安定した坂の方が長く続く。

働くことが大嫌いでお金の価値を全く知らない人が突然3億円の宝くじに当たったとします。相場で言うと、底辺這ってた価格が突然垂直に急騰するような動きです。このような場合、そのほとんどがごく短時間で3億円は無くなってしまいます。それどころか、多額の借金を抱えてしまう場合もあり。これは投資にも言えるのですが、突然短期間で資産が何倍にもなる時があります。その時が一番リスクが高い瞬間であり、いったん撤退するのが最良の方法です。そして、宝くじであれ投資であれ、得た利益を減らさないように時間をかけて維持する努力をすれば、資産チャートは高値で横向きの線となり次なる上昇ステップのための土台つくりに入ります。

もっと具体的に言うと、労働による収入は労働時間に対する対価とも言えます。1+1=2のような関係。しかし、宝くじなどで3億円当たることはその人に突然の強い作用を与えた事柄であり、反作用の力がその瞬間から猛烈に襲ってきます。車がガードレールにぶつかれば、車はガードレールをグニャグニャに壊してしまいます(作用)、同時にガードレールは車を壊します。それと同じで強い力が加われば加わるほど相反する力も大きくなります。宝くじなら、3億円が作用、理性・欲望の抑制ブレーキを壊すのが反作用かもしれません。これを防ぐ方法はサイクル理論で考えれば、3億を全く使わないで数年貯金をするのがベスト。3億円持っていることが当たり前の良い循環サイクルをつくってしまうんです。簡単なようで実際はかなり難しいことだと思います。これを乗り越えることができれば、ある一定の時間が経過したころに4億、5億と増える可能性が高まります。

2012/06/03 14:53URL | 投資小僧[ 編集]


北のてつさん、こんにちは

私は特定の宗教信者というわけではなく、何かを信仰しているわけでもありません。ただ、相場研究の延長で客観的にあらゆる宗教を知りたい・勉強したいという気持ちは強く、実際勉強してみると、違いはあれ多くに共通点が発見できました。それを見ると、人は古くから物事の本質を理解していたんだなという感じがします。それを考えると、科学が発達した時代と言えども、我々は昔の人から学ぶことはまだまだ多いなという気がします。

ついに6月に入りましたね。重要な月です。おそらく、上下激しく暴騰・暴落あるかもしれません。とにかく6月を無事過ぎ去るのを待って動きたいものです。相場観は中立に!今は偏った見方をしないことが大切だと思います。

2012/06/03 15:03URL | 投資小僧[ 編集]


記事「6月の節目」の下に、新記事「ヘルスケア vol.1 ~ 不老長寿の実」をUPしました。よければ一読を!!

今後、健康・美容を中心テーマとして取り上げていきます。相場以外にも生活に役立つ情報提供ができればと思っております。


2012/06/03 15:10URL | 投資小僧[ 編集]


NY金テクニカル分析


週末の終わり方は、米雇用統計の発表を受け、好転。短期戻りに入りやすい足で終わりました(直近高値を超える陽線引け) 後は、6月にどこまで上昇して月末まで高値を維持できるかどうか。週足一目均衡表による分析では、7月の動きは明暗はっきりとした動きになる示唆があります。52週・26週遅行スパン・26週未来スパンが暗示するものは、6月高値を維持できれば、6月最終週から昨年7~8月に起きた激しい上昇(1486⇒1923ドル)と同等のサイクルの力が加わる可能性あり。要は週足の2サイクル前と同じ動きの再現となるかどうかのポイントですね。これがもし再現すれば、逆三尊の見通しがまた復活します。

一方、目先1658ドル・1690~1700ドルに強い上値抵抗線あり。週末終値でここをきっちりクリアできるかどうかがポイント。6月途中まで強くても6月最終週(25日~)から失速し、7月前半に1500ドル台以下の動きをするようであれば、1200~1300ドルに向けた動きは避けられない見通し。

6月末を迎えるまで目先の動きは何も信じない方が良いように思えます。とくに6月20日(日本時間21日早朝)に発表されるFOMC声明が命運を分けそうな予感。神経質な市場環境だけに突然の100ドル上昇・100ドル暴落どちらもありえる話。昨晩、米雇用統計の発表を受け、安値から84ドルも上昇しています。

2012/06/03 16:22URL | 投資小僧[ 編集]


投資小僧さん色々諭してくださりありがとうございます。何事にも謙虚に素直にそして常に冷静でありたいものですね。

投資小僧さんもクコの実取り入れてたんですね!私も健康維持のためにクコの実を発酵した食品を食べています。ちなみに精気源という食品です。(以下ホームページのアドレスです)
http://www.seikigen.com/index.php
あと若返り効果とガン抑制目的でアーモンドを取り入れていますよ。
岡崎公彦先生の本をきっかけに取り入れてるのですが、今のところ調子がいい見たいです。でも一番重要なのは野菜中心の食事と適度な運動と規則正しい生活であって、これができればメタボ対策なんかしなくてもいいんですがね(笑)
2012/06/03 18:17URL | [ 編集]


すいません上記記事「北のてつ」でした。
2012/06/03 18:32URL | 北のてつ[ 編集]


北のてつさん、こんにちは

精気源、すごいですね!これは、オーとうなってしまいました。

ちなみに、アーモンドの食べ過ぎには注意してください。皮にカビが若干含まれている場合があるみたいなので。同じ効果、もしくはそれ以上を期待するなら、わかさ生活のレスベラトロールが最強だと思います。値段も安いし。○○はアーモンドの比じゃないですよ。サーチュイン遺伝子活性~

2012/06/03 20:35URL | 投資小僧[ 編集]


6月3日の分析をより詳しく書きました

新時間論によるNY金分析

http://blog-imgs-53.fc2.com/t/o/u/toushikozou/SZT-1.png

http://blog-imgs-53.fc2.com/t/o/u/toushikozou/SZT-2.png


NY金日足は、6月1日の急上昇でテクニカルは短期買い。目先の上値抵抗線は突破している。通常なら、ほぼ上昇するパターンで強気。もし、失速するようであれば、相当相場が弱いことを意味する。後はどこまで上昇して何日上昇日柄を稼げるか・・ 戻りで終わるか、それとも底値を形成するか・・運命の分かれ道。

2012/06/04 19:57URL | 投資小僧[ 編集]


投資小僧様

いつも内容の素晴らしさに、
感銘しつつありがたく拝見させていただいております。

一つ教えていただきたいのですが、
金を悪し様に、邪険にして云う人が、
多々おられます。

利息を生まない、役立たず、
今や無用の長物になりつつあると、
口を極めて罵る、その真意が分かりかねます。

永遠の輝きをもち、富の絶対的価値を体現する金が何故、このように云われなければならないのでしょうか。


ところで、副島氏の記事を拝見して、思い出しました。
私は、彼の中国礼賛は度が過ぎていると思っています。

かつて、彼の主催する掲示板に、中国はいずれ行き詰まる。
地球の資源の厳しい制約などからも、中国の平均所得が、今の日本並みになることなどはあり得ず、それでも、中国の極端な発展指向は、地球を滅ぼしかねない。
物理的にも、中国の急発展は、遠からず腰折れする。
中国の脅威は経済力にあらず。覇権主義と軍事力にあり。

このようなことを書いたら。おまえは破門だ、出ていけ、二度と来るなと、大変な剣幕で罵り、非難されました。

おまけに、メールアドレスに、突如、迷惑メールが殺到し始め、このアドレスが使えなくなってしまいました。

彼の極端な中国礼賛の原点は何なのでしょうか。

その後は、本屋に並ぶ、彼の中国礼賛本の表紙を見るだけで、ぞっとします。

2012/06/05 02:28URL | 書生[ 編集]


投資小僧様
初めての書き込みです。
長年、お気に入りにいれて、勉強させてもらっておりました。
金投資は、周りの誰もが、え?あなたって変ってるね~って言われるくらいから、(20数年前)まだ、若きOL時代から、純金積み立てしておりました。

もう、1オンスが1000円くらいの長き時代は、積み立て自体も忘れていたくらいでして。

いまは、スポット売買、ETFやらを組み入れてます。

年明けにある程度、手仕舞っていまして、いま、買いどきを待ってるところです。

今月末が、分かれ道となりそうですね。


そして、上記の書生さん。
副島さんって、いいことも言うてたときもありましたが、だんだん、信者が増えてくると、自分の意見と相反する人を許せないという行動をとるのは、どこの国の独裁者でも辿ったのと同じですね。

でも、今となっては、波紋にされて良かったのじゃないですか?

なんでもそうですが、崇拝しだしたら、終わりだと思います。
2012/06/05 05:57URL | hitomin[ 編集]


書生さん、こんにちは

金を悪し様に、邪険にして云う人・・ 1990年代、アメリカを中心に経済学者や識者を利用して大々的にアンチ金をプロパガンダしていた時がありました。無から有を作り出す現代の金融システムにおいて金は邪魔者だったわけです。銀行家にとっては・・ 金には車で言うリミッターの役目があります(物価調整機能) 金融資本家はお金を刷りたくて刷りたくて仕方がないわけですから・・ 刷ったお金に働いてもらう(人に貸して利子をとる=借金経済)のが彼らの仕事。それに敵対するのが、金本位制。通貨製造に制限調整をかけることです。

副島氏、中国礼賛・・彼なりの直感ではないでしょうか。掲示板、彼の道場ルールは厳しいとよく聞きます。肌に合わなければ近づかないほうが無難かと。


hitominさん、こんにちは

先見の明、素晴らしいの一言に尽きます。

2012/06/06 20:50URL | 投資小僧[ 編集]


6月4日の東京金に続き、本日、銀と白金も短期テクニカルブレイクアウト(買いのシグナル) 

東京金は3ヵ月間下げたポイントで反発(下降波の安値は3886円) そして、12月末の3808円を下回ることなく反転しています。現在、強く反発しやすい日柄とポイントであり、戻りは大きくなる可能性もあり。やはり、FOMCが終わらないと、先は見えないか。
 
2012/06/06 21:03URL | 投資小僧[ 編集]


投資小僧さんこんばんわ。

アーモンド20kg分も買ってしまったので結構食べ過ぎすぎちゃってます(汗)レスベラトロール・・サーチュイン遺伝子活性・・ムムムなるほど・・早速注文してしまいました。全く知らなかったので感謝します!ありがとうございます!

話は相場に戻って、投資小僧さんに質問なんですが・・FRBにしろECBしろ強烈な副作用のあるステロイド剤的な量的緩和の件なんですが、今現状資本主義経済のルールを全く無視して最果てなくお札を刷りまくっていますが、この効果っていつまで続くとお考えですか?量的緩和が続く限り果てしなくインフレマインドとなるわけですが、この効果がきかくなったときってどうなんでしょうね?いずれにしましても、ずっと前から投資小僧さんが警鐘してる通りになる確率が高いということは言えるんでしょうけどね・・・。

2012/06/06 22:37URL | 北のてつ[ 編集]

バーゼルⅢと欧州償還基金
初めて書き込みします。最近金ゴールドのTierⅠ入りの件、ユーロ圏諸国の金準備を裏付けとして基金設立の件、と金ゴールドが騒がしくなりそうですが小僧さんはどう思いますか?
2012/06/09 11:09URL | しゅう77[ 編集]


北のてつさん、こんにちは

アーモンドの渋皮に含まれているポリフェノールが最近注目されてますので、食べる人が増えてるみたいですね。同時に、脂質の多い食品なので食べ過ぎに注意!! ポリフェノールのような抗酸化物質は遺伝子が傷つくことを防いでくれるわけですが、アーモンド以外にもたくさんあります。

量的緩和について

効果はいつまでも続くと思いますよ。そして、その効果はいつか効きすぎて激しいインフレに。厳密には、効果があるというより、まるで麻薬です。単に効果的に見えるだけの幻想が目の前で起きていると私は思ってます。目の前では、「効果あり」の幻想が起きていて、水面下では人々を借金地獄に追い込む破壊が少しずつ起きていると = つまり、潜在的なインフレですね。これらにより、金は上昇エネルギーを蓄積しつづけています。現在の弱い金の動きは、単に森羅万象に見られる波動の習性によるものです。

現在、目の前で起きているいろいろな国家的経済危機や金融危機の根本的原因は、中央銀行が人々が労働で稼ぐ以上のお金を刷り、人々が労働で稼ぐ以上の消費をしていることが背景。

車が欲しい。でも、お金がない。だから、銀行でお金を借りる。車を買った。稼ぎは少ない。銀行から返済を迫られるがお金がない。なので、他の金融機関からお金を借りて銀行にお金を返す。そのうち、利息が雪だるま式に増え、もう返せない。借りられない。夜逃げ。お金を貸した銀行は夜逃げされ不良債権に。その不良債権も雪だるま式に増え、中央銀行は無から有をつくる量的緩和を実行。これが果たして効果と呼べるだろうか?まやかしにすぎない。何れ、量的緩和した分だけ、人々の資産を破壊するインフレなどの危機に転嫁される。無から有をつくりだすことは不可能。作り出しているように見えているだけで、「有」とは実のところ、皆の未来の借金なのです。銀行は、Aさんに1000万円貸して、具体的な返済における約束ごとをする。借り手もいつか全額返す心構えがある。しかし、際限ない量的緩和の場合、例えば、ある国で経済危機が起き、世界的量的緩和によりその国を救ったとする。日本に暮らすAさんは新聞でそれを知り、海外で大変なことが起きているんだなと実感する。しかし、ひとつ海を越えたところで起きていることなので他人事。しかし、この量的緩和がAさんの借金勘定としてカウントされていることをAさんは知らない。その金額はAさんの人生を破滅に追いやるところまで増えることを知らない。それは何の予告も前ぶれなくある日突然に。これだけの借金が実はAさんにありました。だから、いついつまでにこれだけ返してという親切なものではない。何の予告もなく、気付いたら資産は無くなっていたというキツネにつままれたような感覚。Aさんはおそらく事故にあったような気分でしょう。しかし、これは国家による完全犯罪であり、詐欺であると言えます。だからこそ、今、ゴールドで資産を守る必要があると言えます。当の詐欺を実行している人たちが唯一信じているものはゴールドだけです。中央銀行は、お金を刷って皆の借金をつくる。「有」とは「皆の借金」 Aさんの実印を中央銀行が勝手に用いて連帯保証人にしてしまうような作業です。そのかたわらで、せっせとゴールドを買ってますよね。

全ての始りは、1694年のイングランド銀行設立から。

金融資本家による中央銀行を核とした金融詐欺システムが始まりました。

すでに318年経過。今、このシステムが崩壊寸前のところまで来ています。要は、みな借金地獄に陥っているわけです。自分は大丈夫と思っていても、勝手に自分名義の借金がつくられてしまっているのです。

現在の経済学は、この詐欺システムを歓迎しています。この詐欺システムに相反する「金本位制」を多くの経済学者が受け入れることができないのは当然の流れと言えるでしよう。

結局、どのような形であれ、現金融システムが崩壊した時には「価値の世界基準」が絶対的に必要となります。今のところ、その役目を担うのは、数万年人類が唯一信じ続けてきた絶対的価値「ゴールド」以外には考えられない。私は、現在の世界的経済規模に見合った新金本位制がいつか誕生すると思ってます。昔のような金本位ではなく、革新的な金本位へ

2012/06/09 11:21URL | 投資小僧[ 編集]


しゅう77さん、こんにちは

バーゼルⅢの件はごく自然な流れだと思います。以下は、日本経済新聞の2009年12月17日記事です。私の永久保存版の記事としてとってありましたのぜひ一読を!かなり前から予定されていたことです。前にも何度か記事で書いたのですが、中央銀行だけでなく、民間銀行も自己資本の安全性と強化のため、金を資本に組み入れるのは必然と。おそらく、融資の際にも担保として不動産だけでなく金も今後担保対象になってくるのではないだろうかと思います。着実に金本位の流れは始まっていると思います。金準備を裏付けとして基金設立・・も然り

http://blog-imgs-53.fc2.com/t/o/u/toushikozou/B3.jpg

2012/06/09 13:41URL | 投資小僧[ 編集]


拝見しました、なるほどですね。どうもユーロ共同債のソフト版(妥協版)にも金ゴールドが絡んでくると、新・ゴールドスタンダードもそう遠くないのかなと。
しかしBISもすごい黒歴史を持ってるのですね。どうしても裏を想像してしまいます。
2012/06/09 14:34URL | [ 編集]


MMS(ミラクルミネラルソリューション)はご存知ですか?ご参考までに。http://blogs.mobile.yahoo.co.jp/p/blog/myblog/cmtlist?bid=kabushikisobatenbo&id=22456749
2012/06/09 15:58URL | しゅう77[ 編集]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012/06/09 16:45 | [ 編集]


参考になれば幸いです


ガン治療という名の殺戮

http://homepage2.nifty.com/motoyama/info_5.htm#info_521

http://homepage2.nifty.com/motoyama/info_5.htm#info_523

ガンは癌にあらず

http://www.haru-ukon.com/index.php?ガンは癌にあらず

亜麻仁油



寿さん、情報ありがとうございます。コメント欄に長すぎるURLを載せると、コメント欄がずいぶん下に下がってレイアウトが壊れてしまうため、亜麻仁油のURLを削除しました。誠に申し訳ございません。投資小僧
2012/06/09 17:01URL | 寿[ 編集]


いつも勉強させていただいています。

上に書いておられる御方にお役に立つかどうかは判りませんが、ゲルソン療法は世界的に有名です。一番判りやすい本を挙げておきます。勿論、色々と批判もあります。
他にもアマゾンで検索すれば、原書をはじめとして色々出てきます。


http://www.amazon.co.jp/%E3%82%AC%E3%83%B3%E3%81%A8%E9%97%98%E3%81%86%E5%8C%BB%E5%B8%AB%E3%81%AE%E3%82%B2%E3%83%AB%E3%82%BD%E3%83%B3%E7%99%82%E6%B3%95%E2%80%95%E8%87%AA%E3%82%89%E3%81%AE%E3%82%AC%E3%83%B3%E3%82%92%E5%85%8B%E6%9C%8D%E3%81%97%E3%81%9F%E7%B2%BE%E7%A5%9E%E7%A7%91%E5%8C%BB%E3%81%8C%E9%81%B8%E3%82%93%E3%81%A0%E7%A9%B6%E6%A5%B5%E3%81%AE%E6%A0%84%E9%A4%8A%E7%99%82%E6%B3%95-%E3%83%93%E3%82%BF%E3%83%9F%E3%83%B3%E6%96%87%E5%BA%AB-%E6%98%9F%E9%87%8E-%E4%BB%81%E5%BD%A6/dp/483761096X#_

個人的には、↓の方の評価に近い考えを私は持っています。

http://大腸がん闘病記.jp/dietetic_treatment_of_large_intestine__cancer/gerson-treatment/1105200003.html



2012/06/09 20:36URL | Dorji[ 編集]


しゅう77さん、○○さん、寿さん、ありがとうございます。

しゅう77さん、MMS、参考にしてみます。

○○さん、末期に近いです。

寿さん、亜麻仁油、初めて知りました。調べてみると、患者さんにとっては普通の油は良くなく、亜麻仁油がいいみたいですね!ありがとうございます。

Dorjiさん、ありがとうございます。

参考にさせていただきます。

URL長くても、コメント欄が正常に表示されていますのでそのままにしておきます。


明日、記事UPします。

強力な短期買いシグナルが出た直後の暴落。やはり、この動きは7月以降の弱気暗示かも。ここのところ、こういう動きが頻繁に出るようになってきてますので要注意!!

FOMCが去り、6月末迎えるまで様子見がベスト

2012/06/09 22:21URL | 投資小僧[ 編集]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012/06/10 00:43 | [ 編集]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012/06/10 09:27 | [ 編集]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012/06/10 10:59 | [ 編集]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012/06/10 13:21 | [ 編集]

すてきに活き活きホルミシス健康館 旬(ときめき)亭
★参考になれば・・・・
 http://www.tokimeki-tei.jp/

免疫力を高め、自己治癒力を引き出すホルミシスルームは、細胞膜の若返りを促進し、脳細胞、内臓、血管などの機能を回復します。


玉川温泉(秋田)、増富温泉(山梨)、三朝温泉(鳥取)などのラジウム温泉と同程度の天然ラドンガス222が充満したお部屋で、服を着たままラドン浴。

呼吸によって体内に吸収されたラドンガスは、自律神経のバランスを整え、全身の血流を改善します。

 ◆免疫力を高め、自己治癒力を引き出します
 ◆老化や病気の原因である活性酸素を抑制します
 ◆新陳代謝を促進し、細胞を活性化します
 ◆痛みを緩和するホルモンの分泌を促進します


2012/06/10 14:36URL | たきがみ博士[ 編集]


○○さん、こんにちは

ありがとうございます。血液クレンジング調べてみます。

△■さん、こんにちは

よい波動たくさんつくって持続させてください。

投資目的が、子供さんのためであるならば、できる限りリスクがないものを選ぶのがベストかと思います。リターンよりリスク軽減を限りなく少なく。全資産に対する投資配分が低ければ問題ないと思いますが、これからの時代はより慎重に。なぜなら、2008年に起こった金融危機はまだ水面下で継続中です。日本で起きた地震のようにまだエネルギー蓄積中。次来る危機の方がもっと大きくなるような気がします。AIGのような会社でさえ破綻寸前まで追い込まれるくらいですから、大手でも安心できません。少し気になるのは、NYダウを中心として世界全体の株価の動きは良くないと思います。まだ、判断が微妙なとこですが、大天井で世界的にクラッシュする前兆が最近あります。例えば、ダウですと現在の動きは3年続けて52ヵ月前の動きと全く動きを持続させています。これは2サイクル前の動きに沿って同じ動きを繰り返しているということです。時間軸だけでなく価格さえもほぼ同じ。もし、今後もこれが持続するのであれば、早ければ今月か来月から2008年の時と同じようなNYダウ大暴落の道を12ヵ月ほど突き進むことになります。今、私から言えることは、株であれ金であれ、より慎重になったほうがいいと感じます。夏場過ぎて、10月以降株高であれば問題ないと思います。しかし、夏場にひどく下げるようであれば○○社債はすすめられないです。今、ドル指数は上昇中です。環境が2008年の時と似てきてるところがますます気になります。正直言うと、現段階では私もまだどうだろう?という感じ。でも嫌な予感はします。

契約切れの話は初めて知りました。

モ○○の件は私にもわからず。

今後5年は、ちと厳しい世界経済になりそうな予感がします。

金がまだまだ一番ベストかもしれませんね

2012/06/10 14:43URL | 投資小僧[ 編集]


○○さん、たきがみ博士さんこんにちは

○○さん、そうなんです。末期です。ご意見、非常に参考になります。ありがとうございます。やはり、健康が一番。とにかく、免疫力を高める生活をしなければならないですね!

たきがみ博士さん、ありがとうございます。

2012/06/10 15:34URL | 投資小僧[ 編集]


△■さん、NYダウ月足のチャート掲載しときました(一目均衡表)

http://blog-imgs-53.fc2.com/t/o/u/toushikozou/Dow-6-10.png

ピンクの線をよく見てください。これは現在価格を52ヵ月過去へずらしたものです(遅行スパン) これは、2回転サイクルを過去へずらして現在と2サイクル前の動きを比較するためです。3年近くほぼ寄り添って動いているのがわかると思います。これは偶然ではなく、あらゆるところで頻繁に見られる現象。つまり、時間は循環している証です。52ヵ月=4年4ヵ月 つまり、例えて言うと、現在のダウの動きはこうです。人の1日は24時間、仮にダウ君の1日が4年4ヵ月だとします。ダウ君の昨日の生活と今日の生活パターンが全く同じなら、上記チャートのような動きになるということです。人の生活だけでなく、人の心理面、自然界の現象、生物や星の生死、この世で起きていること全てに当てはまります。ダウに関してはいつまでこの動きが続くかわかりません。ただ、3年も続いている以上、注意深く観察する必要があると思います。また、未来の雲はねじれていますので、そこへ引き込まれる力がそろそろ働くと思います。少なくとも、52ヵ月遅行スパンが52ヵ月前の動きと寄り添うように動いている限りは、アメリカの株・社債を買うことは慎重になるべきだと思います。

2012/06/10 16:42URL | 投資小僧[ 編集]



コメントを投稿












管理者にだけ表示を許可する



トラックバック


trackback URL


| HOME |



Copyright © 2017 投資小僧の金相場日記Ⅱ. All Rights Reserved.
template by nekonomimige & blannoin photo by Encyclorecorder
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。