市場間分析を基にした金投資に必要な情報をお伝えします
Winter Clock

One Snowy NightNatural Sound - Rc

広告


Real-Time Price - 2site

XC-3.png

Toushi kozou's channel


金価格・投資分析ツール


Mariah Carey

Open Arms I Don't Wanna Cry

広告


最新記事


▲pagetop

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール(金太郎)

Toushi Kozou

Author:Toushi Kozou
猫と相場をこよなく愛する大阪人

投資の最終判断は自己責任  
でよろしくお願いします


ブログランキング参加中

   人気ブログランキングへ にほんブログ村 先物取引ブログ 金先物(貴金属先物)へ

CX-PORTAL:先物情報



来訪者カウンター


天気予報


  お薦め本(Amazon)

ぜひ読んで欲しい名著

     災害対策用品


     絶版の貴重な本


   RSSリンクの表示


   月別アーカイブ


▲pagetop

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






--⁄--⁄-- --:-- カテゴリー:スポンサー広告
▲pagetop








ウォール街を破滅させたデリバティブ


2008年掲載記事、一部編集



皆さんは御存じだろうか? 金デリバティブ(金キャリートレード)、CDS(クレジット・デフォルト・スワップ)、金利スワップなどといったデリバティブ(レバレッジの高い金融派生商品)を世に生みだしたのはJPモルガン・チェースであり、これらの市場を独占しているのは主にJPモルガン・チェースと、シティバンクである。2008年で2社合わせたデリバティブ総契約残高は軽く1400兆円を超えている。そして、当時、この2社が破綻すれば、アメリカは国家破綻し世界は大恐慌に陥ると言われていた。







世界のCDS取引残高







2007年度末のデータでは世界のCDS契約残高は62.2兆ドル

JPモルガン・チェース   10.2兆ドル(全契約の16%)
シティバンク          3.6兆ドル
バンク・オブ・アメリカ      2.7兆ドル







当時、著名投資家のウォーレン・バフェットがCDSを「金融版の大量破壊兵器」と呼んだのには理由がある。CDSは企業対企業の相対取引で契約されるため、政府の規制は及ばないし、取引報告を集約する場所もないので本当の市場価値を知ることができない。その結果、数十億ドルもの不透明な「暗黒物質」が金融市場の頭上に垂れ込めることになった。CDSはならず者国家の核兵器のように世界中に拡散し、今は注意深く秘匿されている。多くの金融機関のバランスシートを吹き飛ばすのも時間の問題だ。

 





金融危機の元凶はJPモルガンが生み出した怪物、クレジット・デフォルト・スワップの無節操な濫用だ(NewsWeek 10/1)



それは、米金融業界の大物たちの週末の儀式だった。太陽のあふれるリゾートで日ごろのストレスを吹き飛ばし、世界の支配者としての成功を盛大に祝う。ヨットパーティーにビキニ姿のモデルたち、1本1000ドルのシャンパンなどをイメージすればいい。 なかでも、94年にJPモルガンのバンカーたちがフロリダのボカラトン・リゾート&クラブで過ごした週末は、ウォール街の伝説になっている。騒々しいパーティーもあったが、それだけではない。彼らはピンク色の壁のスペイン風リゾートで週末の大半を会議室に引きこもり、銀行業の歴史と同じだけ古い問題の解決に取り組んだ。誰かにお金を貸したとき、それが返ってこないリスクをいかに軽減するか、というものだ。 当時、JPモルガンの資産は企業向けや外国政府向けの数百億ドルの貸し出しで膨張していた。問題は、連邦法の定めで、それらの融資の貸し倒れリスクに備える準備金として、巨額の自己資本を積まなければならないことだ。利益を生まないお金である。 バンカーたちが思いついたのは、ある種の保険商品だ。貸し倒れた場合の元利金の支払いを第三者に保証してもらい、代わりに銀行は保険料を払う。そうすれば、JPモルガンはリスクをバランスシートから切り離し、準備金を取り崩して商売に回すことができる。そして彼らはリスクを切り離し、細かく刻み、世界中にばらまいた。(2008年記事引用終わり)







2012年5月10日、JPモルガン・チェースがクレジットデリバティブ取引で20億ドル(約1600億円)の損失を出していたことが明るみになった。この問題で市場は揺れ動いている。実体のない化け物を生み出した者がその化け物に首を絞められている・・ と、言いたいところだが、おそらく茶番だろう。また何かとてつもない裏があるんだろうな。 







デリバティブを開発したJPモルガン・チェース、その実態はFRBの出張機関と言われる。現JPモルガン・チェースの前身銀行であるJPモルガン(ロスチャイルド系)は1990年代、金デリバティブを乱用し金価格の抑制と通貨バブルを引き起こした。その果ては・・1999年9月、金のリースレートは9%近くまで暴騰。この時、金キャリートレード(金デリバティブ)でJPモルガン銀行とチェース・マンハッタン銀行、他欧州・米国の銀行は破たん寸前まで追い込まれた(金の戦争/仕掛け人はロスチャイルドと言われる) そして、チェース・マンハッタン銀行(ロックフェラー)は5000人の従業員をリストラし、9月11日、JPモルガンと合併。JPモルガン・チェースとなった(非ユダヤ系ロスチャイルド関連企業/名門モルガン家のJPモルガン商会はロスチャイルドの支援で立ち上げられた会社)







JPM.jpg







金価格操作とJPモルガン・チェース



興味を引く話をひとつしましょう。2002年12月30日、コイン商のブランチャード&カンパニーがJPモルガン・チェースと産金会社のバリック・ゴールドを相手取り米地裁で訴訟を起こした。内容は「当社の顧客はJPモルガン・チェースとバリック・ゴールドの金デリバティブ(金のカラ売り)で被害を受けている。このような意図的な金価格操作がなければ金は1オンス780ドル程度にはなっているはずだ(当時350ドル) 即刻、トレードを停止し1億2000万円(現在の価値で)の損害賠償を請求する」というもの。結果、JPモルガンとバリックは和解調停に持ち込み、巨額の和解金を支払って判決を避けたようだ。金をばらまいてねじふせたようですね。まるで東京電力のようなやり口です。( ⇒ ブランチャード&カンパニーのHP








「フクシマの嘘」 ドイツZDFテレビ(国営放送)







       ポチッと押してね ⇒人気 Blog RankinG

       ポチッと押してね ⇒FC2 Blog Ranking







(※)分析、見通しなどは私独自の調査・手法によるものであり、完全なものではありません。最善を尽くしていますが、保障できるものではないため、投資最終判断は自己責任でよろしくお願いします。






 ☆ ブログランキング参加中! 応援のクリックよろしくね ☆



  クリックしてね↓
   
  応援よろしくね↓
  人気ブログランキングへ
  もう~ひと押し↓
  

           
  応援ありがとうございま~す♪






2012⁄05⁄12 18:26 カテゴリー:GOLD comment(22) trackback(0)
▲pagetop












コメント



NY金週足テクニカルチャート

http://blog-imgs-53.fc2.com/t/o/u/toushikozou/NGW12-5-12.png

2012/05/12 19:26URL | 投資小僧[ 編集]


中国、預金準備率を0.5%引き下げ

5月12日、中国人民銀行は18日から引き下げると発表

景気減速による預金準備率引き下げの流れ

2011年11月30日(3年ぶり)
2012年 2月18日
2012年 4月18日
2012年 5月12日


http://blog-imgs-53.fc2.com/t/o/u/toushikozou/CHM.png

2012/05/12 21:14URL | 投資小僧[ 編集]

先物は狸の世界だな。
投資小僧さんらしい記事で、ナイスですね。
 金本位を停止した後、不換紙幣のドルの方こそ価値あるマネーであり、金はただの金属にすぎないと信じ込ませる為、通貨発行権を持つ連中によって金の先物取引所(COMEX)が1974年に創られ、ここで現物と先物を売ることによって、金価格の上昇を妨害し続けたもと認識しております。現在も進行中。
先物市場は現物受けが出来るルールですが、ほとんどの参加者は差益、差損で済ませますから、現物が無くとも売ることが出来ます。
4月30日に60秒間で、現物1兆円分の売りが出ましたが、個人投資家の売り注文がたまたま重なった??
もう何十回もMYタイムに移行した瞬間からの垂直下落を見た事か。場合によっては証拠金の引き上げ。
先物市場は木の葉をお金とする為の巨大狸のフィールドであって時々上下に大きく揺さぶるだけでレバレッジを掛けた資金力の乏しい個人投資家なぞ吹き飛ばされ餌にされます。金、銀の投資ならレバレッジは1の現物以外はお勧めしません。チャートは狸も見てますから。
2012/05/13 01:01URL | サバイバル思案中[ 編集]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012/05/13 02:25 | [ 編集]


投資小僧様

お久しぶりです。
いつも貴重な情報ありがとうございます。
僕は超素人なので、分かる範囲でしか理解出来ませんが(笑)楽しんでます。

JPモルガンは銀価格操作もしていると聞いていますが、どうなんでしょうか。

フクシマの嘘 も衝撃的でした!

うちの子供が、「豆腐小僧さんて凄いネ~!」
と。。。ずっこけてしまいましたo(^▽^)o
2012/05/13 09:07URL | マライヒ[ 編集]


サバイバル思案中さん、こんにちは

金の裏は奥が深いですね たまに小出しでUPします。


マライヒさん、こんにちは

豆腐小僧(笑) ションベン小僧って、ののしられることもたまにあります~(笑)

銀に関する記事、資料保存してますので以下どうぞ

2008年11月10日

「本当の話」著者:セオド・バトラー

金、銀の価格操作に関して説得力のある証明ができます。その証拠は、JPモルガン・チェース(投資銀行)、米商品先物取引委員会(CFTC)、世界の商品取引における優位な力、一次産品監視委員、および米財務省にあります。これらはすべて関係するのです。

今週、私はCFTCからカルフォルニア州議会議員ゲーリー・G・ミラー氏に宛てられた10月8日付の手紙のコピーを受け取りました。内容は、銀行月刊誌に掲載するデータのために銀価格操作について議論するものだった。8月のレポートでは、1~2行の米銀行がCOMEX銀先物市場において33805枚(1億6900万オンス以上)という大規模な売りポジションを保持していたことが示されていた。このポジションは年間の世界鉱山生産の25%に相当する量であり、7月と比べ5倍以上の枚数である。また世界的な投資需要(銀貨など)により銀が不足しているにも関わらず、売りのポジションが5倍以上に膨れ上がった時、銀価格は50%以上下がりました。過去、CFTCの歴史の中で、これほど大規模な価格操作は一度もなかった。

私は、この手紙を読み、強く気になることがあった。それは、私が9月2日に書いた記事「事実と推測」で示した分析を確認することでした。その記事では、1~2行の米銀行による衝撃的な銀の売りポジション増加は3月のJPモルガン・チェースによるベアー・スタンズ乗っ取りに関連すると推測しました。ただ、推測と言っても周知の事実に基づいた推測です。私の言っていることが何れ正しいと証明されるでしょう。

3月のJPモルガン・チェースによるベアー・スタンズ乗っ取りの裏には、ベアーの保持する金と銀の売りポジションをJPモルガンが引き取るという密約があった。これによって、JPモルガンは最大の売りポジションを保持し、金と銀の下落操作でおそらく1兆円以上を儲け、金と銀の価格を破壊したと私の分析は示す。米財務省、CMEグループ(NYMEX、COMEXのオーナー)、CFTCは、これら非合法な活動の共謀者であることに疑問の余地はない。

これら価格操作団による価格破壊は、世界中の鉱山で働く何万人もの仕事を奪い、何万人もの罪のない投資家を犠牲にして、2~3の低俗な銀行家を豊かにしました。このことで、あなたは血を煮えくり返らせなければなりません。私はこの組織化された価格操作の証拠もみ消しに参加し連邦議会議員を騙した者たちに対して刑事告発を求めます。そして、価格操作に対して責任あるものが法的措置を受けることにより、傷つけられた労働者、一般人が相当な損害賠償を勝ち取れることを確信しています。そのために、私は無料で時間の許す限り、訴訟に関心のあるどんな組合や議会のリーダーに、どんなアドバイスでも提供します。(翻訳終わり/長いので簡略化しています)




過去、行われた貴金属の価格操作は銀のほうがひどいですね。

銀市場は金に比べてとても小さな市場ですので、価格操作しやすいのです。金と銀は連動した動きをしていますので、ブリオンバンクは市場規模の大きい金価格がなかなか下がらない時に、外堀を固めるという戦法をつかってきました。つまり、銀や金鉱株を売りまくって、金を引きずり下ろすというやり方です。2007~2008年の期間でひどい時は、商業筋未決済ポジションの90%以上が2~3行の銀行玉というありさまでした。
最近、金鉱株が異常に弱いのもその一環でしょうか? もし、そうだとしたら、銀も破壊されましたが、彼らの作戦は失敗し、金はとてつもなく強いということになります。実際、金はあまり下げていませんので。また、下げてはいるものの、銀や金鉱株の動きと比較して見た場合、金は過去最高の強さを発揮しています。驚かれるかもしれませんが。これは金が通貨として輝き始めてきた証でしょう。単なる金属や商品であればここまで銀や金鉱株と乖離することは先ずないです。何れ金は手の付けられない暴れ者になるはずです。昔は、金鉱株が金に先だって上昇していましたが、今は時代背景が全く違いますので以前よりは上がりにくいかも。どちらかと言うと、これからは金が銀や金鉱株を上に牽引する動きになるかもしれません。



現在はどうか?

リースレート、LIBOR、GOFOの条件が金価格操作にとって不利な条件。つまり、やっても儲けにくい環境です。今は。新たな戦法でやっているのかもしれませんが、最近は目立った形跡なし。これらは金利差(スワップ)を利用した高度な取引なので今みたいに金利差がない時はうまみなし。

詳しくは、通常、金リースレート(金調達金利)よりLIBOR(ドル調達金利)の方が高いため、低金利の金を売却するのと同時にドルの先物買いをするという行為が利益につながります。つまり、金利差をかせぐわけです。これをレンディングと言います。

スワップやフォワードと呼ばれる取引で、これを応用したのが金デリバティブ(金キャリートレード)、FXなどです。実はFXも同じ類の取引なのです。毎日、限月交代(ロールオーバー)を連続して繰り返すスワップ取引です。

2012/05/13 12:20URL | 投資小僧[ 編集]

現物が1番
価格操作の狸(PPT)は金よりも銀の方が必死でしょう。中央銀行は銀は持ってないので金のようにリースして売却することが出来ませんから。
銀の現物はCOMEXの在庫の推移からして
もうすぐ無くなる(1年半位もつかしら?)
彼らにはもう退路がありません。少しでも弱みを見せれば価格急騰で壊滅します。最後の
最後まで、投資家を震え上がらそうと頑張る
しかないのでしょう。
最終的には、金と銀の現物所有が理にかなっているかと。狸が主催しているの金、銀のふりをした紙証文(ETF)は現物に向かう資金を吸収させるためのものだとしか思えません。
ETFの所有者が現物受けを申しでただけで
爆上げでしょうに勿体無い。
2012/05/13 13:03URL | サバイバル思案中[ 編集]


NY金・銀・XAU騰落率

http://blog-imgs-53.fc2.com/t/o/u/toushikozou/TRR.png

2012/05/13 14:47URL | 投資小僧[ 編集]


サバイバル思案中さん、こんにちは

投資の形は様々ですが、たしかに現物は少しでも持ちたいですね。

2012/05/14 17:53URL | 投資小僧[ 編集]


英ジョンソン・マッセイ需給報告

供給過多で今後半年間は平均1600ドルで推移(1450~1700ドル)の見通し




2012/05/14 19:18URL | 投資小僧[ 編集]


追記

上記、英ジョンソン・マッセイ需給報告は白金の見通しです。失礼しました。

2012/05/15 23:25URL | 投資小僧[ 編集]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012/05/16 16:49 | [ 編集]


○○さん、ごめんなさい。それはお答えできないです。すいません。
2012/05/16 20:13URL | 投資小僧[ 編集]


テクニカルの節目

東京金 3750円 3808円

http://blog-imgs-53.fc2.com/t/o/u/toushikozou/TGW12-5-16.png

目先、どこで下げ止まるかわからないが、現在典型的な売り相場の動きに。日数をかけてダラダラ下げるのが特徴。

NY金 1480ドル 1518ドル

値頃感による買いは危険。すでに中期波動が売り転換した相場である以上、買いはしっかり下げ止まったのを確認してから臨むべき。たぶん・・とか、経験則・・とかも危ないと思う。

上記の節目は買い場というわけでなく、現在の状況なら反発しても自律反発しか期待できないと思う。売り圧力が強すぎるので、しばらく買いは慎重に。今は何もしないで見守るのがベストだと思う。

2012/05/16 20:36URL | 投資小僧[ 編集]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012/05/17 06:26 | [ 編集]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012/05/17 21:53 | [ 編集]


○○さん、気になさらないでください。まっ いろいろ事情がありということで。


△△さん、こんにちは

いつも見ていただいてありがとうございます。ごめんなさい。質問の意味がもうひとつわかりませんのでより具体的に。

2012/05/19 10:41URL | 投資小僧[ 編集]


売りのトランスレーション

http://blog-imgs-53.fc2.com/t/o/u/toushikozou/CT-5-19.png

サイクル・トランスレーションからみた金相場の波動は全て売りの条件を満たしている。となると、3月以降の下げは調整波でなく下降波、ここ2日間の急反発は戻り調整波ということになる。下げ途中で出現する陽線に対する捉え方も上昇トレンドの時とは真逆の見方に・・ 興味ある人は調べてみてください。相場がはっきり好転したと判断できるまではけっこう時間がかかると思います。目先の急反発に惑わされないように。ファンダメンタルズは、QE3が期待されたりされなかったり、ギリシャ問題で金が買われたり売られたりで、数日ごとに目まぐるしく変わっています。今はこれらに過敏にならず、価格変化の方をしっかり見ていったほうがいいと思う。

本日のNY金総取組高を見ると、前日の取組が16891枚急増していた。これはアナリストの人たちが言うショートカバー主導によるものではなく値頃感の新規買いによるものだと思う。実は2月にも日柄の全く同じタイミングで16885枚急増している。しかも、今回とわずか6枚差。もし、2月と同じサイクルが繰り返されているのなら要注意。2月の時は取組急増の1週間後、1日で100ドル急落した経緯があるからだ。今回、日柄、増加した枚数がほぼ一致しているので、もしかしたら大量買い手は一緒だったりするかも。となると、2月末みたいに一瞬持ち上げてドスンということもありえる。あくまで私個人の妄想にしか過ぎないので気にする程度でどうぞ。

2012/05/19 11:19URL | 投資小僧[ 編集]


一目均衡表分析

通常の均衡表でなく、全てのサイクルを未来に先行させて金を分析してみた。

半年サイクルの次回節目が6月末に来るため、6月後半の安値(1480~1500ドル)を打診買いしてゆくというイメージを自分の中でもっていましたが、金の動きに黄色信号が点滅し始めている。

6月から3年9ヵ月ぶりに月足転換線が大幅に急落。このタイミングは大きな下げにつながることが多いので注意。

5月末の終値が1620.9ドル(先行スパン上限)を大きく下回って終わると、次のターゲットは1302.4ドルとなる見通し(1250~1302.4ドル)

その場合、東京金のターゲットは3429円(3200~3429円、下限3147円)となる。

今のところ均衡表が示唆するものは不安を感じさせるもの。5月・6月の終値が重要なカギとなりそうです。上がれば問題ないのですが、やはりここ2~3ヵ月ほどは相当慎重になったほうが良いと感じます。なんかジム・ロジャーズの見通しが当たりそうな雰囲気になってきてます。

おそらく6月20日のFOMCが最大の山場かも

個人的には1300ドル割れを死ぬ気で買いたいところですが・・

今は釣り人の気分でじっくり静観してます。
 
2012/05/19 14:30URL | 投資小僧[ 編集]

東京金
いつも楽しく読んでいます。
チャート以外の分析では東京金は買いシグナルがでています。
さあ、ポジショントークです。

2012/05/19 15:38URL | kt[ 編集]


ktさん、処ァ ???

2012/05/19 15:46URL | 投資小僧[ 編集]

投資小増さんへ
私のメールアドレスにメールしてくださればお教えしますよ
2012/05/20 16:18URL | kt[ 編集]



コメントを投稿












管理者にだけ表示を許可する



トラックバック


trackback URL


| HOME |



Copyright © 2017 投資小僧の金相場日記Ⅱ. All Rights Reserved.
template by nekonomimige & blannoin photo by Encyclorecorder
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。