市場間分析を基にした金投資に必要な情報をお伝えします
Winter Clock

One Snowy NightNatural Sound - Rc

広告


Real-Time Price - 2site

XC-3.png

Toushi kozou's channel


金価格・投資分析ツール


Mariah Carey

Open Arms I Don't Wanna Cry

広告


最新記事


▲pagetop

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

プロフィール(金太郎)

Toushi Kozou

Author:Toushi Kozou
猫と相場をこよなく愛する大阪人

投資の最終判断は自己責任  
でよろしくお願いします


ブログランキング参加中

   人気ブログランキングへ にほんブログ村 先物取引ブログ 金先物(貴金属先物)へ

CX-PORTAL:先物情報



来訪者カウンター


天気予報


  お薦め本(Amazon)

ぜひ読んで欲しい名著

     災害対策用品


     絶版の貴重な本


   RSSリンクの表示


   月別アーカイブ


▲pagetop

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






--⁄--⁄-- --:-- カテゴリー:スポンサー広告
▲pagetop








最強のフォーメーション


現在の金価格調整は、入るべきして入った調整。どんなに金が買われる環境であっても波の特性は変わらない。故に金は、暴落した時に買うのが基本だと思う。しかし、今は買うにはまだ早い。短期間で大きく戻した動きである故、その後の下落がきつくなるのは必然。おそらく、東京金先物価格で3200~3377円のレンジに入るまでは様子見が良いと思われる。すでに日足基準線の3528円を大きく割り込んでしまったため、目先の反発は戻り売りになり、再び下げてゆく可能性が濃厚。また、NY金で見た場合でも、昨年12月の高値1227.5ドルを超えた直後、すぐに1200ドルを割り込んだため、テクニカル的には「強気の落とし穴」と呼ばれる強い売りシグナルに変化している。テクニカル重視派のプロ投資家なら、まず今の状態で買うことはしないと思えます。しばらく安値が出尽くすのを待つのが賢明でしょう。目先のターゲットは1140ドル前後。そこに辿り着くまでの反発しやすいポイントは、日足基準線が通る1187ドルと週足基準線の1147ドル。1140ドル前後で底打ちする保障はどこにもないですが、仮に割り込んだとしても今後の強い上昇トレンドが崩れるとも思えない。理想を言うならば、もし、1140ドル前後で底打ちした場合は秋口にかけて「金価格の最強フォーメーション」が見られるかもしれない。このパターンは、波動の中心軸が横ではなく上に傾いたシンメトリカルトライアングルであり、長い時間をかけて形成される。そして、振動の収縮が極限に達した時、信じられないような垂直上昇を生み出す動きとなりうる。その場合、数か月で1500ドルや1800ドルといったとてつもない価格に辿り着くことも夢ではない。ドルを捨て、外貨準備金としてユーロを買い漁った各国中央銀行は、今回のユーロ暴落で、「もはやドルもユーロも信用に値する通貨にあらず」と身に沁みているはず。中国を筆頭に・・ となると、答えはひとつ。アメリカ発金融危機が世界中に連鎖し尽くす前に国家・国民が世界最強通貨の金を買い漁るのは必然。過去、白金やユーロ・ドルなどでも最強フォーメーションの動きが実際にあったのでチャートを以下に掲載しておきました。







       ポチッと押してね ⇒人気 Blog RankinG

       ポチッと押してね ⇒FC2 Blog Ranking







※ 記載しているチャートは全てクリック拡大できます
東京白金週足(2004年10月~2008年2月)
東京白金週足(2004年10月~2008年2月)





ユーロ・ドル週足(2004年5月~)
ユーロ・ドル週足(2004年5月~)





ユーロ建て金価格チャート(5年間)
ユーロ建て金価格チャート(5年間)





NY金週足Ⅱ(2005年12月~)
NY金週足(2005年12月~)





NY金週足Ⅱ(2005年12月~) - 2
NY金週足(2005年12月~) 最強フォーメーションの理想形
 





上記のフォーメーションは、あくまで理想形。現在、描かれているトレンドラインを上下どちらに抜けるかしばらく観察することにより、何れ動きは明確に見えてくるでしょう。トレンドラインは、波動の一定したリズムに時間軸が与えられることにより生み出されるものであり、平行に引いたライン上、または、角度を変えて引いたライン上で飛び跳ねたり、遮られたりしている動きは振動の周期が一定であることを示している。ラインの引き方は投資家によって様々であり、どれが正しいとは明確に言えず、自分なりの引き方で良いと思う。外部トレンドラインと内部トレンドラインが複雑にからみあい、あらゆる場所に支持ライン・抵抗ラインが存在する。以下、参考に







NY金週足(2005年12月~)
NY金週足(2005年12月~)





NY金週足(2005年12月~) - 2
NY金週足(2005年12月~) ラインが交わるのは1140ドル前後





東京金週足(2007年12月~)
東京金週足(2007年12月~)







       ポチッと押してね ⇒人気 Blog RankinG

       ポチッと押してね ⇒FC2 Blog Ranking







NY金日足(2009年8月~)
NY金日足(2009年8月~) 売りシグナル(強気の落とし穴))







欧州危機により、銀行間短期取引金利(LIBOR)は、高止まりしたまま、銀行間の疑心暗鬼状態は依然続いている。。反面、金リースレートは大きくマイナスに傾き始め、現在、GOFOは上昇中。GOFO上昇は金の売りを誘いやすい。以下、GOFO(2010年)チャート







GOFO(2010年) 







東京白金月足(2003年~)
東京白金月足(2003年~) ボリンジャーバンド







白金価格は月足チャートで見ると、ボリンジャーバンドのバンド上限で強く売りたたかれているのがわかる。現在、週足基準線の4622円も大きく割り込んでいるため、単なる調整ではないだろう。バランスは大きく崩れ始めているので、仮に反発したとしても買うにはまだ早く、今月発表された英ジョンソン・マッセイ社の需給発表も内容は弱かっただけに目先は弱い動きが予想されます。今後、4月26日につけた高値5304円を上抜くには、それなりに時間が必要と思えます。直近の高値5304円を今後の反発で早く上抜ける最低条件は、2月8日の安値4191円(波動の起点)を今後下回らないこと。下抜ければ、反発しても戻り売りになり、5304円を超える日はだいぶ先になるでしょう。後は、南アフリカの情勢次第か・・







(※)分析、見通しなどは私独自の調査・手法によるものであり、完全なものではありません。最善を尽くしていますが、保障できるものではないため、投資最終判断は自己責任でよろしくお願いします。






 ☆ ブログランキング参加中! 応援のクリックよろしくね ☆



  クリックしてね↓
   
  応援よろしくね↓
  人気ブログランキングへ
  もう~ひと押し↓
  

           
  応援ありがとうございま~す♪






2010⁄05⁄21 06:50 カテゴリー:GOLD comment(19) trackback(0)
▲pagetop












コメント



小僧様
一年ほど前から、拝見し参考にさせていただいております。
本日、金が 1180$を割ったところで、売り玉を仕切りました。1170$近辺に一つの壁を感じていた為です。

次は、買えるところを探しですが、1140$を割り込んで上げのエネルギーをため込んで欲しいところでが、それより早く上昇に転じそうに思いますが?
2010/05/21 17:05URL | 散歩道[ 編集]


投資小僧さん

今回も読みごたえのある記事ありがとうございます。長期上昇トレンドは間違いないでしょうね。円高もあいまって、よいタイミングで急変に対応できました。

ところで、小僧さんに質問なのですが、最近、海外ネットラジオ・一部サイトなどで盛り上がっていたのですが、paper goldでなく、金の現物を持つべきだ、なぜなら、先物市場はありもしない金を売っているからだ、その比率は現物を1しか所有していないのに、100のpaper goldを売買しており、counterpart riskがあるから現物の保存が望ましい的な、論調を耳・目にする機会が結構ありました。個人的には、現物をもつと、売買の機敏性=急激な価格変動への対応を損なうリスク、現物の保管場所の確保のリスクがあるので、あんまりピンときません。ペーパーゴールドをもつと、ある日突然、金地金の引き出し要求にあった、胴元が、要求にこたえられずに、デフォルトしてペーパーゴールドが無価値になるなんてことは想定しておくべきでしょうか??私はこういった主張は行き過ぎた極論に感じます。

小僧さんはどう思われますか?
2010/05/21 21:04URL | AKI[ 編集]


ずうずうしくも、小僧さんにもうひとつ質問が。

小僧さんは、貴金属だけでなく、株式にもお強いのでしょうかと勝手に推察したうえでの質問ですみません。

最近の株式市場の下落は、買う企業さえ間違えなければ、買い時に思えますか?連れ安であまり合理的と思えない下落をしている株がいつくかあります。

それともテクニカル的には、7000-8000のレンジに突き進んでいく重力が働いてしまっているのでしょうか?

2010/05/21 21:21URL | AKI[ 編集]


散歩道さん、こんにちは


そうですね 私もこのあたりで反発して青天井相場になってほしいと思うのですが・・ 私は、基本、金に関しては強気であり、金にはもっと早く強く上がってほしいという気持ちでいっぱいです。そもそも金ブログを書いているのも、金には絶対的な価値を感じているからです。ただ、短期的な動きは、なかなかそういう期待に相場は応えてくれないことが多いですよね。今回の動きも、ユーロの破壊により、どこまでも金が上がり続ける特別な環境が訪れていると信じた人も多かったのではないでしょうか。新聞やテレビもけっこう騒いでいますし。というわけで、自分の希望的な感情などは一切排除して、あくまで、統計・確率・波動の特性・技術的(テクニカル)などを使った現状の分析をもうすこし細かくここに書き留めておきます。あくまで参考程度に


夜間取引の動きを無視した日中取引のNY金日足チャートを見た場合、昨年12月につけた1227.5ドルを5月に上抜いた後、1227.5ドルより上の価格帯で窓を両脇に形成したアイランド・トップ(離れ小島)が完成。これは転換のシグナルになり、再び1227.5ドルを下回ることで強い売りシグナルとなります。これは技術的にだましのブレイクアウトシグナルと言われ、ダブル・トップ形成の初期段階となる。技術的な売買を得意とする投機集団なら、あらかじめ1227.5ドルを超えた時点で、再び1227.5ドルを割り込めば、売りがヒットする逆指値を入れているはずです。その後の動きは、本日、一番最初の支持線(一目均衡表の基準線と短期トレンドライン)である1187ドルで止まることができず、一時1166ドルまで下げ、1176ドルで終わっています。このようなバランスが崩れた状態になると、どんなに強い相場でも、ダブルトップの真ん中にあるコブまで下がるのが一般的であり、普通なら、その下のあるネックラインまで下げます。そして、ネックラインで反発するか下回るかで明確に上下のトレンドが決まります。現在、コブの位置は1140ドル前後であり、1147ドルに週足の基準線(支持線)が走っています。ネックラインは1065~1070ドル(6月末まで)にあります。よって、1140ドル前後という数値は、あくまで最低ラインの底打ちポイントであり、強気のフォーメーションに移行してほしいという私の理想論に過ぎません。私がここで反発して欲しいというラインが1140ドル前後というわけです。ですので、1065~1140の範囲内まで下げる可能性が一般的な分析から見ると、まだ十分にありえるわけです。国内も海外も今週の下げはかなり強烈だったので、オシレーターは短期的に売られすぎのシグナルが出ています。目先、多少反発するかもしれませんが戻り売りになるでしょう。支持線は近いところで、NY金週足の転換線1167ドル、東京金週足の基準線3377円があります。今週、ほぼ近くまで達成していますので通常なら短期の戻り反発が入りやすいポイントです。注意点は、月末の動き。5月31日に1181ドルを割って終わった場合、月足チャートは上髭陰線となり、6月の下げは深くなる可能性があります。ターゲットは先ず転換線の1118ドルですね。


上記はあくまでもデータなどから探った一般的な分析です。はっきりとどうなるかわかりませんが、「今回は特別な環境だから」という感情が入ると、これらの分析はないに等しくなりますので、最近、私自身はそういう感情をもたないようにしています。個人的にはここは下手に手を出さず観察する場面だと思っています。現物で買いを狙ってる方なら、待ったほうがいいでしょう。我慢できないというのなら、先物価格の3377円付近で少量の打診買いはしてみてもいいとは思いますが、私個人としては3200円台前半が出ない限りは買う気になれないですね


2010/05/22 07:17URL | 投資小僧[ 編集]


AKIさん、こんにちは


あきらかに行き過ぎた極論だと思いますよ。私自身は現物派ですが、先物でも現物でもETFでも何でも問題ないと思います。自分のニーズに合わせたものを選ぶのが最適だと思いますのでこれが一番いいとは言えず。それよりも、どこの会社で買うか取引するかの方が大事だと思いますね


株式はそんなに強くないですね~ 以前は株一本の投資でしたが、今は指標を見る程度ですので、あまり期待はしないでくださいね。すでに円安トレンドの入口にいますので、日本株は個人的には買いだと見ています。ドル円も18カ月移動平均線(向きは横ばい)を一度月末明確に上抜けてますから、激しい振動を繰り返しながら、年内、先ず1ドル=100円は目指してゆくと思います。その次は110円。現在は85~95円のレンジで底値形成中。このレンジ内は日本株の絶好の買い場だと思うのですが。日本株も18カ月移動平均線の上で飛び跳ねていますのですでに上昇トレンドに変化していると思います。ちなみに現在の18カ月移動平均線の位置は9667円。移動平均線の向きは上に変化しているので9667円前後は買い場でしょう。とりあえず、抵抗体である12000円を年内目指すように感じます。来年はどうなるかわかりませんが・・ 今年、8000円を割ることはないのでは 1ドル=50円とか、日経平均3000円とか極端な悲観論もよく見聞きしますが、ないと思います。
2010/05/22 08:04URL | 投資小僧[ 編集]


どてんさんこんにちは


85~95円のレンジでもうしばらくドル・円は揺れ動きそうです。ついに1170ドル以下に突入しましたね
2010/05/22 13:42URL | 投資小僧[ 編集]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010/05/22 15:15 | [ 編集]


投資小僧様、先日は大変明快かつ鋭い分析有り難うございました。
金、白金共今回の急落を余裕を持って冷静に対処する事が出来ました。
もし、小僧様のアドバイスが無ければ特に白金の凄まじい暴落に飲み込まれてたと思います。
本当に感謝の気持ちで一杯です。
さて、白金は3ヶ月間積み上げてきたものを1週間程で一気に暴落させる程凄まじかっただけに、このあたりが止まり目かどうか判断に苦しむ所です。
小僧様の分析では金はまだ下値余地が有りそうなので白金も同じくまだ下値が有りそうでしょうか?
ひょっとしたら4000円以下を示現するとか…。
いつもあつかましいお願いばかりで恐縮と存じますが、白金の下値の目処等ご教示頂けると有り難く存じます。
2010/05/22 19:02URL | ラミレス[ 編集]


ラミレスさん、それを聞いて安心しました。


しかし、すごい下げでしたね。チャートから見ても、その兆候はありましたので、想定内の動きでしたが、まさか一週間でここまで下げるとは・・ 恐ろしい・・ ちなみに、今、私の中での今後のイメージは、まだ漠然としています。すいません。まだはっきりと見えず。しばらく観察しないと何とも言えない重要な値位置にいます。J・Mの弱い発表があった後の暴落だけに、買い方の気持ちは折れてしまっていると思います。急速な反発が入れば、我先に売り逃げるでしょう。今の状況だけお話すると、2008年冬に底打ちしてから、久しぶりに週足の基準線を大きく下回りましたので、警戒信号点灯。かろうじて、直近の安値4191円を維持している状態です。24日、21日の安値4204円を割らなければ、一度反発すると思います。オシレーターは売られすぎを示していますので日足基準線の4754円、もしくは、それより少し上まで急速に反発してもおかしくないと思います。しかし、その後、再び戻り売りにあい、4200円台を試す底値探りがあるかと。そこでダブルボトム(二番底)を形成すれば、4200円前後のラインが支持線となり、底形成、反転という希望的観測イメージです。ただし、4204円を下回り、さらに4191円を割ると、次の目標値は3800円台に・・ 基本、金と連動すると思いますが、上がる時も、下がる時も、金より大きいのは変わらないと見ています。テキトーに聞き流しといてくださいな。長期は強気見通しで変わりなしです。問題は、4200円前後が底になるかどうかの見極めですねー こういう時は超短期の打診買いか、二番底狙いの買い待ちしかないと思えます。白金の急落は基本買いですが、底打ちシグナルの兆しを確認してからの買いがベスト  


2010/05/22 21:15URL | 投資小僧[ 編集]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010/05/23 12:26 | [ 編集]


ロンドンの始まりで1190$まで戻してますね。
1200$に近づけば、下げの体制できあがりでしょうか?
ちょっと上がって、ズズッと下げる感じ。
ここの当たりは豊島さんと同じ考え。

下がった所、しかもどの辺で拾えるかがポイントになるのだと思います。
貴金属のチャートを見続けてちょうど30年目。
神様のくれたチャンスになるのかなぁ?と楽しみに待ってます。
2010/05/24 17:24URL | 散歩道[ 編集]


散歩道さん、おはようございます

貴金属のチャート見て30年ですか・・ 恐れ入りました。私はせいぜい10年ですね 

さて、マーケットの方ですが、スペインや北朝鮮問題で再び金に資金が流入。実需の買いは1200ドル以下で少しずつ出てきているとか ただ、アジア筋はもっと安値の1130とか1150とかそのあたりで買いたいみたいですね 安値待ちといったところでしょうか。SPDR金ETFは、現在、買い残が1267.6トン すでに中国の国家保有量を凌ぐほどに増えました。今月だけで108トンの増加。金ETFは、金価格が上げてる時も下げてる時も増える傾向にあり、特に高値圏では急増する特徴が最近見られます。駆け込むような需要が見られた時は要注意ですね!

白金の戻りが弱い・・ 中途半端な値位置で見通したたず 静観
2010/05/27 10:14URL | 投資小僧[ 編集]


どなたか教えて下さい。
今年ネット上で読んだ話ですが、米国が新ドル札を発行するらしいのですが、いつなのでしょうか?

高橋靖男氏の本を読むと、米国が金本位制に復帰するのが2010年~12年だろうと予想しています。
もしかしたら、新ドル札発行と同時に、オバマ大統領による金本位制宣言が今年か来年に行われるのでしょうか?
2010/05/29 12:51URL | 末っ子[ 編集]


末っ子さん

新100ドル札のことなら、もう出てまよ♪
http://jp.wsj.com/Economy/node_53673



2010/05/30 16:25URL | AKI[ 編集]


AKI様 ありがとうございます。

新紙幣は来年2月10日から流通する。
現在流通している100ドル札はそのまま使用できる。

偽造防止のために新ドル札を発行するのに、旧ドル札もそのまま使用できるなんて、去年12月に出版された高橋靖夫氏の本を読むとゾッとしますね。

2010/05/30 16:57URL | 末っ子[ 編集]

黒い雨
投資小僧様 お久しぶりです。

僕は目先の騰がった、下がったという事ではなく、中長期ではどうかという観点から考えているので目先の浮動した状態に一喜一憂せず戦局を見ていきたいと思います。

アメリカのメキシコ湾の原油流出事故は中年さんのblogでも記事が出てるくらいなので恐らくかなりマズイでしょう。昔日本で原爆をテーマにした「黒い雨」という映画がありましたが、アメリカの大地に黒い雨が降るのでしょうかねえ。だとすれば穀物相場は史上最高値を更新するでしょうし、恐らくコモディティー全般も暴騰するでしょう。

それだけでなくイスラエル、北朝鮮という有事のリスクもありますね。これらがチャートに与える影響はあると思いますでしょうか?


ご見解を伺えれば幸いです。
2010/06/05 15:07URL | Stein[ 編集]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010/06/05 15:44 | [ 編集]


投資小僧様!ご無沙汰しております。

金も白金も今一方向感のない動きをしておりますが、短期的には如何なものでしょう?
貴殿の相場感をご教示頂ければ有り難く存じます。
宜しくお願い申し上げます。
2010/06/11 20:06URL | ラミレス[ 編集]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010/07/09 22:28 | [ 編集]



コメントを投稿












管理者にだけ表示を許可する



トラックバック


trackback URL


| HOME |



Copyright © 2017 投資小僧の金相場日記Ⅱ. All Rights Reserved.
template by nekonomimige & blannoin photo by Encyclorecorder
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。