市場間分析を基にした金投資に必要な情報をお伝えします
Winter Clock

One Snowy NightNatural Sound - Rc

広告


Real-Time Price - 2site

XC-3.png

Toushi kozou's channel


金価格・投資分析ツール


Mariah Carey

Open Arms I Don't Wanna Cry

広告


最新記事


▲pagetop

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール(金太郎)

Toushi Kozou

Author:Toushi Kozou
猫と相場をこよなく愛する大阪人

投資の最終判断は自己責任  
でよろしくお願いします


ブログランキング参加中

   人気ブログランキングへ にほんブログ村 先物取引ブログ 金先物(貴金属先物)へ

CX-PORTAL:先物情報



来訪者カウンター


天気予報


  お薦め本(Amazon)

ぜひ読んで欲しい名著

     災害対策用品


     絶版の貴重な本


   RSSリンクの表示


   月別アーカイブ


▲pagetop

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






--⁄--⁄-- --:-- カテゴリー:スポンサー広告
▲pagetop








ドル不足が止まらない


金相場は未だこう着状態が続いているので動きが出るまで待つしかありませんが、今日は金融市場全体の動きを書いてみたい。この数ヵ月、金融機関はお互いの「安全性」に不信を強め、資金市場ではドル不足が深刻化している。それによりドルは買われドル高ユーロ安も止まらない。いったいこのような状態はいつまで続くのか・米ドルLIBOR(ロンドン銀行間短期取引金利)も全く下がらない状態が続き、欧州でのドル資金調達コストはリーマン・ショック以来の水準まで高騰している。年末を乗りきれるかどうかの瀬戸際に立たされている金融機関もあるほど。欧州の問題は良くなるどころかますますひどくなり、一時的に応急処置をほどこしても根本解決には至っていない。むしろ、隠れていた新しい膿がどんどん表面化している。このままでは本当にユーロは崩壊するのかもしれない・・






米ドルLIBOR(3ヵ月物)
米ドルLIBOR(3ヵ月物)







金融機関のドル調達に係るリスク資産換金売りが未だ止まらず。テクニカルはユーロが底抜けするかどうか、また、世界の株式市場でも、これ以上下がれば崩壊するかどうかの一歩手前。現在の値位置で価格を維持できるかどうかが運命の分かれ道だと思う。







ユーロドル-2011-11-26











SENSEX-2011-11-26.png





ドル指数-2011-11-26







金市場



2週間前の総取組高(COMEX金先物市場・未決済玉)の残高は464610枚でしたが、現在442641枚と急減しています。今週の米感謝祭に伴う整理売りなら問題ないのですが、今後も減り続けるのであれば、要注意です。今週、価格は下がりましたが、未だ中期上昇トレンドは崩れていません。価格の位置はちょうど節目であり、方向感もはっきりしていません。また、今月の月足(チャート)が陰線で終わるのであれば要警戒(売りサインではないが前兆になりやすい) 陰線で終われば、長大陽線⇒長大陰線⇒陽線⇒上髭陰線の天井を打ちやすい組み合わせとなる。8月の長大陽線では取組高急減により「踏み上げ」の暴騰が起きている。その後、暴落によりさらなる取組高急減が起きた。途中反発が入っても、まだ今後の上昇に期待を持たせるような形にはなっていない。しばし静観。







取組-2011-11-26





NGDI-2011-11-26





NGDⅡ-2011-11-25









NY金日足チャート(COMEX直結/20~30分遅れ)



① NY金日足LONGチャート(50日・150日MA)
② NY金日足12月限MEDIUM
③ NY金日足12月限SHORT

※12月限は12月末まで閲覧可能(納会日まで)

④ NY金日足2月限MEDIUM
⑤ NY金日足2月限SHORT

※2月限は12月から中心限月となります。



※上記をクリックしてエラー表示になる方は以下をお読みください



エラー表示の例






リアルタイムNY金 Spot価格チャート(Saxo Bank)



⑥ Gold Wars ~ Revival



上記のチャートは、分足・時間足・日足・週足・月足、全て見ることが可能で完全リアルタイム。チャートにトレンドラインを引いたり、テクニカルの設定など幅広い調整に対応しています。



解説



X0121.png







アストロロジー(金融占星術)



現在、水星逆行期間(11/24~12/13)に突入。この期間、  金相場は方向感を失い振動する保ち合い相場に陥りやすい。

水星逆行とは ⇒ 解説





テクニカル用語(解説にはとても重要な基本事項が・・ 



レジスタンス(抵抗線)を上抜けることをブレイクアウト、サポートライン(支持線)を下抜けることをブレイクダウンと呼びますが、このブログではどちらに抜けてもブレイクアウトで統一しています。⇒解説







三角保ち合い中のトレードの難しさ



相場の途中道中で必ず訪れる三角保ち合い 保ち合い形成中はトレンド(方向性)がはっきりしている時とは違って、トレンドフォロー(上がれば買う、下がれば売る)の方法は通用しなくなる。保ち合い上限ラインまで上がれば売り、保ち合い下限ラインまで下がれば買うという逆張り投資が一番ベストな張り方となるが、言うは易く行うは難し。人は恐怖心からこの逆の行動をとりやすい。また、この保ち合いのどちらかに抜けたとしても、抜けた瞬間はダマシに終わり再び保ち合いに戻ることも多い。抜けてすぐブレイクアウトと判断するのは危険である。さらに、三角保ち合いは先端に近づくほど、より狭い範囲での振動は激しくなる。この時、相場のファンダメンタルズ(経済要因や需給など)は一切通用しない。ここで投資初心者がデイトレなどの投資をやれば精神異常をきたすほどの混乱に陥るでしょう。つまり、この部分では売買してはいけない、手を出してはいけないというのが基本(訓練を積んだベテランは例外だと思いますが)です。 保ち合いの上下ラインを完全に抜けきるまで新規の仕込みは危険だと考えたほうがいいでしょう。そして、この保ち合い形成中に相場はエネルギーを溜め、どりらかに抜ければ大きく動く(エネルギーの解放)というのが基本の動きであり、その後はトレンドフォローでついてゆくというのが一般的なセオリーです。ただこのセオリーが通用しない時があります。それは数年にわたり上昇や下落波動が一方的に動いていた時。これらが大きな転換点を迎えている時、巨大な三角保ち合いが形成されブレイクアウトの大きな動きが起きたとしてもそれがダマシに終わり三角保ち合いから巨大なダブルトップやダブルボトムに移行することがあるからです。となると、投資家にできることはしばらく静観するしかありません。







トライアングル







トライアングルⅡ








三角保ち合いブレイクアウトの例





三角保ち合い0





三角保ち合い2





三角保ち合い3







意地悪な相場




ブレイクアウト




 

       ポチッと押してね ⇒人気 Blog RankinG

       ポチッと押してね ⇒FC2 Blog Ranking







(※)分析、見通しなどは私独自の調査・手法によるものであり、完全なものではありません。最善を尽くしていますが、保障できるものではないため、投資最終判断は自己責任でよろしくお願いします。






 ☆ ブログランキング参加中! 応援のクリックよろしくね ☆



  クリックしてね↓
   
  応援よろしくね↓
  人気ブログランキングへ
  もう~ひと押し↓
  

           
  応援ありがとうございま~す♪






2011⁄11⁄26 21:25 カテゴリー:GOLD comment(28) trackback(0)
▲pagetop












コメント



こんにちは。
ユーロ→円→ドルの順に崩されるのでは?
ギリシャはゴールドマンが関わっていたようですし・・
ドルが崩れた後、金が出てくるように思うのですが。
いづれにせよ、誰かがしかけているでしょうし、巻き込まれないように注意が必要だと思っています。

2011/11/27 16:48URL | 通りすがり[ 編集]


通りすがりさん、こんにちは

そんな感じで崩れそうですね ドルに関しては何とも言えず。米国債が格下げされて買われている環境ですから、意外とドル高がしばらく続く可能性もありかと。米国で何かしらの問題が勃発してもドルに資金逃避が起きたということが過去に起きていますので、このあたりも慎重に見るべきかなと思います。



記事は、またチャート中心になってしまいましたがすいません。時間的な事情で・・ 何れ、おもしろい記事を書きたいと思ってますのでしばしお待ちください。

2011/11/27 17:14URL | 投資小僧[ 編集]


ユーロ圏首脳、ECBに国債買い入れ継続要請へ ドイツは反対


ユーロ圏首脳は、イタリア・スペイン国債市場の下支えに向け、流通市場で国債買い入れを継続するよう欧州中央銀行(ECB)に要請する見通し。ロイターが25日入手した首脳会議の声明草案で明らかになった。だがドイツはこれに反対している。草案は「ユーロ圏の物価安定の確保に向け、ECBの措置を完全に支持する。これには、現在の例外的な金融市場の環境下における非標準的措置が含まれる」としている。

欧州連合(EU)筋は、「非標準的措置」とは、ECBが流通市場でディストレスト債とみなされるユーロ圏ソブリン債を買い入れることを意味していると説明した。これに対し、メルケル独首相はすぐさま反発。記者団に対し、政治家がECBに何をすべきか指示するのは好ましくないとして、草案の文言を「ドイツは受け入れていない」と反論した。

また文言は「流通市場での国債買い入れがあり得ると言明しているわけではなく、単に非標準的措置の継続に言及しているだけ」とし、声明文が深読みされ過ぎていると批判した。その上で「ECBが何をしたいのか、明確にする方向で交渉している」とし、「政治家がECBに(具体的な)何かを期待しているとの誤解がないようにしたい」とした。ただエコノミストの多くは、ユーロ圏の債務危機脱却には、ECBとECBの流動性支援措置を危機対策の柱に据えることが不可欠と指摘している。(25日ロイター)



ドイツはハイパーインフレを経験した歴史がありますので、自転車操業の怖さを一番わかっているかも・・

以下は2008年に書いた記事です。ちょっと古いですがご参考に

http://sunsetmoon2020.blog61.fc2.com/blog-entry-505.html

いつか、そんな遠くない日に、国債乱発のつけが何らかの形で来るのでしょうね

金は龍が天を舞うがごとく上がっているかもしれません・・・

2011/11/28 00:59URL | 投資小僧[ 編集]


金の恐怖指数GVZが急落中

金ETF(SPDR GOLD SHARES)のオプション取引価格をベースにした「GVZ指数」(CBOE金ボラティリティー指数)

http://blog-imgs-43.fc2.com/t/o/u/toushikozou/GVZ.png

2011/11/28 02:59URL | 投資小僧[ 編集]


投資小僧様、金の恐怖指数暴落は何を意味するのでしょうか?
つまらない質問てスミマセン。
2011/11/28 13:39URL | ラミレス[ 編集]


ラミレスさん、こんにちは

株の恐怖指数VIXと同じようなものだと考えてください。GVZが上昇すると、投資家の不安心理が高まり、金が買われ、下落すると、それらの不安が低下し金も下がることが多いようです。あくまでも目安です。常に連動しているというものでもありません。参考程度に

ちなみに、VIXとはシカゴ・オプション取引所(CBOE)のボラティリティ・インデックスのことで、米国の株価指数であるS&P500指数のオプション取引価格をベースとしています。

2011/11/28 16:40URL | 投資小僧[ 編集]


NY金日足テクニカルチャート

http://blog-imgs-43.fc2.com/t/o/u/toushikozou/N7.png

2011/11/28 20:48URL | 投資小僧[ 編集]


小僧さん

日銀やアメリカ、欧州の中央銀行などがドル供給を拡大するようです。

QE3のようなものでしょうか?

動きが激しくなってきました!
2011/11/30 23:32URL | ベリー[ 編集]


NY金月足
取り合えず天井打ちは回避
東京は微妙な感じですね
来年春の最後の円高を示唆??
2011/12/02 09:51URL | アルピーヌ[ 編集]


ベリーさん、こんにちは

QE3とはまた別物 例えると、現在、銀行間で疑心暗鬼になり、銀行間のマネーのパイプ(金融の血管)が動脈硬化を引き起こしている状態です。その血液が流れなくなっている状態の中、世界の主要中銀が血流の蛇口を開いて一時的に血の流れを良くしようとしたわけです。効果があるならば、米ドルLIBORは下がります。しかし、依然高止まりしたまま。これは根本的な解決にはならず、短期的な心理的効果しか出ないと思います。2008年の金融危機時にも同じことは何回かやってます。やはり、強い効果を出すためには米国も欧州も米QE3と欧QE1を同時にやる必要があるかもしれません。ただ、これにはリスクが伴います。インフレです。景気が悪い時に起きる悪性インフレはますます景気を悪化させるため、米国も欧州もそれを引き起こさないようにかなり慎重になっているのではないでしょうか?マーケットは催促していますが・・ 米国は12月の雇用統計で失業率が久しぶりに9%を下回りましたのでQE3の可能性は遠退いたように見えます。欧州はこの先どうなるか不明。

金にとって悪材料が出たら、欧州が応急処置の政策を出して金が買われるという「もぐら叩き」のような状態がずっと続いています。その結果、金の動きは振動しているだけで方向感なし。まだ、しばらくこんな動きが続きそうですね。事の成り行きを見守るしかなさそうです。

ファンドも迷っているような行動が目につきます。先週の米感謝祭前に一度大きく取組が減り、感謝祭後の動きに注目していましたが、感謝祭後も取り組みは大きく減少しました、ついに43万枚を下回る426527枚になりました。買いも売りも同時に大きく減少。身動きがとれないようですね。


アルピーヌさん、こんにちは

月足は月末ギリギリで大きく上昇しましたので売りシグナルは回避。東京もNYも弱くないです。日足では50日移動平均線が横ばいに変化してきましたので短期では一度ペナントを上に抜ける可能性もあると思います。テクニカルは2008年と比較すると、現在の方が強気です。しかし、上に抜けたとしても、しばらくは判断に苦しむ状態が続きそうです。今のペナントが次なる上昇のためにエネルギーを溜めているのか、それとも天井を形成するためにペナントを形成しているのか・・ 今は判断が難しい・・ 

2011/12/05 03:28URL | 投資小僧[ 編集]


シカゴコーン週足

http://blog-imgs-43.fc2.com/t/o/u/toushikozou/CGC.png

あまり参考にならないかもしれませんが、上記から、価格と取組の関係、および天井ではどういう動きをしているのかを読み取ることができると思います。大きく下落した後、すぐに前回の高値付近まで戻したからと言って、それが強気とはすぐには言えないんですね。本当に強気かどうかはある程度時間が経過しないとわからない難しさがあります。

2011/12/05 03:51URL | 投資小僧[ 編集]


金は水星逆行期特有の動きに

http://blog-imgs-43.fc2.com/t/o/u/toushikozou/NG126.png

三角保ち合い形成中

COMEX金先物総取組高が再び減少
前日比5459枚減の421068枚に

超短期売買が中心になりつつあります。
ファンドは金から撤退???

2011/12/06 14:13URL | 投資小僧[ 編集]


NY金、三角もちあいの動きがだいぶ煮詰まってきました。相変わらず、相場特有のいやらしい動きが続いています。ここを割るとやばいという命綱ラインをギリギリ渡り歩くという展開に。金なら、いつもはこの正念場で耐えるのですが、今回は如何に? テクニカルの指標は弱気サインが増えつつありますが、現状はまだ三角もちあい(ペナント)の上下どちらに抜ける可能性もあります。

http://blog-imgs-43.fc2.com/t/o/u/toushikozou/NG-12-9.png

うーん こういう動きばかりするのは勘弁してもらいたいところですが・・それだけ市場環境が投資家にとって気迷いしやすい状態なのでしょう。相変わらず同じことばっかり言ってますが、こういう時って静観して待つしかないんですねー 

個人的な相場観は、短期では買いたくない相場。例え短期的にペナントを上抜けしても(1800や1900ドルつけても)しばらく様子を見たい思いです。もし、大きな調整(目標1100~1300ドル)がこの先入れば強気で買ってみたい。長期は超強気。東京金は何れグラム1万円を軽く超えると勝手に妄想しています。消費税対策にもなりますし、円建て金の未来はかなり明るいのではないでしょうか

2011/12/09 18:19URL | 投資小僧[ 編集]


満月にも関わらず 上がれませんね

こんな記事も
HFのカイルバス氏 
今後数カ月以内に日本国債が危機に陥る可能性があると指摘
http://www.gurufocus.com/news/154556/kyle-bass-third-quarter-letter-imminent-defaults
2011/12/10 07:18URL | アルピーヌ[ 編集]


追記
カイル氏は日本売りHFですから話半分として
大方の予想は 2014年頃から問題になるとか

mufg宮田氏の分析では
日本長期金利は せいぜい2%程度まで
大きく上昇するとすれば
次の長期サイクル(2020年以降?)
と見ているようです

2011/12/10 08:32URL | アルピーヌ[ 編集]


こんにちは。

各国、金融界、牛耳っている方々、それぞれが何故かバラバラに感じます。
方向性が定まってないという感じで・・・?

何か自然の大きな流れに晒されてジタバタしてるのかなぁ?

変な事書いてすみません。
2011/12/10 12:58URL | 通りすがり[ 編集]


アルピーヌさん、こんにちは

数ヵ月以内に起きるかどうかはわかりませんが、少なくとも何れ日本国債に危機が起きるんじゃないかな??

通りすがりさん、こんにちは

バラバラなのはそれぞれに政策を同調させる余裕がもうほとんどない証なのではないでしょうか?今までは世界で何か問題が起きれば危機を脱出するためにそれぞれが同調して解決してきました。しかし、今は皆がひん死の状態なので相手を救う余裕がない。これは戦後最大の危機だと感じます。

2011/12/12 17:52URL | 投資小僧[ 編集]


NY金の動き、ちょっとまずいかも・・
死んだふりして、終値できっちり復活するのか、そのまま落ちて行くのかきわどい局面!

http://blog-imgs-43.fc2.com/t/o/u/toushikozou/NGD-12-12.png

2011/12/12 17:56URL | 投資小僧[ 編集]


明日で水星逆行期も終わり。毎度、投資家の心を揺さぶるいやらしい動きをやってくれます。しかも、逆行終了日は図ったかのようにFOMC。FOMC後は動きがはっきりするかもしれません。

2011/12/12 18:04URL | 投資小僧[ 編集]


NY金、下方へテクニカルブレイクアウト
オシレーターはまだ売られ過ぎを示さず

http://blog-imgs-43.fc2.com/t/o/u/toushikozou/NGD-12-12a.png

後は中期上昇トレンドの支持線(150日MA)を維持できるかどうか・・ 現在のポイントは何が何でも維持しなければならない価格帯です。明日のFOMCも重要イベント。9月、10月、そして今日 これで支持線を試すのは4カ月間で3度目。現在の金は崖のはしをギリギリ歩いているような感じです。今のポイントを深く割り込んでしまうと、今後、例え1800ドル以上に復活しようとも、50日MAと150日MAが下方へ向きを変えデッドクロスする確率は高まります。その場合、戻り高値は二番天井のダブルトップを形成しやすくなってしまう見通し。現物ベースの買いがしっかり入っているにも関わらず、価格が上がらないところを見ると、やはり金融市場全体の環境が相当悪いと言わざるをえません。COMEXの取り組みは減る一方でファンドは金から目を背けた状態になりつつあります。今は下手に手を出さずマーケットを静観し続けましょう。それがベストだと思います。待てばチャンスは来るでしょう。

2011/12/13 00:06URL | 投資小僧[ 編集]


NY銀、依然売りトレンドのまま

http://blog-imgs-43.fc2.com/t/o/u/toushikozou/NSW-12-13.png

底打ちするまで時間はかかりそう 現在、ダブルトップの小脇で右肩を形成中。

2011/12/13 00:38URL | 投資小僧[ 編集]


こんばんは。いつも貴重な情報ありがとうございます。
少ない現金を握りしめ、現物買い増しのタイミングを待つことにします(笑)
2011/12/13 00:56URL | のり[ 編集]


  小僧様

 金の価格が動いた様なので、真っ先に小僧
 様のコメント欄をのぞきました。
 細かく状況を説明して下さってたので
 嬉しかったです。
 もう少し様子を見たほうがいいのですね?
2011/12/13 01:02URL | 初心者のひまわり[ 編集]


こんにちは、いつもお世話になっています。G現物一旦換金もありですか? 
 
 

2011/12/14 15:32URL | sa-ko[ 編集]


のりさん、こんにちは

気ながーに待ったらいいことあるかも

初心者のひまわりさん、こんにちは

そうですね! こういう時はその方がいいと思いますよ!

sa-koさん、こんにちは

うーん・むずかしい 長期トレンドは崩れる気配がないので、保有するのもよし。一旦売却するのもよし。今買うのは全くすすめられませんが、換金する時期は個人それぞれの感覚でいいんじゃないでしょうか? 

大事な局面ですが、記事、なかなか更新できなくてすいません。コメント欄で簡単に失礼します。

先日、重要支持線を下抜けて、金の急落が続いています。保ち合いの上下どちらかに放れて一方的な動きをする時は、それまで蓄積された取組のエネルギーが解放されたと考えてよいでしょう。ダマシの時はすぐ戻りますが、今回はあらゆる重要支持線をあっさり下抜けてさらに急落していますので、中期トレンドは下向きに動き始めた可能性がさらに高くなったと思います。今後起きるであろう戻り反発はファンドによる新規売りのターゲットになる可能性が大。現在、NY金は200日移動平均線(単なる支持線)に接触し、売られ過ぎの領域に入ってきましたので、そろそろ戻り反発が入るかもしれません。ただ、ここまで来るともう買える相場ではないと思います。まだ本格的な急落は先だと思いますが警戒はさらに強めたほうがいいでしょう。意外と簡単に崩れるかも。一方、相場は弱気ゾーンに入っていながらも、しぶとく持ちこたえる可能性も若干残っています(可能性としては低めとみて下さい) それは、現在、NY金週足ボリンジャー(-2σバンド)が1583ドルなので、この価格以上でしぶとく持ちこたえることが条件。もし、週末にこの価格を深く割って終わると力のバランスは完全に下向きへ崩れ、1100~1300ドルのゾーンに入ることは避けられない見通し。日足で50日MAと150日MAがデッドクロスした時も一つのサイン。

銀もプラチナも金の下方テクニカルブレイクアウトと共に暴落しているところを見ると、貴金属の中期天井は打ったかな?というのがいまのところの印象です。

数ヵ月間は例え反発が入ったとしても強気にならず様子見することをおすすめします。

例えどんなに相場が弱くても波動の習性から途中道中で反発(リバウンド)は必ず入ります。相場の方向性を確認する時は価格の上下ではなく移動平均線の向きを見るのが一番確か。

2011/12/15 00:33URL | 投資小僧[ 編集]


うーん もう1586ドルまで到達。三角保ち合いのエネルギーは相当蓄積されていたようですね。

2011/12/15 01:11URL | 投資小僧[ 編集]


NY金、1565.7ドルまで下げ、週足BB-2σラインも下に突き抜けました。遅行スパンが26週前の価格に当たりそうなので、さすがにまもなく反発が入る見通し。しかし、これはもうあかんと思います。力のバランスは下向きに崩れましたので、戻り反発後は徐々に天井打つ見通し。

http://blog-imgs-43.fc2.com/t/o/u/toushikozou/NGW-12-15.png

重要支持線割ったら、一気に下へ突き抜けてしまいました。間違っても、ここが買い場だと楽観的に考えない方がいいでしょう。下落はまだ始まったばかりと考える方が妥当。ただ、この先、本格的な調整が進めば数年ぶりの買い場が来ると期待しています。ここはあせらず待つべし。理想は、ETFの買いや中央銀行の買いが入りながら価格が下がってゆくのがベスト

2011/12/15 01:49URL | 投資小僧[ 編集]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011/12/15 21:22 | [ 編集]



コメントを投稿












管理者にだけ表示を許可する



トラックバック


trackback URL


| HOME |



Copyright © 2017 投資小僧の金相場日記Ⅱ. All Rights Reserved.
template by nekonomimige & blannoin photo by Encyclorecorder
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。