市場間分析を基にした金投資に必要な情報をお伝えします
Winter Clock

One Snowy NightNatural Sound - Rc

広告


Real-Time Price - 2site

XC-3.png

Toushi kozou's channel


金価格・投資分析ツール


Mariah Carey

Open Arms I Don't Wanna Cry

広告


最新記事


▲pagetop

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール(金太郎)

Toushi Kozou

Author:Toushi Kozou
猫と相場をこよなく愛する大阪人

投資の最終判断は自己責任  
でよろしくお願いします


ブログランキング参加中

   人気ブログランキングへ にほんブログ村 先物取引ブログ 金先物(貴金属先物)へ

CX-PORTAL:先物情報



来訪者カウンター


天気予報


  お薦め本(Amazon)

ぜひ読んで欲しい名著

     災害対策用品


     絶版の貴重な本


   RSSリンクの表示


   月別アーカイブ


▲pagetop

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






--⁄--⁄-- --:-- カテゴリー:スポンサー広告
▲pagetop








+3σの世界


NIA.png

ZZ.png



PP.png





Gold-R.png




金価格の真の超上昇波・天井は、まだまだ先


通常、相場の末期(大天井)において、最後の1年間で簡単に価格は、3倍、4倍と上がる。狂ったように上がるという言い方が正しいのかもしれない。実際、NY金は1979年の最後の1年間で約4倍上昇している。しかし、この11年間、金価格では一度もそのような強い動きを見せてないし、ゆっくりと安定して上昇を続けている。主要通貨の行く末はドル・ユーロ・円のトリプル崩壊が予想されるため、何れ日米欧で激しいインフレが起きると思う。その時、金価格は手の付けられない強い動きをしているかもしれない。







Goldcore.png

VV.png







通貨崩壊

 


長期で、金は5000~8000ドル、銀は300ドル以上へ


今日は、ブログで数年間書き続けてきた長期展望をおさらいしてみたい。先ず、長期の見通し。経済活動と商品価格のサイクルは太陽活動のサイクルとほぼ一致しており、私の見通しでは、商品価格、金価格、インフレのピークは2018~2022年頃(2020年前後)に来ると考えています。最長で2026年頃まで続くかもしれない。また、歴史的な波動のサイクル、インフレ率をもとに計算すると、金価格は2020年までに4000ドルに達し、2020~2022年頃、5000~8000ドルを試すと見ています。もしかしたら、10000ドルを超える可能性もあると思う。その場合、銀価格の上昇率は金よりはるかに大きく、最低300ドルは達成する可能性がある。500ドル以上も十分考えられるでしょう。







歴史は繰り返される


1971年8月15日、ニクソン米大統領はドルと金との交換停止を宣言し、ブレトン・ウッズ体制の終結と為替の変動相場制への転換を告げた。(ニクソン・ショック) この日まで金価格は1トロイオンス35ドルに固定されていましたが、1980年1月、金価格はインフレにより873ドルまで上昇。9年間で金価格は約25倍になりました。当時のサイクルが1999年9月以降、再び始まったと仮定すると、金価格は253ドル(99年)の25倍である6311ドルが次の目標値となる。しかし、これはインフレ調整していない数値なので、調整後は10000ドルを少し超える計算になります。つまり、サイクルが繰り返されるのであれば、2020年前後に10000ドル前後の価格がついても決しておかしくないということです。今、1999年の底からちょうど12年目になりますが、インフレ、商品価格の上昇、通貨崩壊、この流れはサイクル通りに動いていると思います。







短期的には2300ドルが目標値


以下のDGR(Dow / Gold Ratio)のチャートを見てください。DGRとは、NYダウと金価格の比価であり、ダウが金の何倍まで買われているかを表す数値です。110年間の統計ではっきりしていることは、ブロードニングフォーメーションと呼ばれる振幅が拡大するきれいなトライアングルの波形を描いていて、現在、レシオは1に近づくサイクルに入っています。この波動では2020~2023年頃、0~1の水準に達すると思われるので、仮に2020年にダウが8000ドルであれば、金価格は最低8000ドル以上になっているということです。ただ、それまでにレシオが反発しやすいタイミングがあります。現在のレシオは8.3ですが、今のサイクルで進むと2012~2013年にレシオは5に達します。チャートに赤丸をしてみましたが、このポイントはテクニカル的に反発しやすいタイミングです。5に達すると、一度7~8に戻る可能性があります。仮に2012~2013年のどこかでレシオが5に達し、NYダウが現在と同じ12342ドルだったとします。その場合、金価格は2468ドル(12342÷5)となります。ここで1980年1月につけた高値873ドルをインフレ調整すると、当時の873ドルは現在の2339ドル相当という計算になるのですが、今の金価格は先ず目先の目標値としてこの価格(1980年1月につけた価格をインフレ調整した数値)を目指しているということが言えると思います。つまり、実質的にはまだ最高値を更新しておらず、上昇余地は十分あるということです。







Dow - Gold Ratio 







銀価格は今の10倍以上に達する可能性もある


銀は長期的に見て金より上昇率が高いと思う。先ず歴史的に見て、GSR(金銀比価)は数千年の歴史の中で平均12というのが最も長く安定した数値でした。近年、銀は通貨としての機能が失われ、JPモルガンによって金価格操作の外堀固めとして徹底的に売り崩されてきました。その結果、GSRは最大100まで上昇。ただ、1979年、歴史的なGSRの数値に注目し、金と銀価格の間にある歪みを利益につなげようとした投資家がいました。それは石油で財をなしたハント兄弟です。当時、オイルショックによるインフレと旧ソ連のアフガニスタン侵攻で金価格は暴騰していましたが、銀価格は出遅れていました。彼らはGSRの水準から銀は割安とみなし、銀を買占めました。その結果、銀価格は1980年1月に55ドルまで上昇。GSRは15.87まで下落。結果、数千年の平均数値に限りなく近づきました。どんな市場であれ、連動性のある異市場間で歪みが発生した時、その歪みが修正される動きが何れ起きます。おそらくハント兄弟が買占めてなくても誰かがやっていたと思います。今、GSRは34.6ですが、私は長期的に見て10~15の水準に入ると見ています。理由は、通貨の希薄化により銀の通貨性が復帰してきているからです。歴史的に見て、人々の中心的な使用通貨は銀でした。価値と換金性は金が王者でありますが、人々の通貨の中心的存在は銀です。現在、通貨としての銀、そして太陽光発電に不可欠な金属としての需要が爆発的に伸びることが予想されるため、GSRが10~15の水準に入ることはごく自然な流れだと思います。歴史的な回帰です。はっきり言って、今までがあまりにも安過ぎたと感じます。その意味では最も投資価値があるのが銀だと思います。ただ、値動きが荒い金属であるため、大きな調整が入った後に買うことをおすすめしたいと思います。ちなみに4月16日現在で、銀価格は30年ぶりの高値43ドルをつけ、金価格は史上最高値の1489ドルを記録。しかし、1トロイオンス金貨と銀貨の原価価値を比較すると、金で123690円、銀で3572円です。感覚だけでもいかに銀が割安であるかがわかると思います。高値を更新しようともまだまだ安すぎます。今の金価格なら銀が1トロイオンス8246~12369円くらいでもおかしくありません。







NY銀月足
NY銀月足(1976年~)







Hot-Springs-Silver-Bullion-Coin.jpg








2010-Grand-Canyon-Silver-Coin.jpg







+3σの世界 ~強い波動の入り口~


4月4~8日の週、東京金は週足チャートにおいて31年ぶりに標準偏差+3σ(シグマ)バンドを週末終値で超えるとてつもない強さを見せた。通常、+2.5σ以上に瞬間でも価格が達すると翌週かなり激しく暴落し、最低でも日足基準線(一目均衡表)までは下げる。その確率は過去の統計ではほぼ100% しかし、現在、その基準線は3792円にありますが、4月11~15日の週の安値は3891円、週末終値は3959円で踏みとどまりました。そして、ローソク足は陰線引け。金短期サイクルのエリオット5波動、2と4波の調整日柄は通常5営業日前後なので15日の3891円が今回の調整安値であった可能性が高い。これだけの下げ渋りの強さを見せたのも31年間で初めてです。さらに4月18~22日の週の週足ローソク足が週末陽線引けで終われば強い波動に変化したことが決定的になると思う。+3σという強い壁にあたりながらも陽線⇒陰線⇒陽線の組み合わせで動くのであれば、今の銀相場のように+3σバンドに沿って上昇する強い動きになる可能性があります。その場合、5月9~13日の週まで爆発的な上昇をするかもしれない。ただ、その後はわからない。通常のサイクルなら一度大幅な調整がそのタイミングで入ってもおかしくないが、強い相場に変化しているので、軽い調整後、再び6月前半まで上昇し続けるかもしれない。日足のテクニカルでは4月26日に基準線が大幅に上昇するため、4月25~28日の週は強い上昇を演じる可能性がある。現在、目先の節目は東京金で4275円前後、NYで1540ドル前後。先ずこの水準が目先の目標値になると思います。また、最終的に東京金の強さのカギを握っているのはドル・円の動き。ドル高円安がこのまま進行するのであれば東京金は強い上昇を続けると思う







東京金週足







福島原発事故が世界に与えたショックは大きい


技術立国日本で原発事故が起きたため、今、世界中に衝撃が走っています。この出来事は世界のエネルギー政策に強い影響を与え、資源高にさらなる拍車をかけるように感じます。





福島原発事故、ドイツで25万人規模の脱原発デモ 2011年3月26日






独首相 “原発を早く廃止したい” (4月16日)


東京電力福島第一原子力発電所の事故を受けてエネルギー政策の見直しを進めているドイツのメルケル首相は15日、「原発をできるだけ早く廃止したい」と述べて、原発の稼働期間の延長を柱とした、みずからのエネルギー政策を改める意向を示しました。メルケル首相は、去年秋、国内にある原発17基の運転を平均で12年間延長する方針を決めましたが、福島第一原発の事故を受けて、この決定を3か月間凍結し、原発を含めたエネルギー政策の見直しを行っています。15日には、16すべての州の首相や関係閣僚を集めて、エネルギー政策について協議を行いました。このあとメルケル首相は記者会見し、「われわれはできるだけ早く原発を廃止して再生可能エネルギーに移行したい」と述べ、原発の稼働延長を柱としたみずからの政策を転換する意向を示しました。そのうえで、風力や太陽光などの再生可能エネルギーの普及に向けた議論を加速させる方針を示しています。ドイツでは9年前、前の政権のもと、原発の運転を2022年ごろまでに、すべて停止するとした「脱原発法」が制定されたのに対し、メルケル政権は、代替エネルギーの普及が追いついていないなどとして原発の稼働延長に大きくかじを切ったばかりでした。

 




       ポチッと押してね ⇒人気 Blog RankinG

       ポチッと押してね ⇒FC2 Blog Ranking







(※)分析、見通しなどは私独自の調査・手法によるものであり、完全なものではありません。最善を尽くしていますが、保障できるものではないため、投資最終判断は自己責任でよろしくお願いします。






 ☆ ブログランキング参加中! 応援のクリックよろしくね ☆



  クリックしてね↓
   
  応援よろしくね↓
  人気ブログランキングへ
  もう~ひと押し↓
  

           
  応援ありがとうございま~す♪






2011⁄04⁄17 01:52 カテゴリー:未分類 comment(85) trackback(0)
▲pagetop












コメント



に○○さん、お気遣い、ためになる話ありがとうございます。とても考えさせられるお話ですね。

2011/04/17 02:01URL | 投資小僧[ 編集]


投資小僧さん、記事のアップありがとうございます。いつも読んでいます。
私も長期で金と銀の現物を保有しているので、金と銀の対通貨の価値が上がっていくのは嬉しいんです。ただ、記事にもあるように「主要通貨の行く末はドル・ユーロ・円のトリプル崩壊が予想されるため、何れ日米欧で激しいインフレが起きると思う。その時、金価格は手の付けられない強い動きをしているかもしれない。」こうなった時、利確をどの通貨でしたらいいのだろうかと考えてしまいます。ちなみにドル圏に住んでいます。
対通貨の価値が上がっても、交換する通貨が崩壊したらどうなるんだろうと思ってしまいました。
2011/04/17 06:00URL | ラベンダー[ 編集]


鋭い分析、類い稀な記事をいつもありがとうございます。

もし小僧さんの予測通りに相場が動いても、それだけ激しい動きですと、途中で振り落としされてしまうかもしれないですね

このblogの読者でも生き残るのは至難の技かもしれません。


ところで、原発事故やソブリンリスク問題ひいては過労死が相次ぐことの問題の根幹は繋がっているような気がします。

自分が儲かれば、他の人がどうなろうが知ったことではない・・そんな思想が底流にあり、拝金主義の染み付いたこの社会が、再興できるのか(再興すべきか)考えさせられます。

この一連の悲劇から教訓を学び取れないなら、あまりにも愚か過ぎます。
2011/04/17 09:46URL | ベリー[ 編集]


いつもブログを読んでます。
リーマンショック後に急いで購入しました。
1グラム2900円くらいだったと思います。
このままずっと持ち続けるつもりです。

最近、気になってることがあります。
円、ドル、ユーロの弱い物競争は続いています。

そして、原油、金などの資源高。

ふと、気になる通貨があるんです。

オーストラリアの通貨です。
この高金利通貨の行方です。

最近は、原油、金相場、ドル、ユーロ、円が
弱い中で、どんどん買われています。

豪ドル/円の相場も100円、200円を超えてくるのではと。

金もそうですが豪ドルも気が狂ったように投資されるのではと思っています。


2011/04/17 16:59URL | カープ[ 編集]


ラベンダーさん、こんにちは

利確はドルでいいと思いますが・・あくまで私の妄想ですが、私の言うトリプル崩壊というのは、国家のデフォルトで紙くずになるところまでは意味していないです。ドル・円・ユーロの3大通貨は金や新興国通貨に対しては著しく価値が下がってゆくと思いますが、これ以上放置しておくとまずいというところまで行ったら、世界が協調して新通貨体制に移行すると思います。なぜなら、ドル・円・ユーロの完全崩壊はあまりにも世界経済に影響を与えてしまうからです。結局のところ、最後の最後に金を部分的に利用したドル中心の新金本位制を導入せざるをえなくなるのではないでしょうか?なんだかんだ言っても、ドルが浸透しすぎてしまっているため、世界はドルを死なせるわけにはいかないと思います。そうなれば、ドルは金の裏付けがある新通貨として復活すると思います。米国は最後の切り札をもっていますので(8000トン以上の金塊) だから、最悪、ドル圏の人たちはドルが紙くず寸前になった時、死にかけたドルや、わざわざ似たり寄ったりの他の紙くず通貨に替えずにそのまま金や銀を保有しているのがベストかと思います。通貨に何が起ころうとも金や銀の価値は不変です。そして、新しい通貨が世に出るのを待って、その新しい通貨と金を交換すればいいと思います。特に金は数千年間、どんな歴史的混乱があろうとも、唯一信頼され続けている通貨です。金そのものが最も価値ある通貨として考えたほうが良いでしょう。これも想像ですが、もしかしたら、金本位制復活となれば、国家による金や銀の合法的な強制買い上げがあるかもしれません。国家が時価よりも高い価格で国民から金や銀を買い上げるという方法です。支払いは新通貨で。とくに中国が一番やりそうな気配が・・ 今の時代、ネットで誰もが世界中の情報を瞬時に手に入れられる時代ですから、略奪に近い没収は先ず不可能。警察国家のようなことをすれば、中東革命みたいなことがすぐ起こるとおもいます。ですので、ドル圏なら、金保有者にメリットがあるような形で新通貨と金を交換させるかも。この先、どうなるかわかりませんが、世界が混乱に陥れば陥るほど、金を簡単に手放すべきではないと思います。




2011/04/21 00:08URL | 投資小僧[ 編集]


ベリーさん、こんにちは

いつもブログ見ていただいてありがとうございます。この機会に悪い膿がはきだされ、良い方向に世の中が動くことを祈ってます。悪い人もたくさんいますが、それ以上にいい人がたくさんいます。その人たちの力で良い方向に変わると信じています。


カープさん、こんにちは

おっしゃる通り、円に対して資源国の通貨は長期にわたり強含みする方向で動くとみています。





2011/04/21 00:24URL | 投資小僧[ 編集]


NY金先物コールオプション市場を見て感じること

オプション投資家の心理

2011年6月物 1600ドルがターゲット。

2011年12月物 1800~2000ドルがターゲット。3000ドルも大量に取引されている。

2012年12月物 2000~2500ドルがターゲット 5000ドルまで取引あり。

以上、金先物コールオプション市場の投資家は強気。とんでもないと思われる価格でもオプションプレミアム(オプション料)が高くなってきています。

2011/04/21 00:35URL | 投資小僧[ 編集]


とんでもない予想

マイク・マロニー(GoldSilver.com)は金の目標値を15000ドル、銀を1500ドルに設定している。GSRは10まで下げるというのが彼の考え。

ロバート・キヨサキは。数年で銀は6000ドルに達するとみている。

1500ドルでも、今の33倍・・ 6000ドルなら、今の133倍 凄すぎます。


ちなみに、私は2015~2020年にかけてドル円は1ドル150~200円のレンジに入ると見ています。もし、金が5000ドルでドル円が200円なら、国内金価格は32160円くらい。1グラム3万円・・10年先ならありえると思います。

上昇率のイメージ(10年間)

東京銀>NY銀>東京金>NY金

2011/04/21 00:53URL | 投資小僧[ 編集]


投資小僧さん、
お返事ありがとうございます。投資小僧さんのコメントを読んですっきりしました。
そうですね、金の保有量はアメリカがダントツで一位ですし、経済が破綻してもただじゃ転ばないでしょうね。
支払いは新通貨で、国家が時価よりも高い価格で国民から金や銀を買い上げるなんて事考えてもみませんでした。ありえますね~。
新通貨も所詮ペーパーマネーですから、そうすることで国家はさらに金を集めることが出来ますね。。。
それにしても、金と銀の予想はすごいですね。今からでも全然遅くないってことですね。

2011/04/21 14:06URL | ラベンダー[ 編集]


昨日の夕方くらいから海外商品市況のデータが変わっていません。

なにかあったのでしょうか?
2011/04/23 08:45URL | うさぎ[ 編集]


うさぎさん、おはようございます。

昨日はグッドフライデー(聖金曜日)で米国市場がお休みでした。キリスト教の国はどこも同じだと思います。そして、翌々日の日曜日がイースターデーで、これはキリストの復活を祝う日になります。(復活祭)

ちなみに、昨日、アジアの現物市場は動いていました。金も銀も最高値更新。金は1513ドル、銀は47ドル突破。

2011/04/23 11:10URL | 投資小僧[ 編集]


しかし、金も銀も強いですね。米国と欧州中心にイースター休暇で市場は3連休になりますから、普通、ポジションの整理が入るのですが、下げるどころか連日上昇。その中でも銀の上昇力は際立っています。

2011/04/23 11:20URL | 投資小僧[ 編集]


ありがとうございます。そうでしたか、基本的な質問でしたね、すいません。
週末陽線で終わったので、来週は凄いことになりそうですね。ひとつ気になるのが為替です、米国債がネガティブになったことにより再び円高トレンドになり、東京金が弱気に転じる心配をしています。
2011/04/23 12:46URL | うさぎ[ 編集]


投資小僧様ご無沙汰致しております。
お母様の事は大変でしたね。
まだまだ無理でしょうが少しずつでも元気を出して下さいね。

本当に金も銀も強いです。イースター前に押し目を期待したのですが…。

これだけ高くなってしまうと矢張り買いは見送った方がよろしいでしょうか?
連騰されると我慢できずについ買ってしまいたくなってしまいます。

小僧様がいつも言われる通り大きく下げるまでじっと待った方がいいのですね。
ゴールドマンが3ヶ月以内に1300ドル後半あたりまでの暴落があるような予想をだしてますが、小僧様はいつ頃暴落が起こりそうとお思いでしょうか?
そしてその下げ幅はどれぐらいを見とけばよいでしょうか?

私は案外FOMCや連休は無難に通過してそのあと意味なくいきなり大暴落かと…。日柄的にはまだ先でしょうか。
2011/04/23 13:06URL | ラミレス[ 編集]


うさぎさんのご指摘通り、今週国内は陽線で終わりました。来週は期待が持てると思います。後はドル円の動きにかかっています。今、ドルも円も他通貨に対して全面安の動きですので、最終的には弱いもの同士の力比べってとこでしょうか 目先はドルが売られ過ぎていますので反動が円安に傾くことを期待したいと思います。


ラミレスさん、こんにちは

気遣いありがとうございます。
相場の方ですが、金も銀もまだ壊れた相場(パニック買い)にはなっていませんので、基本通り、深く下げたところを狙うべきだと思います。ゴールドマンの予想は妥当じゃないでしょうか。

今まで通りの波動サイクルで動くと仮定して、以下、独自のテクニカルで計算したものを簡単に書いておきます。あくまで目安です。波動のサイクルに少し変化が出てきていますのでたぶん計算通りにはならないと思いますので注意。

5月中旬(9~13日の週)から6月前半にかけて短期サイクルの天井を打つ見通し。底打ちは7月中旬~8月前半付近。

短期上昇サイクルが継続されるのであれば、目先の高値を1540ドルと仮定すると底打ちは1424.6ドル、1600ドルを高値とすると底打ちは1454.6ドル前後となる見通し。その後、再び秋にかけて最高値更新。1800~2000ドル。

中期上昇サイクルの天井を打つのであれば、目先の高値を1540ドルと仮定すると底打ちは1222.4ドル、1600ドルを高値とすると底打ちは1252.4ドル前後の見通し。その後、再び爆騰開始。冬場~来年春にかけて最高値を更新し2000ドルを目指すかと思います。

2011/04/23 17:40URL | 投資小僧[ 編集]


ラミレスさん、訂正です。

東京金中心に波動計算をしていたのですが、NY金の波動サイクルと比較するとズレがかなり生じましたのでNY金中心のサイクルでもう一度書き留めておきます。NY金の波動サイクルで計算すると、6月6~22日付近で目先の天井を打つことになります。したがって、5月中旬に急落してもまたすぐ買われるかもしれません。総合的に判断すると、目先の天井を打つのは早くて5月中旬(9日以降)、通常のサイクル通りなら6月6~22日付近という計算になりました。押しのメドは変わりませんが、1600ドルを超えた場合は、押しのメドも若干切り上がります。

2011/04/24 16:59URL | 投資小僧[ 編集]


投資小僧様、ご丁寧にありがとうございます!
参考にさせて頂きます。
今年の東京金は値幅で去年の5月頃の大暴落は期待しにくそうですね。
2011/04/25 12:31URL | ラミレス[ 編集]


ラミレスさん、そうですね

何とも言えませんが、金はグラッと来やすいのは5月中旬と6月6~22日あたり。後はドル円の動き次第です。一方、銀は狂ったように上がってますので、為替の動き無関係に上がってます。やっぱり銀はすごいですね この様子だと55ドルの最高値をあっさり更新するかもしれません。

2011/04/25 20:26URL | 投資小僧[ 編集]


金と銀の動きに変化あり

昨晩、CMEは、銀が急騰していることからコメックス銀の証拠金を1枚当り1万1745ドルから1万2825ドルに、維持証拠金を8700ドルから9500ドルに引き上げることを発表。その影響で値を飛ばしていた銀は急落し金も連れ安で下がりました。FOMC(日本時間28日朝3時15分)とその後に開かれるバーナンキ会見(初)が控えていることから、それに対する警戒売りも重なっていると考えられます。大勢、6月前半にに向けた上昇トレンドに変化はありませんが、国内金価格は目先調整が入る可能性あり(先物2月限が支持線3955円を割れたため) 週足では先週に上昇確率の極めて高い陰⇒陽のローソク足の組み合わせが見られ、またテクニカル的に今週は上昇圧力がかかる時間帯なので通常は上がって普通です。しかし、昨晩から逆行する動きを見せ、かつ4月15日に安値をつけてから陰線(日足)が頻繁に出現しているので、何れにせよ、国内はまとまった調整が近々入ると思う。仮にバーナンキ発言で急騰したとしても、買うことは避け調整を待つべき。目先の理想的な買い場は3792円前後(週足転換線) もしくは日足基準線が通る3870~3881円より下の価格(先物) 明確に基準線を下回る調整が入れば、その後の上昇波動は力強いものになると思う。目標値は4200~4275円前後。下げはチャンスでしょう。


今回の動きを見て感じたこと(国内)

やはり、週足で+3σ(ボリンジャーバンドのバンド上限)という強い壁に当たったので、簡単に上に行くのは難しいんだなと思いました。基本、強い上昇波の後に健全な調整が入った方が、その後、らくに上がりやすい。1月末、底打ちしてまだ日柄が若い相場ですから、急落は買いだと思います。

2011/04/26 12:08URL | 投資小僧[ 編集]


5月、香港マーカンタイル取引所で金先物スタート

詳しくは [FT]HKMEx、来月から取引開始 をヤフーで検索してみて下さい(日経の記事)

2011/04/29 01:39URL | 投資小僧[ 編集]


投資小僧様、いつもブログを覗かせて貰っている者です。
初めてカキコみます。
今、もの凄い下がり方ですが。
ゴールデンウィーク中は何時もこんな感じで滅茶苦茶なのでしょうか?
2011/05/03 18:27URL | matanki65[ 編集]


matanki65さん、こんにちは

いつも見ていただいてありがとうございます。ご質問の件ですが、今の動きはゴールデンウィーク中なのでってことはないと思いますよ。強いて言えば、現在の動きは天井圏内特有の動きだと思います。天井と言っても、大中小の波の中で一番小さな波(短期サイクル)の天井ですが。現在の短期サイクル(6ヵ月)の日柄計算では5月6~9日前後±1週間で天井を打つのが理想的です。底は5月11日前後~17日(満月)までの間に打つんじゃないかな?とみています。天井圏の日柄が近づいて来ると、激しく上下に高値圏で揺れ始めます。また、金と銀価格の間でダイバージェンス(逆行)が起き始めます。天井打つ時は、今までGSR(金銀比価)が下落トレンドだったのが、突然上昇し始めます。1週間前から銀が上がらなくなってきていましたので、まさにその前兆だったと思います。今回のようなわかりやすいダイバージェンスはいつも起きるわけではないのですが、短期的には銀は上がり過ぎましたので、大口の投機筋が様々なスプレッド取引(さや取り)をした可能性があります。例えば、銀の先物売り+金の先物買いなどですね 銀の上昇率が金をはるかに上回る時、その後来る下落はそのほとんどが銀が金をはるかに上回る下落率で暴落します。投機筋はそういう動きを狙ってきます。ただ、今の銀は本当に強い相場なので、売りをつくるという行為は投機筋ほど勇気がいる決断でしょう。もし、私がファンドの運用者なら今回のようなダイバージェンスが起きれば、買っていたもの(銀)は売り、先物を売ります。ただし、こわいので、噴き上がった時のためにコールオプションを買っておきます。一般的な動きとしては、天井圏の日柄になると、投機筋は急騰している時に大量の保有している買いを売却します。その時、あまりにも大量だと瞬間的に急落するのですが、強さの余韻から個人投資家はすかさず買い向かいます。そして、また上がります。その上がったところをまた大口の投機筋が売却します。そしてまた下がります。その一連の動きが激しい振動を生み、初動から数えて3日~1週間後くらいに天井を打つことが多いのです。あくまで一般論ですが

2011/05/03 21:56URL | 投資小僧[ 編集]


たぶん、当たらないと思いますが、現段階の貴金属の波動サイクル・アストロ分析で計算した予想を書いておきます。私の頭の中にある大体のイメージです。


金と銀は今回の調整後、5月11日前後~17日の期間の中で底打ちし、少なくとも6月3日前後までは上昇。テクニカル・アストロ分析では5月9~13日の週は下落圧力がかかり、16日の週から一気に上昇圧力がかかり始めます。日柄と価格の理想的なパターンは6月3日前後に東京金先物価格が4326円を達成すること(現物は4500円越え) 偶然にも、この4326円という価格は東京金の最高値です。(1982年9月9日) 東京金の上場は1982年3月。ですので、今の金価格はこの4326円を目指して上昇中だと思います。また、1月31日に始まった短期サイクルの上昇は6月3~22日(FOMC)の間で終わると思います。その期間の中で天井を打つと予想(6月3~10日の期間で打つのが理想的) もしかしたら、2回天井打つ可能性もあります。例えば、3日に4350円をつけて、その後、1週間ほど急落。再び、急騰して22日頃、4300円つけて急落(ダブルトップ)みたいな感じです。一度天井を打てば、2ヵ月ほどは下がり続けます。底打ちは7月15~31日の期間内で。その期間に金も銀も26週間の波動中心軸付近で推移して反発すれば、年末にむけて金は1800~2100ドルを目指すと思います。もしかしたら、2100ドル以上もあるかもしれません。ただし、7月15~31日の期間に重要支持線を維持できていることが前提です。その期間に支持線をはるかに下回っていれば、短期サイクルではなく中期サイクルの天井確認となるため、6月の天井から数えて4~6ヵ月間の下げは見ておく必要があります。テクニカル・アストロ、共に8月から強い上昇圧力がかかり始めますので、7月後半に支持線で支えられ、8月から受ける力に素直に反応するかどうかがカギとなります。支持線を割れ、かつ8月に上昇しない逆行の動きが出れば、明らかに中期サイクルの天井です。また、 SWC宇宙天気情報センターの予想によれば、2011年後半から2012年にかけて、毎月太陽黒点数が増え、太陽嵐の強さを示すF10.7の数値がどんどん高くなってきます。これが金相場に何らかの強い影響を与えると思いますが、詳しくは後日また発表します。おそらく激しい暴騰サイクルに入ると思うのですが・・・。2007年頃は2012年が太陽活動のピークになると言われていたのですが、その後、太陽活動の乱れから現在は2013年5月がピークと言われています。今後、毎月加速する活動の進行に対して、インフレ、金銀の上昇が加速するのであれば、2013年5月に向けて金と銀は激しく上昇を続けると思います。おそらく、金は2000ドルを軽く超えていると思います。3000~4000ドルのレベルに到達しているイメージです。


ひとり言 7月後半に銀を買いたい・・

2011/05/03 21:58URL | 投資小僧[ 編集]


とにかく、あせらない、あわてない
何日も上げ続けた強い動きを見て、今買わないともう買えなくなるかもという強迫観念にとらわれないこと。今は特別な相場だから下がらないと思わないこと。今回は特別だからと前向きに考えれば考えるほど、高値掴みをしてしまいす。相場は波動の習性をもち、上昇トレンドが続く限り(支持線を維持)、買っていいのは恐怖を感じるほどの下げが数日続いた時だけ。だと思います。

2011/05/03 22:15URL | 投資小僧[ 編集]


はじめまして、投資小僧さん。
金についてネットで調べていたらこのブログに出会いました。
みなさんより出遅れていますが、これから勉強していきますので宜しくお願いします。
これから金・銀購入予定ですが、タイミングがよくわからないですが『底打ちは7月15~31日の期間内で』ということは、7月後半がベストってことでしょうか?
2011/05/03 22:31URL | akira[ 編集]


まだ何も始まっていない・・・

今、金はとてつもなく強く、すごく高い値位置にいるような感じがすると思います。しかし、私はこう考えています。金は本当の強さを発揮していなく、まだ何も始まっていない・・ これからの若い相場だと強く感じています。先ず、以下のグラフを見てください。

http://blog-imgs-43.fc2.com/t/o/u/toushikozou/26.png

これは1950年以降の米政策金利のグラフです。金利と金価格には強い相関関係があります。にも関わらず、世間では金利が上昇し始めると、金は下がる周期に入ると信じられています。0だった金利が突然上がり始めた時は、しばらく金は下がるかもしれません。しかし、その期間はごく短期でしょう。次第に金利が上昇し始めると、金は激しく上げ始めます。そして真のインフレ突入です。これは過去100年の歴史が証明しています。米国の0金利は金価格上昇の出発点であり、金利の上昇と共に金価格の上昇率も加速してゆきます。おそらく最低で米政策金利が13.82%を超えないと、金価格は大天井を打たないでしょう。ちなみに1980年1月、金価格が873ドルのピークに達した時、米政策金利は13.82%でした。当時より現在の方が通貨供給量が大きく、通貨価値が失墜しているので、なまぬるい金利政策では加速するインフレを止めることはできないと思います。したがって、金利を20%まで引き上げても金価格は下がらないという事態も十分考えられるでしょう。

そもそも、金価格は需給で価格が決まる原油や穀物と違って、通貨としての価値が高まった時、価格そのものが他商品と比べて別次元の意味を持つようになります。つまり、最高値をどんどん更新しても特に意味はないということです。原油や穀物のように、世界経済に悪影響を与え、価格が高いから買い控えるという物ではなく、通貨の希薄度合いに合わせて、いくらでも上昇する可能性を秘めているということです。極端な話をしますと、米国でハイパーインフレが本当に起きてしまいますと、金価格が1トロイオンス10万ドルでも100万ドルでも、1億ドルでも理論上ではあり得るということなのです。ただし、ドルは基軸通貨ですから、実際はドル安をそこまで放置することはできません。国家の財政危機が極限状態になった時、通貨政策を大きくシフトせざるを得なくなります。候補としては新金本位制でしょう。今の米国をみてください。デフレかインフレかはっきりしない状態ですよね インフレの兆候が少しでてきたという程度で、バーナンキFRB議長は緩やかなインフレを目指しています。日本や欧州、米国、すべて同じことが言えるのですが、メガトン級のインフレ爆弾を腹に抱えながら、表面的にはまだ何も始まっていないのです。こんな状態で金相場が終わるはずもなく、インフレ爆弾が破裂して金相場が終わるのはまだまだ未来の話だと思えます。

ひとつ確実に言えること。世界が金本位制を完全離脱してから、日々、潜在的な通貨インフレが進行しています。収まるどころか加速しています。果たして、このような現実の中、通貨の希薄化を数字で直接示してくれる金が通貨の希薄化に逆行して数年下げ続ける可能性があるのかどうか?? 答えはひとつ。中央銀行が裏付けのないペーパー通貨を無から刷り続ける限り、金価格の上昇は止まらないと思う。もはや、これからの金相場は金鉱山の生産量、需給など全く関係なく、価格が高かろうが安かろうが、持たざるをえないという需要がどんどん増えてくるはずです。特に最も通貨の希薄化を恐れている世界の中央銀行が筆頭でしょう。


2011/05/03 23:13URL | 投資小僧[ 編集]


akiraさん、はじめまして

訪問ありがとうございます。

もしかしたら、初心者の方から見れば、このブログに書いていることはちょっと難しいなと感じるかもしれませんが、金投資は非常にシンプルですのでご安心を。また、出遅れたり遅すぎることもありません。

「通貨の希薄化」の度合い=金価格です。言い換えれば、金価格はお金の温度計です。先進国である米国・欧州・日本をよく見てください。借金漬けですよね。この100年、お金が足らなくなったら紙幣や国債を刷る、そして、足らなくなったら政府権限でまた刷る。そしてまた刷る・・こんなことを永遠にやり続けています。気付いたら、世界が天文学的な借金漬け状態。もう取り返しのつかないレベルなので、刷ることもやめられません。これが今の現状です。これが個人なら夜逃げか自己破産ですね。

タイミングに関しては、実際のところ、7月に入ってからどういう動きをしているかを観察しないと買っていいのかどうかは私にもわかりません。コメント欄に書いたことは今現段階で考えられる私の勝手なイメージですので、あくまでも参考程度にしてください。信じてはいけません。先ず、下げた時に上昇トレンドが維持されていることが最低条件ですね。7月になったらまた詳しく書きます。実践していただきたいことは波のリズムを自分なりにつかむことです。過去の動きをみて、研究してみてください。これは自分で調べて自分で感覚を身につけないと、下げた時にこわくて買えません。調べてみればわかると思います。下げた時に買わないと、後、大変なことになるというのが。ちなみに、外的な要因(ニュース)で売買のタイミングをはかるというのは難しいと思います。今の米国や欧州、および世界経済をとりまく危機的な財政事情などは金価格上昇を支える木の幹に当たります。しかし、枝葉末節である日々の動きは、それらと連動しないことがほとんど。例えば、今日の動きがいい例です。暴落してますよね 4月28日の朝に開かれたFOMCでバーナンキFRB議長は「6月に国債の買い取りは終えるけど、金融緩和は今後もずっと続ける」と発言しました。これは金にとっては強い買い材料です。その結果、金は昨日まで暴騰しました。しかし、私はこのコメント欄で26日にバーナンキ発言で金が急騰しても買うことは避けたほうがいいいと書きました。理由は上昇日数の日柄が天井圏に近づいていたからです。他の判断材料としては、天井圏の兆候として、金と銀のダイバージェンスや、金価格が1540ドルという節目を突破したこと、また、ドル指数が過去最安値の71~72のゾーンに近づいていたこともあります。金に限らず、どんなものでも一度上昇が始まれば、買い玉がどんどん膨れ上がってゆきます。その規模が膨大であるほど、どんな些細な理由で下げても、それがきっかけとなり、ドミノ式で下げが加速して行きます。そういう動きがいったん始まると、投資家の恐怖心理からニュースなどの材料云々などとは全く無関係の動きになるわけです。つまり、短期的な動きの基本は買い方と売り方の力関係によるシーソーゲームみたいなものです。それらが波の動きをつくります。今回は、買い玉がパンパンに積み上がったところで、FOMCがあり、買いが買いを呼びました。要は山に目一杯降り積もった雪のような状態です。そのタイミングで、昨日、アルカイダのビンラディン射殺のニュースが入り、金と銀は急落。きっかけは何であれ、雪山で一度、雪崩が発生すれば誰も止められません。これは雪崩が終わるのを待つしかないのです。そして、この雪崩は「高いところにあるボールは投げると下に落ちる」という現象と同じで、金が強い・弱いとは無関係です。今、金は強いのです。銀も。しかも、とてつもなく強いのです。その中で、ちょっとしたきっかけで積み上がった買い玉という雪が少し雪崩を起こしたにしかすぎません。つまり、タイミングとは、そのちょっとした雪崩がおさまったところを買えばいいのです。ちょっと例えがわかりにくいかもしれませんが、一度、買う前にじっくり観察してみてください。何かわかると思います。

2011/05/04 00:37URL | 投資小僧[ 編集]


5月18日、香港マーカンタイル取引所(HKMEx)で金の先物取引がスタートします。この市場は東京工業品取引所を凌ぐ規模になる可能性が高く、アジア時間の金価格を何れ牽引する可能性があると思います。たまたま、5月16~20日の週はテクニカル的に底値から上昇に入りやすいタイミングです。上場前日は満月でもあり、いいタイミングでの上場だと思います。ご祝儀で爆発的な買いが入ることを祈ります。安値で上場すれば、みな喜んで買うと思うのですが・・・

2011/05/04 00:47URL | 投資小僧[ 編集]


銀に関して

銀はこれからも長期的には金よりはるかに強い動きを見せると思う。しかし、銀の特性としては乱高下が激しいため、一度、調整が始まると、とてつもない下げをする。故に銀は金以上に調整後の上昇日柄が若い時に買う必要があります。また、銀は金と表裏一体であり、天井打つ時期も底打ちする時期も基本的にはほとんど差がありません。今後、3ヵ月の期間の中でかなり下げる時があるかもしれない。しかし、金の上昇トレンドが維持されるのであれば、次訪れる安値は今年1月以来の買い場になるとみています。7月31日までの東京銀先物価格の支持線を以下に書いておきます。基本数値は1グラム100円45銭。仮に7月31日までに130円40銭を突破すれば、(A-130円40銭)÷2+100円45銭が支持線となります。※A=5~7月の一番の高値 昨年1月に調整が入り底打ちした時は、重要支持線に触ることなく反転して上昇。今回も7月後半どのあたりで動いているかがポイントになりそうです。基本、少し怪しい動きをしていても、金がしっかりしている限り上昇トレンドは変わりません。銀の動きだけで判断が難しい時は金を見ればいいと思います。あくまで直感ですが、次の買い場を逃すと、もう・・・

おそらく反転のタイミングでは再び金と銀価格の間でダイバージェンスが見られると思います。GSRは上昇から再び下落のトレンドに


補足

早い時期にあっさりと100円45銭の支持線(26週の波動中心軸)を下回る場合は、83円60銭(26ヵ月の波動中心軸)の支持線まで下げるかもしれません。もしくはそれをさらに下回る70円30銭(今年1月)付近も可能性あり。しかし、金の上昇トレンドが維持されている限り、仮にそこまで下げたとしても銀の上昇トレンドは変わりません。理論的には金の上昇トレンドが維持されている限り、銀の下げ方がきつければきついほど、その後の反騰は大きくなります。

金と比較して振幅が大きい上昇波動を今後もずっと描き続けると思います。上昇する時は金より強く、下げる時は金より弱くという都合のいいことは起きないと思います。上げる時も下げる時も金より激しくなるでしょう。したがって高い安いの判断は金より難しい。そのため、売買のタイミングは金と同じでいいと思います。今回のように、あまりにも銀の上昇率が金より激しく、その期間が長期に亘って続いた時は、GSRが上昇し始めて、金の上昇に対して銀が上がらないダイバージェンスがまた今後もどこかで起きるかもしれません。その時は金のタイミングより早く逃げるべきだと思います。同時に金の調整が近いことも意味します。

同じ貴金属でもプラチナに関しては金銀と比較してこれらのことは当てはまりません。通貨としての価値よりも工業製品としての価値が大きな比重を占めています。原油や穀物と同じで商品性が高い銘柄です。したがって、需給バランス、工業需要、景気などが今後の価格動向のカギになると思います。プラチナETFの出現で投資需要が高まり、それらが価格に影響を与えていることは事実ですが、基本は自動車需要が価格に強い影響を与えています。金銀と基本的な動きは同じでも、時折、全く連動しない動きを見せるのもプラチナです。プラチナの他には、同じ白金族元素である、パラジウム、ロジウムなどのレアメタルも同じ仲間です。

2011/05/04 08:46URL | 投資小僧[ 編集]

2011/05/04 09:04URL | 投資小僧[ 編集]


亀井さんのブログ、今日はすごくいいこと書いてるなと思いました。私も下値メドはほぼ同じだと思ってます。

http://blog.goo.ne.jp/msi021112

下げの背景、それはセンチメントの変化

2011/05/04 09:26URL | 投資小僧[ 編集]


昨年末以来、金 特に銀に魅せられているまだまだ初心者の猫好きな者です(笑)
投資小僧さんの大ファンです!

いつも勉強させて頂いて、また楽しませて頂いてます。


さて、シルバーを平均118円位でホールドしてます。(高すぎと言われそうですが(泣))

今のところ、そのまま我慢していようかと思います。

それとも一度逃げて 7月後半を待とうか思案中です。
基本的にはドカッと構えるしかないと思ってますが(笑)

とにかく、奥深い世界ですね。
また ここで勉強させて下さい!
2011/05/04 12:08URL | マライヒ[ 編集]


投資小僧様

自分の前の書き込み見返したら、敬称がついておらず・・・大変失礼しました。
修正させてもらいましました。

またそれなのに丁寧な返答、有り難うございます。

銀をCFDで買っていまして。やあ、もうメロメロで・・・・(泣き笑い
2011/05/04 14:30URL | matanki65[ 編集]


マライヒさん、こんにちは

ありがとうございます!!
現物やETF投資なら、ドカッと構えてていいと思いますよ むしろ安値来るならコイってぐらいの気持ちで そこをさらに買ってやるくらいの気持ちで・・すいません!あまり無責任なことも言えませんのでこのへんにしときます。心配な場合やリスクをしっかり回避したい場合は、6月初旬にもう一度高値が出ると思いますので、そこで逃げるのも一つの手です。相場が強い時、一直線で下げて行くというパターンより二番天井(前の高値付近まで再び上昇)を打ってから天井を形成する場合が多いですね。もしくは今まだ利益が出ている状態なら、すぐ決済して相場が落ち着くのをひたすら待つ方法もいいと思います。

2011/05/04 15:22URL | 投資小僧[ 編集]


matanki65さん、全然気にしなくていいですよ!

銀はハイリスク・ハイリターンな投資対象であるだけに先物やCFDは十分気をつけてくださいね!特にCFDは市場を通さない相対取引ですから、必ず顧客の多い大手の信頼ある会社で取引してください。東京銀は市場取引なので先限の取引であれば問題なし。銀は金と比べて市場参加者が少ないため、値段が突然飛んでしまう可能性があります。この場合、ある価格に達したら自動決済をする注文を入れておいても売買が少ないと、とんでもない不利な価格で成立したりする場合もあります。また、銀先物やCFDに限っては突然事故につながるほどの大きな動きが今後も必ず来ると頭においておく必要があります。これは100%です。絶対に来ます。そして、その頻度は今後もっと高まります。ただ、現在の先物やCFDは、ほぼ24時間取引できますから、これらの事故を防ぐことは可能です。それはポジションを作ったら100%ストップオーダーを出しておくことです。これは損失限定のストップロスか、利益が出ている場合は元本を傷つけないレベルで自動決済するストップオーダーでを出しておくということです。寝ている時や仕事中に値段を見ることはできませんから、突然暴落した時に備えての注文を出しておけば事故は防げるはずです。こういうことはコンピューターに任せたほうがいいです。いい時代になりました。今はプロと同じレベルの条件で取引できますので、個人投資家に不利な部分は一切ないと思います。買いっぱなしで放置するのは素手でサメと戦うようなものです。

先物やCFDで十分気をつけておかないといけない事は投資家の性格や適性です。言い方がきついかもしれませんが、いつも損切が大きく利益が小さい人は向いてないと思います。勝つ人は、損切の数が多く1回の損切の額が小さい。そして、勝つ回数は少ないが1回の勝つ金額が大きい。要はすぐ損切できる人は勝てる人で、なかなか損切できない人は、最後、前向きな相場観や運に頼ってしまう人だと思います。このやり方だといつか必ず破滅します。ハイリスク・ハイリターンの取引では防御が最大の攻撃であり勝つ方法です。防御さえしっかりできていればいつか大きく勝てると思います。損切は小さく、利益をとことん伸ばすやり方です。これは訓練でできるようになると思いますが、性格的に負けパターンから抜けられない場合は現物かETF投資に変えることをおすすめします。また、ポジションを持つ前は念入りな調査と相場観で買うタイミングを捉えるのがベストだと思いますが、一度ポジションを持ったら利益がかなりのるまでは、一切の相場観を排除し、常に最悪を想定した対策をとるべきです。最悪なことは必ず起きる前提でのシミュレーションです。これは今の地震対応と全く同じです。これをやらずに楽観論で支配されてしまいますと、いつか必ず事故に逢い、想定外の動きに対処できなくなってしまいます。100%危険だと認識しているほうが実は安全であり、もしもの時に乗り切ることができるものです。

2011/05/04 16:21URL | 投資小僧[ 編集]


勇気付けられるお返事ありがとうございます!
来るなら来いって感じで構えてみようと思います。

僕は、先物とか全くわからないので、ひたすら現物とETFです。

現物の方は、腰が重いので(笑)ETFを機会うかがってやってみます。

ところで、銀貨の価値、収集についてはどう思われますか?
最近、銀貨も美しくてハマってます。。

何かホントに初心者な質問 コメントで申し訳ありません。
2011/05/04 16:21URL | マライヒ[ 編集]


長期投資で臨む予定でしたら、マライヒさんの戦略でいいと思いますよ。

銀は素晴らしい投資対象なんですが欠点もあります。それは動きが速く、換金性が悪いということです。特に海外と比べて日本は銀の換金性が極端に悪いです。ですので、現物の裏付けがあり、安全で、換金性が高い銀ETF(金の果実シリーズの銀の果実/三菱UFJ信託銀行)が一番のおすすめです。買ったものは東証の取引時間内であれば、電話かネットですぐ売却OKです。銀貨の収集はいいと思いますよ 実は私も初心者ながらコレクターです。将来、売却のことまで考えているのであれば、純度の高い銀貨を買うことをおすすめします。おそらく、そのほとんどが銀相場での買い取りになると思いますので、希少性の高い価値ある銀貨でも買い取り価格は低いと思います。金と比べて意外と純度の高い銀貨は少なく、カナダのメープル銀貨が一番純度が高く(99.99%)、買い取り金額も高く安定していると思います。中国のパンダ銀貨は99.9%の純度ですが、個人的趣味で集めています。

2011/05/04 16:46URL | 投資小僧[ 編集]


投資小僧様

メイプルリーフ銀貨を初めて手にした時、
あまりの美しさにボーっとしてしまったほどですが、やはり純度が高いんですね。

イーグル銀貨はどうなんでしょうか。

たまに、ヨーロッパに行く機会もあります が、日本よりも換金性は高いんですね。その辺りはずっと気になっていました。

原発のおかげで、万が一日本にいよいよ居られなくなった場合のこと考えると、何となく金貨や銀貨に手がいってしまいます。
そんな事にならない世の中がいいですが。。
2011/05/04 17:21URL | マライヒ[ 編集]


マライヒさん、銀貨の人気は米国や欧州では高く、集めている人も多いのですが、日本では少なく、入手も難しいです。

田中貴金属でウィーン・フィル1オンス銀貨を買うことができますが、ずいぶん前から1枚6300円という信じられないほど高い価格で売られています。

欧米で生活するのであれば銀貨を保有するメリットはあると思います。

2011年製造の各国銀貨の純度(1オンス銀貨)

カナダ・メープルリーフ 99.99% 31.390g
米国・イーグル     99.90% 31.125g
オーストリア・ウィーン 99.90% 31.390g
オーストラリア・パンダ 99.90% 31.135g
中国・パンダ      99.90% 31.1035g
メキシコ・LibertadOnza 99.90% 31.103g
英国・ブリタニア    95.83% 32.450g

イーグル銀貨も米国では人気ありますし、いいと思いますよ
 
2011/05/04 18:44URL | 投資小僧[ 編集]


ついでに書きますと、田中貴金属は2008年5月20日からオーストリア・ウィーン・フィル1オンス銀貨を1枚6300円で販売し続けています。一番ひどい時はその年の10月末 銀貨1枚の原価は806円程度。田中で6300円で買って、その場ですぐ売却したら買い取り価格は800円より低い始末。こういうのをボッタクリというんでしょうね ひどい

2011/05/04 19:04URL | 投資小僧[ 編集]


投資小僧様

丁寧で分かりやすい返事 ありがとうございます。

その田中貴金属でぼっ◯くりウィーン銀貨
を最近購入しました(笑)

高いと思いましたが、最後の銀貨だったらしく思い切って買いました。

でも、どこにしても銀を売りたがらないように感じますが、何故でしょうか。

これから、人気出そうなのに。。。


2011/05/04 20:48URL | マライヒ[ 編集]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011/05/04 21:22 | [ 編集]


そうですか(笑) ○○さん

これはあくまで私の推測ですが、売る立場から見ると、銀貨を売ることは商売にならないからだと思います。売る側からすると、1枚の金貨・銀貨・プラチナコイン、どれを輸入しても販売してもコストはほぼ同じだと思います。5月2日付けの売買価格で調べてみたのですが、仮に小売り価格と買い取り価格の差を田中貴金属の粗利益とします。そうすると、金貨1枚で12520円、プラチナコイン1枚で18042円です。しかし、銀貨1枚となると、3000円くらいですか おそらく今の相場だったら小売り価格が1枚16000~20000円くらいで買い取り価格が4000円くらいじゃないと商売意欲が出てこないんじゃないかと思います。とんでもないボッタクリ価格で販売しても金の利益率には到底及ばないからだと思います。たぶん無茶苦茶な推測ですが、こんな感じではないでしょうか でも、スーパーなどでもそうですが、商売でたいして利益率がないものでも積極的に販売しますよね!客引きだとかいろいろあると思いますが、効率だけではなく、顧客のニーズに応える商売も貴金属商にはやって欲しいものです。彼等からすれば銀貨1枚売ることはマッチ1本売るのと同じことなのかもしれません。でも、海外の貴金属商は銀貨1枚でも適正価格でサービスも下げずにきっちり販売しているところが多いですけどね。見習ってほしいです。


ちなみに音楽家の人には投資で成功する人が多いようです。メロディーの中にあるリズム、俳句などもそうですが、相場にもサイクルという銘柄それぞれの波動リズムがあります。それをつかんでみて下さい。

震災のための活動は素晴らしいことだと思います。明日のチャリティーコンサートぜひがんばってください。

2011/05/04 21:47URL | 投資小僧[ 編集]

金、銀のETF
久しぶりにコメントします。
まだ心中は辛いでしょうが応援しています。是非この苦難を乗り越えください。

今回の相談ですが最近、小僧様のブログでも金、銀のETF果実シリーズが取りあげられていますので私も興味をもち見てはみましたが現物買いと信用新規とありますがお薦めはどちらになりますか?
お忙しいところ申し訳ありませんがお願いいたします。
2011/05/04 21:53URL | かえで[ 編集]


かえでさん、こんにちは

ありがとうございます。正直言うと今本当に苦しいですが、頑張って乗り越えてみます。

ご質問の件ですが、基本信用買いはおすすめできません。信用取引や先物取引はレバレッジが効いていますので、リスクが現物取引より格段に大きくなります。これに対処するためには、ほぼ24時間売買ができる事と手数料が安いことが必要不可欠になってきます。もし、レバレッジの効いた取引をご希望であれば、東京工業品取引所に上場されている東京金や金ミニの先物取引がベストです。商品業界の努力があったせいか今の東京金先物市場は昔と比べて比較にならないほど健全で、投資家がリスクを回避できる市場になっています。手数料も安く、取引可能時間は、朝9時~午後3時半 午後5時~翌朝4時までです。初心者の方、または安全志向の方は、金の果実シリーズの現物買いがベストだと思います。

2011/05/04 22:23URL | 投資小僧[ 編集]

爆下げですね
金が、爆下げですね。
「ゴールデンウイーク中じゃ手を出せないじゃないか」と思いますが、逆に「まてまて冷静になれって事か」とも思い、気を落ち着かせています。
正直下がったところでぼちぼち買いまして6月をまとうかなと考えています。
こういう時は勢いがチャートの予想をあっさりと裏切ることも多く気を使いますが、博打を打ってるのではないので余裕を持って向かいたいと思います。
この先は強い!!!しかしこの先っていつから?ということがいつも問題ですよね。
ここ二年ほど前からの相場は10年に一度の大相場だと思い乗りそこね無いように行きたいと思っています。 長文失礼しました。
2011/05/05 01:50URL | 散歩道[ 編集]


もうひと押しですかね。1450くらいでしょうか。
2011/05/05 10:38URL | たけし[ 編集]


散歩道さん、こんばんは

しかし・・すごい下げですよね

金はいつも通りの調整レベルと感じるんですが、銀がひどすぎます。

2011/05/05 22:18URL | 投資小僧[ 編集]


たけしさん、こんばんは

1450まで下がると、ちょっとまずいですね。

5月13日までの支持線が1479.1ドルですので、理想は1480~1490付近で下げ止まり反発。1479.1ドルを瞬間的に抜けるのは問題ありませんが、6日金曜日の終値が1479.1ドルを割れて終わると、かなりまずいです。亀井幸一郎さんんもおっしゃってますが、今回の下値メドは1480ドル付近だと思います。支持線を維持してくれれば、来週前半には底打ちして短期サイクル(6ヵ月)の最後の上昇を迎えると思います。

2011/05/05 22:26URL | 投資小僧[ 編集]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011/05/05 23:44 | [ 編集]


銀の動き

今回の銀相場の陰で不穏な動きあり

FOMCの少し前から、大口の投機筋が買いの大量決済をしているのでは?と思わせるような価格の動きが日々ありましたが、その後、約1週間の中でCME(取引所)が3回も銀の証拠金を引き上げました。過去、これだけ連日引き上げたことはないと記憶します。CMEはここまですれば、暴落するってことは最初からわかってるはずです。買い玉が膨れ、商品相場の日柄が天井に近づいていたことと、ビンラディンが亡くなったことも重なり、大きな雪崩につながったと思いますが、一番不可解なのがジョージ・ソロスの発言です。いつものことですが、自分の投資が有利な状態になるようなタイミングでいつも発言することにあります。

現在の金下落は銀の下げに引っ張られている形。

5月4日、ソロス・ファンドは過去1ヵ月に金と銀の持ち高をほとんど処分したとごていねいに発表。

彼の過去やってきたことを見てみると、「金はバブルだ」とわざわざダボス会議のような世界が注目する場所で発言をし、その後、金や金関連の資産に大量投資。その後、価格が少し上がったところで実はこれこれに投資しましたと発表するわけです。それを聞いた投資家は「ソロスが買ったのであればついて行こう」となるわけです。つまり、いつもポジショントークですね。今回は、金や銀のカラ売りを仕込んだのでは?と思ってしまいます。

ソロスは基本的に勝つためには手段を選ばない鬼の投資家です。ここ数十年間でも、ことあるごとに金相場で「ソロス買い」と言われる大量買いや投げ売りを演じてきました。また、1992年には大量のポンドを売り浴びせ、300年続いたイングランド銀行を破綻寸前まで追い込みました。これは「ポンド危機」と呼ばれています。1997年にはタイの通貨が暴落し、アジア危機が発生。マレーシアのマハティール首相は「全ての責任はソロスの投機にある」とA級戦犯扱いで名指しの批判。その時、マハティールはこう言ってます。「われわれは国づくりのために40年間働いてきました。そこに一人の男がやってきて、1ヵ月で全てを破壊してしまった。おそらく、損失回復には何年もかかるであろう」

投資家は彼の発言に振り回されることなく、自分の判断で投資していくべきだと思う。


しかし、今回の銀下落の大きさは通常の調整レベルをはるかに超える域に達しているため、今後の戻り反発(おそらく6月初旬に天井を打つ見通し)の高値では一度買い玉を決済して、数ヵ月様子(2ヵ月か、4~6ヵ月)を見ることが必要になるかもしれない。長期上昇トレンドは変化しない見通しだが(将来的に300ドルもありうる)、目先、今後の調整幅が大きくなる可能性がある。

わずか1週間で銀の下落幅は26.2% これは金で換算すると、1週間で414ドル下げるレベルに等しい。長期保有を考えている方々は悩むところだと思いますが、6月に訪れると予想される次の高値は6ヵ月の短期サイクルの天井となるか、中期サイクルの天井となるか、今のところはっきりせず、7月中旬~8月中旬の動きを見ないと今のところでは判断つかず。短期サイクルの天井であれば、買いを保有していて問題ないと思いますが、中期サイクルの天井を打った場合は天井から数えて4~6ヵ月間下げ続ける見通し。もし、そういう動きになるのであれば、次の高値で処分し、相場が落ち着くのを待って安値で買いなおす方が賢明だと思う。悩むところでありますが、次高値が出た時に一度考えてみるのも手だと思う。

レバレッジの効いた銀の先物やCFDに関しては、初心者は絶対に手を出すべきでない考えは変わらず。他の銘柄で経験を積み重ね、リスク回避の技術を身につけてからでないと危険です。

2011/05/05 23:45URL | 投資小僧[ 編集]


○○さん、こんばんは

おつかれさまです。

基本は金と銀は同じ動きです。金が底打つなら、銀も反発すると思います。

2011/05/05 23:54URL | 投資小僧[ 編集]


今、NY金価格は、支持線(1479.1ドル)のちょっと下1478.8ドルまで下がって急反発。一応、支持線をタッチしましたので、後は明日1479.1ドルより上で終わることを祈るばかりです。そして、来週、この付近を維持し反発を待つのみです。

明日夜9時半に米雇用統計の発表あり


2011/05/06 00:24URL | 投資小僧[ 編集]


他ニュース

5月4日

メキシコ中央銀行が2~3月に100トンの金塊を購入したもよう(英FT紙)

NY銀(CME)は大手ヘッジ・ファンドの手じまい売りのうわさあり



2011/05/06 01:13URL | 投資小僧[ 編集]


CMEの銀先物証拠金引き上げ

これは明らかに人災 損害賠償で訴える人も出てくるかも

1枚あたりの証拠金

4/26~ 12825ドル
4/29~ 14513ドル
5/3 ~ 16200ドル
5/5 ~ 18900ドル
5/9 ~ 21600ドル

昨晩のニュースでは、メキシコ人富豪のカルロス・スリム氏が銀先物及びオプションを手じまいしたと報じられている。その報も売りを加速させたもよう。

また、昨晩、原油が9.44ドルも暴落。そのことも金と原油の売りを加速させた。

米週間新規失業保険申請件数の予想外の増加やドル急上昇などを背景に、投げ売り状態となり、期近は一時、3月17日以来となる100ドルを割り込んだ。      
                
NY原油は、夜間取引から急速に下値を切り下げた。前日に引き続き米エネルギー情報局統計での原油在庫急増や中国の追加金融引き締め観測、価格高による需要減少懸念や株式相場の下落などを背景に、早めの利益確定やリスク回避の動きが進むこととなった。また、ECBのトリシェ総裁発言を受け、6月の追加利上げ観測が後退し、対ユーロでドルが1週間ぶりの水準へ急上昇したことにも反応している。


ドル指数は節目の71(最安値)の手前73でここ1週間踏み止まっていましたが、昨晩74.35まで急反発。ドル高に対して円高も同時に起きているため、ここ1週間のドル円の動きは緩やかな円高

2011/05/06 08:59URL | 投資小僧[ 編集]


この1週間でNY銀先物取引の買いを持っていた投資家は元本の5~6倍の損失を抱えたようです。ここから先は推測になりますが、損失や追加証拠金の入金のため、原油や金、および他の銘柄でも投資家が利食いの大量決済をした可能性があります。資金捻出の手じまい売りがあったのでは

実は日本でも5年前に似たようなことがありました。2005年12月、東京金市場が世界の金市場を引っ張るほどの強い買いが入り連日暴騰。取引所は相場の熱を冷ますために追加の臨時増証拠金を投資家から徴収しました。これ以降は批判を受けめったに徴収せず。風のうわさでは、カラ売りしていた商社?もしくはどこかの大手の会社が取引所に泣きついて上昇を抑えてくれと頼んだとか。結果、暴落。でも、中国の金政策大規模転換で当時上がるべきして上がった相場でしたから下がったのはその1週間だけでした。果たして今回はどうなるか??

以下、その時の金チャートです。

http://blog-imgs-43.fc2.com/t/o/u/toushikozou/ggg.png

2011/05/06 12:48URL | 投資小僧[ 編集]


こんにちは、お世話になります。
初めてコメントさせて頂きます。

銀の投資を考えていまして、初心者なのでETFにて運用を考えているのですが・・

上で上昇率のイメージとして
東京銀>NY銀>東京金>NY金
と書かれていますが、今後200円前後の円安に行くと考えた場合、
【1673】ETFS 銀上場投信と
[SLV] iSHARES Silver Trust(ドル建て)
どちらに投資するのがよりベストなのでしょうか?

ご意見聞かせて頂ければ嬉しいです。
よろしくお願い致します。



2011/05/06 22:19URL | ぽっちゃま[ 編集]


はじめまして!ぽっちゃまさん

初心者としてETFを選択することは賢明だと思います。

ぽっちゃまさんが日本在住の方でしたら、円建の【1673】ETFS 銀上場投信の方がいいような気がしますけど、どちらもリターンはほぼ同じだと思いますので、資料をよく読んで気に入ったほうを選べばいいと思いますよ。
[SLV] iSHARES Silver Trustは確かアメリカで上場していたと思うんですが日本でも上場しているんですか?



2011/05/06 22:42URL | 投資小僧[ 編集]


早速のお返事ありがとうございます。

[SLV] iSHARES Silver Trustですが、アメリカで上場していますが、マネックスや楽天さんで購入できるみたいです。日本では上場していません。

では、今後もし今の価格の10倍の350ドルぐらいに銀がもしなった場合、その時のドル円がもし160円だったら、円建の【1673】ETFS 銀上場投信の価格は大体現在の価格の20倍になっているという解釈であっていますでしょうか?

よろしくお願い致します。
2011/05/06 22:59URL | ぽっちゃま[ 編集]


ぽっちゃまさん、その計算であってます。

ちなみに今買うのはおすすめできません。

2011/05/06 23:07URL | 投資小僧[ 編集]


早速のお返事ありがとうございます。

資料を読んでどちらを購入するか検討したいと思います。

投資小僧様のブログを参考にして、良いタイミングの時にちょっとづつ積み立てる感じで購入していこうと思います。

今後ともよろしくお願い致します。


2011/05/06 23:15URL | ぽっちゃま[ 編集]


ぽっちゃまさん、いい結果になることを祈ってます。

本当の買い場は1年に2回くらいあったらいいとこです。よく勉強・研究して、絶好の買い場をぜひつかんでください。後は信念です。最後に勝つ人は自分で勉強したことを信じて信念を貫ける人です。お互い頑張りましょう!

2011/05/06 23:46URL | 投資小僧[ 編集]


久しぶりにコメントさせていただきます。投資小僧さん、プライベートでは大変だったようですね。企業相手の闘いは大変な事なんでしょうね。気を付けてくださいね。
金価格は米の雇用統計結果を受けて値を戻しているようですが、まだ買うのは早いでしょうか?今安い値段で買ったのを2枚だけキープして様子をみています。雇用統計結果での動きを見て買おうかなと思ったりしているのですが。
2011/05/07 00:07URL | チョビ[ 編集]


投資小僧さん

金価格は助かった?でしょうか。
巷では3000円を割り込むなんて喧伝されてます。
金の実力を信じていますが、これからふるい落とす相場が来そうです

あと万が一にも小僧さんが金を見捨てるような場合はありますか?
失礼ばかりですみません。
ゴールドバグの命運はいかに!?
2011/05/07 10:27URL | ベリー[ 編集]


いつもお世話になってます。

どうしても理解できないことがあります。
これから、金が上昇して、ドルが紙くずになるのはわかるのですが、それでドル円相場がなぜ円安(150円とか200円)に向かっていくのか、その予想される理由がわからないのです。

ドルが沈んでいくならやはり円高になるのではないかと思うのです。

金の上昇と、円安が後押しされると、金価格の恩恵を最大限受けることができるので嬉しいのですが、どうしても円安ではなく、円高に動くとしか思えないのです。

もし、お時間あれば説明のほうよろしくお願いします。


2011/05/07 17:30URL | カープ[ 編集]


http://zenkanblog.blog58.fc2.com/

投資小僧さん

 初めまして、小生も小さな金・銀鉱株ブログを運営しています。よかったら遊びに来てください。
2011/05/08 19:46URL | 実閃禅師[ 編集]


銀現物を54円で2本持っています。1本はホールドで1本を明日売るかどうか迷っています。6月初旬までまてるかな、と不安もあります。もしくは1本を明日売って1本を6月初旬まで待てばいいのでしょうか?長期保有のスタンスだったので切り替えが悪いです。2日に迷ったあげく売りそびれ、、
今回のことでCRBとGSRを勉強するようになりました。
小僧さんのコメントも繰り返し読ませていただいています
大変な中コメントを書かれていることを尊敬しています。.

2011/05/08 23:47URL | 0122[ 編集]


小僧様、お忙しい中すみませんでした。
マライヒさんへのお答えに書かれていましたね。

2011/05/09 00:26URL | 0122[ 編集]


チョビさん、こんにちは

お気遣いありがとうございます。忠告通り気をつけます!!

今週、底打ちすると思うのですが、底値でフラフラ動くことが多いのが一般的です。また、ダブルボトムをつけることも多いです。説明はつけませんが、次のチャートも参考になると思います。

http://blog-imgs-43.fc2.com/t/o/u/toushikozou/S1.png


ベリーさん、こんにちは

週末、支持線1479.1ドルより上で終わりましたので上昇トレンドは維持されています。今週も支持線は1479.1ドルですので、今週、週足のローソク足が陽線で支持線を維持すれば、5月16日以降上昇しやすくなります。

巷で3千円割り込む宣伝?に関しては私はよくわかりませんが、何を根拠にそういう話が出ているのかも存じていません。いつものことですが、突然の暴落が来ると、市場は一時的にショック状態になり、今までのファンダメンタルズがまるで嘘だったかのように悲観的な人が増えたりします。こういう時、大切なことは、いままでなぜ上昇し続けてきたか?という部分をもう一度見つめなおすことだと思います。

ちなみに、銀・原油は今回かなりの暴落を見せましたが、金は通常の調整範囲で収まっています。やはり金は強いと思いましたけどね。ただ、そうは言っても一直線で上がり続けることなく定期的に大きさの違いはあれ調整は必ず定期的に来ます。あくまで私のイメージですが、6月初旬~中旬には天井を打つと思います。その後、短期サイクルの天井であれば3700円(先物)くらい、中期サイクルの天井であれば3200円くらい(10~12月)まで下がると思います。NYであれば、短期は1400ドルは割れず、中期なら1100~1200ドルまで下がるイメージ。ここで重要なのは、私なら3200円や1200ドルくらいまで下がることはむしろ喜ばしいと考えている(次の上昇が楽しみ)のですが、そこまで下がることが人によっては「金はもう終わった」と考える人もいることです。正直、暴落が来るたびに悲観的になってしまえば長期投資で勝つことは難しいんじゃないかなと思ったりもします。ソロスが売ろうが、悲観論者が増えようが、日米欧の増え続ける借金が急に減るわけでもなく、通貨の価値が高まるわけでもありません。もう一度、金を取り巻く環境を見つめなおすことをお薦めします。私は金に対する考えは2000年以降、ずっと一貫していますし、現段階では一切揺るぎはないです。まだ金も銀も値位置はかなり低く相場も若いですので、暴落はまたとない買うチャンスだと捉えています。というのも、今後、年数が経てばたつほど、そういう安値で買うチャンスは少なくなると思うからです。本格的なインフレが始まれば、米国や日本の金利が0で維持できるはずもなく、金や銀の価格も今よりはるか上の値位置になっていると思います。

2011/05/09 10:19URL | 投資小僧[ 編集]


カープさん、こんにちは

とてもいい質問だと思います。実は金融関係者であっても「金と通貨の関係」を勘違いしている人が多いんです。それをこの機会に詳しく話します。また記事でも近々UPします。結論から述べると、私が言う未来の世界とは、ドル安と円安が同時に来る世界、もしくは、NY金が激しく上がりながら、激しいドル高円安が来る世界です。ちょっとピンと来ないかもしれませんが、こういうことです。

ほとんどの日本人はドルの評価はドル円のレートだと信じ切っています。これは貿易やFXでドル円の取引をする際は正しいのです。新聞にかいてあることも正しいのです。

しかし、金の取引をする際は真のドル評価を見る必要があります。それは金も一つの通貨として、全ての通貨に対してドルがどう評価されているかを見る必要があるのです。ドル円のレートはあくまでドルと円の間だけでの力関係です。世界の投資家はドル円を見て金投資しているわけではありません。ドルの絶対評価を示すドル指数が基本になります。ただ、これだけでもまだ不完全です。金も含めて初めてドルの評価が完全になります。

先ず、以下のデータを見てじっくり考えてみてください。理解するのは難しいかもしれませんが一番大切な部分です。

http://blog-imgs-43.fc2.com/t/o/u/toushikozou/S2.png

http://blog-imgs-43.fc2.com/t/o/u/toushikozou/S10.jpg

http://blog-imgs-43.fc2.com/t/o/u/toushikozou/S4.png

http://blog-imgs-43.fc2.com/t/o/u/toushikozou/S5.png

※ドル指数=主要6通貨(ユーロ、円、英ポンド、カナダドル、スウェーデンクローナ、スイスフラン)に対するドルの相場を指数化したもの。1通貨のみの為替レートと比べてより正確にドルの価値を測ることができる。

おまけ:円は歴史的に弱い通貨

http://blog-imgs-43.fc2.com/t/o/u/toushikozou/S6.png


ほとんどの人に「NY金上昇=ドル安=円高」という固定観念があると思います。しかし、この方程式は正しくはありません。なぜならドル円のレートは正しいドルの評価ではないからです。

ドル高(ドル指数高)でもNY金が暴騰することもあります。2010年にもありましたよね。欧州危機によりユーロ安ドル高で金暴騰。その期間、ドル円は若干のドル高円安。米国以外の先進国で財政危機が起きると、必然的にドルは強くなります。しかし、所詮、弱いもの同士の中でドルが強くなったにしか過ぎません。この期間に起きた事はペーパーマネーの中ではドルは強くなりましたが、金に対しては明確にドル安が起きたわけです。つまり、金独歩高になり、金が世界最強通貨になったわけです。ペーパーマネーだけのドル評価でドル指数高が起きているにも関わらず、ドル建て金価格上昇が起き始めているということは、米国以外の国でも財政危機が大きく進行し始めている証でもあり、これは世界的な強いインフレの兆でもあります。日本で財政危機がマーケットのターゲットにされ、本格的な円安に入ると、それがドル建て金価格の上昇材料になる可能性が欧州の時と同じく高まる可能性があります。その時はドル高であろうとドル安(ドル安と円安が同時に来る)であろうとNY金は上がると思います。まさに本格的な、金独歩高、世界最強通貨の流れに突入するのではないでしょうか

2011/05/09 11:16URL | 投資小僧[ 編集]


実閃禅師さん、こんにちは

ブログ参考にさせていただきます。


0122さん、こんにちは

共に勉強していきましょう!!

2011/05/09 11:32URL | 投資小僧[ 編集]


ちょっとまた忙しくなるので、お返事に時間がかかるかもしれませんがご了承ください。

2011/05/09 11:44URL | 投資小僧[ 編集]


初めまして!読者のへたれです。
いつも陰ながら、更新を楽しみに読ませて頂いていますm(__)m

初心者的な質問があります。
先週末、支持線1479.1ドルを無事にクリアーしましたが、東京金は6月初旬~中場頃に投資小僧さんのおっしゃる目標値4200~4275円前後を再度目指しそうでしょうか?

自分的には前回高値の4100円を超えれずに失速かな?と少し弱気に思っています。ご意見をお聞かせ下さい。宜しくお願いしますm(__)m

お忙しいと思いますので、ごゆっくり更新して下さい!!
2011/05/09 13:17URL | へたれ[ 編集]


へたれさん、こんにちは

正直なところ、今回の反発でどこまで上昇するかは、わかりません。ドル円次第なので4326円(東京金先物価格史上最高値)を超える可能性もありますし、ご指摘通り4100円くらいで失速してしまうかもしれません。今買う方はあくまでも超短期狙いだと思います。現物投資されている方なら、この場面での買いはおすすめできません。また、6月初旬天井はあくまで現在の波動リズムからみた予測です。これが1週間早まる可能性も十分ありえます。

2011/05/09 14:14URL | 投資小僧[ 編集]


分岐点

仮に現在続いてる上昇サイクルから逸脱する動き(下向き)が今月にあったとします。その場合、1400ドルを割るようであれば、夏~秋に1100~1200ドルを試す可能性は高いと思います(中期サイクルの天井)

1443ドルの支持線を割った瞬間から警告ランプが点灯します。

2011/05/09 14:29URL | 投資小僧[ 編集]


ドイツの天気予報サービス社Deutscher Wetterdienstが提供している日本の放射性物質飛散予報と、防災科学技術研究所(NIED)が提供する5秒更新のリアルタイム地震速報モニタをブログ最新記事の下に更新しておきましたので気になる方はどうぞ!!



2011/05/09 16:46URL | 投資小僧[ 編集]


先のことはわかりませんが、現段階で私自身が決めていること

金銀を全て売却して完全撤退しなくてはいけないなと思える環境

例えば、ある日、金1オンス3000ドルだったとします。米FF金利は10%以上で、FRB議長が毎月のように利上げしてもインフレは止まらず金は下がらず。ドル円=150~200円。日本含めた世界中が物価インフレで苦しい状態に。3000ドルでこう着状態に陥っていた金価格が、突然、火を噴き、1年間で3~5倍の9000~15000ドルになったとします。そういう狂い咲きをしたら身を完全に引きます。でも、今の環境はほど遠いですよね。はるか彼方の話です。今はタラタラ実にゆっくりおとなしく上昇中。金が本当に上がる時というのはこんなおとなしいものではないです。今、「金は終わった!バブルだ!」と騒ぐのは、バナナの皮で足を滑らせて、私はもう死ぬのか?と悲観的になるのと変わらないくらい滑稽なことだと思ってます。アナリストや銀行のストラテジストは騒ぐのが相当お好きなようですね。その方が商売になるのでしょう。銀は1オンス20ドル越えてから約8ヵ月で50ドル付近まで上昇しました。短期では上げ過ぎです。しかし、日柄はまだ8ヵ月と若い相場。若いうちに急落して深い押しをつくるということは銀が長期にわたって強い相場を維持したがっている証だと思います。強い相場ほどサイクルの若いうちに定期的な暴落を演じ、増え過ぎた買いを振るい落としてゆきます。この動きがあれば、50ドルまで上がって仮に20ドルまで下がったとしても、その次の上昇は3倍返しの110ドルというような上昇の仕方をするだろうというイメージを持っています。おそらく銀は相当揺れの激しい上昇の仕方をすると思います。なので、買いを狙うのは総悲観漂う安値の時でしょう。

2011/05/09 18:41URL | 投資小僧[ 編集]


投資小僧様

遅ればせながら、超新星爆発~黄金の誕生~
を改めて読ませて頂きました。
感動で興奮さえ覚えるほどです。

是非、また機会あれば 銀バージョンもお願いします!
ホルス 天空と太陽の神はシルバーなんですね。
エジプトの時代もシルバーの価値は相当なものだったんでしょうか。

さて、相場の波を感じることが大切だということで なるほど、と思ってることがあるんですが、
音楽をやっていて今日ふと思ってしまいました。

音楽のフレーズはゴールドやシルバーの相場と全く同じじゃないか、ということです。

音楽のフレーズにおいても、緊張と弛緩の波で成り立っています。

しかも、毎回同じような波ではなく、緩やかなフレーズもあれば、アッと驚くようなフレーズ(相場)もあり、その変化が予測出来ず、変化に富んでいる方が、面白い作品となっているように思います。

最近、凄く興味深く感じてることがあります。

それは、ショパンとあのロスチャイルドとの関係です。

ショパンに関する本を読んでみると、度々 ショパンはロスチャイルド家の夜会に出入りしていることが分かります。

そして、なんと彼の名曲 バラード第4番はロスチャイルドに献呈されているのです!

作品冒頭にちゃんと記されています。

このように、19世紀のロマン派の音楽家達も色濃く このような世界に影響されていたんではないでしょうか。

リストやワーグナーにもプンプンその匂いを感じてしまいます。

全く外れた話題かもしれませんね。
お許し下さい。


2011/05/09 22:20URL | マライヒ[ 編集]


投資小僧さん
忙しい中、返信ありがとうございます!

東京金は順調?に反発してきていますね。
来週上がる事を期待しています。
2011/05/11 08:44URL | へたれ[ 編集]


投資小僧さま。

ゴールドを一つの通貨として見る。
これは想像してませんでした。

無意識にゴールドは通貨ではなく、
別の所にある資産としてみていました。

ご説明されてなんとなくですが理解できました。

ありがとうございました。



2011/05/11 08:53URL | カープ[ 編集]


投資小僧さま。
いつも無償で貴重な情報をありがとうございます。心の傷を癒すにはまだ時間が足りないと思いますがどうぞご自愛ください。
先日、お米屋さんに行った時のこと。
いま商社や大企業がお米を買い占めているみたいです。九州の耕地などもどんどん買われているそうです。これは、インフレに備えての動きのように思います。
銀の現物での所有をしています。
買い足す時期は、まだまだですね。。
小僧さんの更新を楽しみにしています

2011/05/12 18:50URL | dora012[ 編集]


5/9の長期の視点は参考になります。金やとくに銀が「もう終わり」とか、ハント兄弟のようになるとか、巷のレポートは弱気ですが、とてもそうは思えません。3000ドルが1年で3倍になるような局面が大相場だという冷静な視点は、改めて自分のポジションを振り返り大変有益でした。ありがとうございます。急落場面で国内金銀ETFを追加しようと思いました。
2011/05/13 07:03URL | mingon[ 編集]


ゴールドマン・サックスが原油に対して再び強気の見通しを始めましたね。4月には顧客に商品市場に対して利益確定売りを推奨してたのに、一ヶ月もしないうちに強気の見通しですから笑ってしまいます。原油が強気の見通しですから、そろそろ金相場も1600ドルに向けて上がって欲しいです。

ドル円相場ですが最近上昇方向への動きになってきましたね。
90円に向けて動いて欲しいです。
2011/05/15 17:11URL | カープ[ 編集]


お世話になります。

先週末はギリシャの格下げなどのニュースで乱高下しましたね。

ユーロ圏の景気の悪化やアメリカの景気の悪化などで、商品相場は需要原則懸念で下げるという動きが見られます。

原油の急落で金も急落とか。

少し頭の中が混乱してきます。

①景気減速で商品が売られる。

②景気減速、消去法で買える資産が原油や金に流れる。

この①と②のパターンが混ざり合って動いてますよね。


結局どうしたいのかわからない動きが今の乱高下になっていますよね。


2011/05/22 14:36URL | カープ[ 編集]


そりゃ利確は、最強(最狂)の通貨、RMB¥(CNY)ですべきでしょうな。
2015/02/15 00:30URL | 名無しさん[ 編集]



コメントを投稿












管理者にだけ表示を許可する



トラックバック


trackback URL


| HOME |



Copyright © 2017 投資小僧の金相場日記Ⅱ. All Rights Reserved.
template by nekonomimige & blannoin photo by Encyclorecorder
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。