市場間分析を基にした金投資に必要な情報をお伝えします
Winter Clock

One Snowy NightNatural Sound - Rc

広告


Real-Time Price - 2site

XC-3.png

Toushi kozou's channel


金価格・投資分析ツール


Mariah Carey

Open Arms I Don't Wanna Cry

広告


最新記事


▲pagetop

カレンダー

04 | 2016/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール(金太郎)

Toushi Kozou

Author:Toushi Kozou
猫と相場をこよなく愛する大阪人

投資の最終判断は自己責任  
でよろしくお願いします


ブログランキング参加中

   人気ブログランキングへ にほんブログ村 先物取引ブログ 金先物(貴金属先物)へ

CX-PORTAL:先物情報



来訪者カウンター


天気予報


  お薦め本(Amazon)

ぜひ読んで欲しい名著

     災害対策用品


     絶版の貴重な本


   RSSリンクの表示


   月別アーカイブ


▲pagetop

6月の米雇用統計とFOMCは重要


そろそろ、NY金価格も日柄的に大きな変化を迎えるかもしれない。1999年8月に251.7ドルの大底を打ってから12年1ヵ月の上昇を続け、それに対して調整期間は2016年4月に黄金比(38.2%)の4年3ヵ月を経過しているからだ。かつ、直近の安値が2015年12月の1046.25ドルであり、この水準は26年間の高値・安値の半値押し1086.9ドルに近いことから、やはり底打ちの候補と言える。

ただ、価格の波動性からみると、1300ドルにある大きな壁で強く反落していることから、もう一度1086.9ドル前後を試す可能性は残る。今、すぐに強気に変化するための最低条件は、現在の調整が1175ドル前後で終わり、直近高値の1300ドルを大きく越えてゆくこと。そして、6月16日早朝発表のFOMCが分岐点となりそうだ。米国の株価の動き、インフレ率を見ていると、とてもじゃないが積極的に利上げできる環境ではないと思う。仮に6月利上げしたとしても、イエレンは今後利上げをできなくなってしまう可能性があります。なぜなら、市場は利下げを催促するような動きに今後なるかもしれないからだ。NYダウは現在大天井を形成中と見ています。Dow-Gold ratioも変化の兆しがあり。金買い株売りの動きはまもなくだと思う。目先の金下落は買いでしょう。






CFTC建玉明細からみた金の取組高

昨年12月から投機筋の金買いが爆発的に増加。現在、買い越し枚数は206632枚。あまりにも直線的な増加のため現在の調整は当然でしょう。






中央銀行の金買い姿勢は変わらず。

この金価格調整の中、大半の国々の金保有高は変わらずだったのに対して、中国、ロシア、カザフスタンなど一部の国々は一貫して金を購入している。全体的に緩やかな金準備の増加である。中国は4月末で1808トンまで増加。






SPDR金ETF買い残高の著しい増加

2012年12月5日に1351トンのピークをつけ、2015年12月17日に630トンまで減少。そこから大幅な買いが入り、現在、868トンまで増加。






個人的には、今年の金価格安値は積極的に買い拾いたいと思ってます。




ブログの更新、長期にわたってできずで、ごめんなさい。深刻な事情あり。

ただ、やめるつもりは一切ありません。今後もずっと続けるつもりです。いつか、復活します。

金価格に対する私の強気姿勢は変わりません。いつか3000、5000ドルと突き進むでしょう。

それではまた後日!






(※)分析、見通しなどは私独自の調査・手法によるものであり、完全なものではありません。最善を尽くしていますが、保障できるものではないため、投資最終判断は自己責任でよろしくお願いします。






 ☆ ブログランキング参加中! 応援のクリックよろしくね ☆



  クリックしてね↓
   
  応援よろしくね↓
  人気ブログランキングへ
  もう~ひと押し↓
  
  もう~ふた押し↓
  にほんブログ村 先物取引ブログ 金先物(貴金属先物)へ
           
  応援ありがとうございま~す♪











2016⁄05⁄29 22:30 カテゴリー:未分類 comment(12) trackback(0)
▲pagetop










| HOME |



Copyright © 2016 投資小僧の金相場日記Ⅱ. All Rights Reserved.
template by nekonomimige & blannoin photo by Encyclorecorder