市場間分析を基にした金投資に必要な情報をお伝えします
Winter Clock

One Snowy NightNatural Sound - Rc

広告


Real-Time Price - 2site

XC-3.png

Toushi kozou's channel


金価格・投資分析ツール


Mariah Carey

Open Arms I Don't Wanna Cry

広告


最新記事


▲pagetop

カレンダー

11 | 2012/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール(金太郎)

Toushi Kozou

Author:Toushi Kozou
猫と相場をこよなく愛する大阪人

投資の最終判断は自己責任  
でよろしくお願いします


ブログランキング参加中

   人気ブログランキングへ にほんブログ村 先物取引ブログ 金先物(貴金属先物)へ

CX-PORTAL:先物情報



来訪者カウンター


天気予報


  お薦め本(Amazon)

ぜひ読んで欲しい名著

     災害対策用品


     絶版の貴重な本


   RSSリンクの表示


   月別アーカイブ


▲pagetop

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






--⁄--⁄-- --:-- カテゴリー:スポンサー広告
▲pagetop








タイムウェーブ・ゼロ理論


2012年12月21日、マヤの太陽暦は26000年サイクルの1時代を終え、時間は0にリセットされる。そしてこの日、金とドル円は強力なアストロ変化日(天体上の)を迎える。おそらく、それは黄金時代の幕開けではなかろうか(勝手な妄想) タイトルの「タイムウェーブ・ゼロ理論」とは、時間は渦巻き状にフラクタル構造を作っていて、どんどん加速しているということだ。そして時間は渦の中心にのみこまれやがて0に達する。そのポイントがあと少しで訪れるらしい。わけわからんという人はネットでぜひ検索してみてほしい。興味あれば。要はあらゆる時間の「実際のサイクル」がどんどん短くなっているということ。人類の長い歴史の中で直近100年間はありとあらゆることが爆発的に加速している。人口、科学、文明、経済、そして通貨インフレなどは指数関数的な速度で発展・増加している。0ポイントで何が起きるのかは誰にもわからない。しかし、私は新時代に期待してみたい。おそらく、さらなる通貨インフレの加速、そして数千年、数万年ごとに訪れる金崇拝の時代復活だと思う。







ドル円の変化



ドル円は11月の変化しやすい時間帯に期待通りテクニカルブレイクアウト(円安方向へ)してくれました。月足ベースでの変化は実に7年ぶりです。あとは押しを入れながら、目先、直近安値の84円17銭と85銭52銭の上値抵抗線、そして95年4月の終値84円33銭を月末に超えることができれば、この変化はより一層信頼感が増すと思います。その場合、4~5年は円安継続か・・ 一方、現在は数十年単位の大変化の時間帯と重なるポイントでもありますが、この変化が確信できるのはまだ先の見通し。少なくとも2007年6月の安値124円14銭を月末に超えることが必要だ。そして、98年8月の147円64銭、90年4月の160円20銭を超えてゆけば、1ドル=360円の回帰に向けて激しく円安の動きが加速すると思われます。日本経済復活の起爆剤になると思えますが、360円を突破する新安値更新というトレンドが始まってしまうと、長期金利が急騰、そして悪性インフレが進行し再び景気は悪化という事態を想定。日本経済にとってはほどほどの円安が望ましい(150円~200円)かも。国内金価格は円安トレンドが始まった以上、グラム4000円台で買える時間はあまり残っていないように感じます。あと数ヵ月といったところか・・ 







ドル円月足2012-12-3





ドル円B2012-12-3







11月末、月足ベースの金の終わり方は強気維持。しかし、短期的には調整継続で弱気。目先、1780ドルの上値抵抗線を試してから調整入りするのがベストでしたが、届かずに反落。そして、週足は短期弱気示唆の陰線形成。したがって、150日移動平均線の通る1660~1670ドルまで調整が続く可能性あり。このポイントは良い買い場になる予感。やはり、テクニカルが強気に変化する2013年2~3月までは振動保ち合いが続きそう。金価格の12年間にわたる足取りは、崩れるか崩れないかのギリギリの支持線をたどる動きだ。実に悩ましい。しかし、金は強い。2013年3月までの警戒ポイントは1630ドルを割れた時。仮に直近安値1526.7ドルを割れたら再び中期トレンドは下落方向に突入。その場合、復活を期待しないほうがいい。おそらく、1200~1300ドルまでは下落するだろう。個人的には強気見通し。現在、しばし静観。







NGW12-12-3.png





NGD12-12-3.png







       ポチッと押してね ⇒人気 Blog RankinG

       ポチッと押してね ⇒  にほんブログ村

       ポチッと押してね ⇒FC2 Blog Ranking







(※)分析、見通しなどは私独自の調査・手法によるものであり、完全なものではありません。最善を尽くしていますが、保障できるものではないため、投資最終判断は自己責任でよろしくお願いします。






 ☆ ブログランキング参加中! 応援のクリックよろしくね ☆



  クリックしてね↓
   
  応援よろしくね↓
  人気ブログランキングへ
  もう~ひと押し↓
  
  もう~ふた押し↓
  にほんブログ村 先物取引ブログ 金先物(貴金属先物)へ
           
  応援ありがとうございま~す♪



スポンサーサイト



2012⁄12⁄04 20:50 カテゴリー:GOLD comment(28) trackback(0)
▲pagetop










| HOME |



Copyright © 2012 投資小僧の金相場日記Ⅱ. All Rights Reserved.
template by nekonomimige & blannoin photo by Encyclorecorder
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。