市場間分析を基にした金投資に必要な情報をお伝えします
Winter Clock

One Snowy NightNatural Sound - Rc

広告


Real-Time Price - 2site

XC-3.png

Toushi kozou's channel


金価格・投資分析ツール


Mariah Carey

Open Arms I Don't Wanna Cry

広告


最新記事


▲pagetop

カレンダー

09 | 2012/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール(金太郎)

Toushi Kozou

Author:Toushi Kozou
猫と相場をこよなく愛する大阪人

投資の最終判断は自己責任  
でよろしくお願いします


ブログランキング参加中

   人気ブログランキングへ にほんブログ村 先物取引ブログ 金先物(貴金属先物)へ

CX-PORTAL:先物情報



来訪者カウンター


天気予報


  お薦め本(Amazon)

ぜひ読んで欲しい名著

     災害対策用品


     絶版の貴重な本


   RSSリンクの表示


   月別アーカイブ


▲pagetop

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






--⁄--⁄-- --:-- カテゴリー:スポンサー広告
▲pagetop








足場形成


現在、金相場は短期調整中。やはり、次なる上昇に向けて足場形成に入った模様。数ヵ月保ち合う可能性があるが、その分、来年は楽しみだ! アストロでは金相場が保ち合いになりやすい水星逆行がまもなく始まる(11月7日~27日) ドル円は、円安に向けてテクニカルブレイクアウト(日足) 月足でも変化寸前。まもなくか?







NGW12-10-21.png

 



 おひまな方は以下どうぞ~




NHK:BS1 「知の巨人:世界経済再生への提言」 2012.8.19






       ポチッと押してね ⇒人気 Blog RankinG

       ポチッと押してね ⇒  にほんブログ村

       ポチッと押してね ⇒FC2 Blog Ranking







(※)分析、見通しなどは私独自の調査・手法によるものであり、完全なものではありません。最善を尽くしていますが、保障できるものではないため、投資最終判断は自己責任でよろしくお願いします。






 ☆ ブログランキング参加中! 応援のクリックよろしくね ☆



  クリックしてね↓
   
  応援よろしくね↓
  人気ブログランキングへ
  もう~ひと押し↓
  
  もう~ふた押し↓
  にほんブログ村 先物取引ブログ 金先物(貴金属先物)へ
           
  応援ありがとうございま~す♪



スポンサーサイト



2012⁄10⁄21 12:20 カテゴリー:GOLD comment(17) trackback(0)
▲pagetop








インフレとデフレの狭間で


おそらく、今、金は短期的な調整期に入っているのであろう。10月5日の米雇用統計後、上値が重たくなっている。一直線に増えていたCOMEX金総取組高もやや減少傾向にある。しかし、金価格をチャートの視点から見ると完全にテクニカルは好転している。現在の調整保ち合い期はあくまでも次なる上昇期へ移行するための足場つくりと考えられる。そして、サポートラインは、1693.1ドルと1662.4ドルにある。おそらく、この調整期は1662.4~1693.1ドルの価格帯で強力に支えられると思う。特に1662.4ドル前後は強力だ。仮に勢い余って深く突っ込んだとしても今のところ1600ドルを割れる可能性は低いと見る。今後数年、もしかしたら数十年、1600ドル割れることはない可能性もある・・ テクニカル、金を取り巻く環境、共に超強気。結局のところ、日米欧では量的緩和を止めることができず、潜在的な超インフレの芽だけがすくすくと育っている。緩和をやりすぎれば、超インフレの誘発、止めればデフレ不況。インフレとデフレの狭間の中で中央銀行も身動きがとれない状態に陥りつつある。そうこうしているうちに、人々の所得は減少方向へ。そして、医療の急発達から高齢者の急増。どこの国も社会保障費が財政圧迫の原因に。特に福祉が充実している欧州では、社会保障費などの非賃金コストの高さが、新たに人を雇うことの障壁になっていると言われています。若年層の失業率、日本は25~34歳が8%なのに対し、欧州各国は10~20%台。一方、途上国は人口爆発が止まらない。これらさまざまな問題を見ていると、21世紀という時代は人類の長い歴史の中で全てがバブルであり、ある意味、終末的な流れと感じる。やはり、破滅的なところまで進み、そしてまた再生を始めるという自然のサイクルから逃れられない運命なのかも・・ ここに金を持つ大いなる意味が存在する。 







NGW12-10-14.png







ドル円、5年ぶりの変化が間近



おそらくドル円にとって、11月が重要な節目になると思われる。一目均衡表(月足)では、11月中に76円89銭を超える円高が訪れなければ、5年ぶりに転換線と基準線はクロスして好転する。これはとても大きな変化を意味する。ただ、この変化は瞬間で12月以降再びこの関係は逆転。したがって、11月、瞬間的に訪れる円安に変化しやすいタイミングでトレンドの大転換が訪れるかどうか、じっくり観察してほしい。もし、11月以降、持続的な円安へ発展し、2013年5月までに85円52銭を上回る円安があれば、5年ぶりに基準線は円安方向へ変化するため、この動きも円安へ変化した指標の一つとして見ることができると思う。現在、数十年続いた円高が終わりを告げようとしている前兆が見える中、個人的にはやはり変化する可能性が高いと日々感じる今日この頃。







ドル円2012-10-14





ドル円月足12-8-18





ドル円12-8-19







       ポチッと押してね ⇒人気 Blog RankinG

       ポチッと押してね ⇒  にほんブログ村

       ポチッと押してね ⇒FC2 Blog Ranking








宇宙
sss-35.png





Robert Miles - Children








Robert Miles - Th1rt3en









(※)分析、見通しなどは私独自の調査・手法によるものであり、完全なものではありません。最善を尽くしていますが、保障できるものではないため、投資最終判断は自己責任でよろしくお願いします。






 ☆ ブログランキング参加中! 応援のクリックよろしくね ☆



  クリックしてね↓
   
  応援よろしくね↓
  人気ブログランキングへ
  もう~ひと押し↓
  
  もう~ふた押し↓
  にほんブログ村 先物取引ブログ 金先物(貴金属先物)へ
           
  応援ありがとうございま~す♪






2012⁄10⁄14 19:38 カテゴリー:GOLD comment(12) trackback(0)









| HOME |



Copyright © 2012 投資小僧の金相場日記Ⅱ. All Rights Reserved.
template by nekonomimige & blannoin photo by Encyclorecorder
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。