市場間分析を基にした金投資に必要な情報をお伝えします
Winter Clock

One Snowy NightNatural Sound - Rc

広告


Real-Time Price - 2site

XC-3.png

Toushi kozou's channel


金価格・投資分析ツール


Mariah Carey

Open Arms I Don't Wanna Cry

広告


最新記事


▲pagetop

カレンダー

07 | 2012/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

プロフィール(金太郎)

Toushi Kozou

Author:Toushi Kozou
猫と相場をこよなく愛する大阪人

投資の最終判断は自己責任  
でよろしくお願いします


ブログランキング参加中

   人気ブログランキングへ にほんブログ村 先物取引ブログ 金先物(貴金属先物)へ

CX-PORTAL:先物情報



来訪者カウンター


天気予報


  お薦め本(Amazon)

ぜひ読んで欲しい名著

     災害対策用品


     絶版の貴重な本


   RSSリンクの表示


   月別アーカイブ


▲pagetop

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






--⁄--⁄-- --:-- カテゴリー:スポンサー広告
▲pagetop








3000ドルに向けて


今週(8月20~24日)は、金市場において大きな変化が起きた週だと思う。人によっては、見方がさまざまだと思いますが、私個人としては、待ちにまった瞬間だと言いたい。買い意欲は2008年以来の強いもの。先ず、チャート上では完璧なほどのテクニカルブレイクアウト。中途半端ではなく、いままで数ヵ月乗り越えられなかった壁を突破したとたん、爆発的な上昇と取組高の急増を演じた。(NY金は1週間で総取組高6.6%急増。これは3年間で最低の385434枚を記録した直後だった) また、SPDR金ETFの残高も今月急増。これらの動きを見ていると、なんとなく、「よーし、これから買うぞ」という投機筋の鼻息荒さを感じる。







 





NGW12-8-25-2.png







次なる金のステップ



私個人の分析では、向こう3年前後を目安として、NY金で3000ドル/1トロイオンス、東京金で6500~12000円/グラムが一つの節目・目標値になるのではないかと思う。しかし、これは、あくまで目先の目標値にしか過ぎず、一呼吸したその先にはもっと高い高値、5000ドルや、2~3万円といった価格に到達する可能性が高いと思う。いつか、とてつもない狂ったような上昇が見られるはずだ。今は、緩やかな上昇・緩やかな調整の中で楽しみましょう ♪♪







NG-取組高-12-8-25





TGD12-8-25.png







2001年以降の長期支持線


今後、より上昇スピードが加速すれば、150日移動平均線から100日や75日線への移行も十分ありえる。







NGW-T-8-25-60MA.png





NGD-150DMA.png







東京金は、長きにわたって、260日移動平均線(52週)が一番適合している長期線だと思います。今後はどうだろう???????

週足でのおすすめ移動平均線(東京・NYに共通)
13週、26週、52週、78週移動平均線(13の倍数)

どちらかと言うと、日足より週足のこれら4本の線を全て並べて見ていくのが一番いいかもしれないね!どこかのラインで必ず跳ねているのが見てわかるので。













       ポチッと押してね ⇒人気 Blog RankinG

       ポチッと押してね ⇒  にほんブログ村

       ポチッと押してね ⇒FC2 Blog Ranking







(※)分析、見通しなどは私独自の調査・手法によるものであり、完全なものではありません。最善を尽くしていますが、保障できるものではないため、投資最終判断は自己責任でよろしくお願いします。






 ☆ ブログランキング参加中! 応援のクリックよろしくね ☆



  クリックしてね↓
   
  応援よろしくね↓
  人気ブログランキングへ
  もう~ひと押し↓
  
  もう~ふた押し↓
  にほんブログ村 先物取引ブログ 金先物(貴金属先物)へ
           
  応援ありがとうございま~す♪



スポンサーサイト



2012⁄08⁄26 09:56 カテゴリー:GOLD comment(27) trackback(0)
▲pagetop








金強気示唆


今週末のNY金価格は、ローソク足が陰線で終了。これで15週連続・陰陽の繰り返し(典型的な保ち合いパターン) 途中、上値抵抗線(先行スパン壁)まで上昇しましたが再び下落。しかし、週足転換線で週後半に反発し、下ひげの長い短い陰線で終了。まだ保ち合いの範疇に位置しますが、サイクル上の動き・テクニカルは週毎買いに傾きつつあるため、個人的には上に抜ける確率が高いと思う。それに対して東京金は週足のサイクル・テクニカルの状態はNY金より先んじて買いに変化。これが本物なら、東京金の約1年にわたる調整波は「上昇波の途中に出現したニセのダブル・トップ」となり、結果としては単なる中段保ち合いだったということになる。まだ完全に買い変化したわけではありませんが、今週末の第一歩の変化を私は信じてみたい。ソロス・ポールソンの金買い増しのニュースも好材料だと思う。彼らが買っていた時期は、まさにテクニカル上でここで崩れたら崩壊するというギリギリのポイント。この12年ほど金価格の動きを見ていて強く思うことは、金は、長く強い上昇をやった後、数年おきに野球で言う9回裏、3-0、二死満塁というところまで徹底的に弱ったふりをする。そして、必ずと言っていいほど1サイクルの終了間際でサヨナラ逆転満塁ホームランを打つという離れ技をやってのける。圧倒的に強いくせして死んだふりするなんて本当にいやらしい。その裏では、弱ったふりして積み上がり過ぎた買いを振るい落とすという目的があります。今回もそのいやらしさを信じてみようと思う。また、COMEXの金取組高は1年10ヵ月で40%減少。中身は相当軽くなった。これらを見ても、ここで底打ちすればこれからも息の長い健全な上昇を続けそうだ。







TGD12-8-18.png






TGD12-8-18-a.png






TGW12-8-18.png






TGW12-8-18-a.png






TGM12-8-18.png







2008年の底から数えて約3年強い上昇波を描いた後なので、今のような頭重たい動きは仕方がないと言えます。これも相場の宿命なので、今しばらく我慢。ここで買いに変化したとしても、おそらく2000ドル超えるまでには山あり谷ありのしんどい相場が続きそう 







NGW12-8-13_20120818184157.png








週末のテクニカルブレイクライン(8月20日~24日)





今週の重要上値抵抗線 1623.76ドル(NY金スポット価格)

ただし、週途中で瞬間高値が1629.94ドルを超えた時、次の方程式のHにその高値を入れてブレイクラインを計算し直す必要あり




Sw-a1.png




上記抵抗線は、独自の方法で算出した週末抵抗線
(一目均衡表/先行スパン上限)
現在、13週連続この抵抗線を週末に超えられず
大幅に超えれば保ち合いを脱出し買いに変化する可能性あり





今週のブレイクアウトポイント(下記載チャート)

週末に水色のラインを大幅に超えれば強気
週末に黄緑のラインを大幅に下回れば弱気






TG600M12-8-18a.png






line.png






強気示唆ですが、油断はできず。今は、はっきりとどちらに放れるか待つのみ。上記チャートと価格の動きを照らし合わせて観察すれば、どこに壁があるか何となくわかっていただけると思います。







ドル円



円安波動へ向けて順調な足どり



ドル円12-8-19






ドル円月足12-8-18















       ポチッと押してね ⇒人気 Blog RankinG

       ポチッと押してね ⇒  にほんブログ村

       ポチッと押してね ⇒FC2 Blog Ranking







(※)分析、見通しなどは私独自の調査・手法によるものであり、完全なものではありません。最善を尽くしていますが、保障できるものではないため、投資最終判断は自己責任でよろしくお願いします。






 ☆ ブログランキング参加中! 応援のクリックよろしくね ☆



  クリックしてね↓
   
  応援よろしくね↓
  人気ブログランキングへ
  もう~ひと押し↓
  
  もう~ふた押し↓
  にほんブログ村 先物取引ブログ 金先物(貴金属先物)へ
           
  応援ありがとうございま~す♪






2012⁄08⁄18 18:19 カテゴリー:未分類 comment(17) trackback(0)
▲pagetop








金底打ちの可能性


現在の金価格は、未だ保ち合い中にあり、方向性の判断が難しい局面です。週末の上値抵抗線は1626ドル、下値支持線は1566ドル付近。ただ、状況は少しづつ変化しつつあります。約3ヵ月にわたり、下抜け寸前の状態だったのが、それをもちこたえ、今度は上に抜ける直前に。上昇サイクルの動きから離脱する動きを始めたとたん、上向きの動きが始まっています。テクニカルの状態は2008年底打ちした時とほぼ同じ状態にあり、今後上抜けに期待がかかります。一方、ファンダメンタルズは総弱気の状態に。QE3の可能性後退、インド・中国の需要減、年金やファンドによるETF需要減、鉱山会社のヘッジ解消による買戻し終了など。中央銀行による買いも以前と比べて細っているため、こういった状況だけを見て判断すれば、とてもじゃないが金を買う環境にないと思う。しかし、金価格の調整は昨年9月の高値から数えて約1年経過し、NY金の取組は整理が相当進んでいます。弱気の環境であるにも関わらず、ここ3ヵ月ほど重要支持線で踏ん張っているところを見ると、揺るぎない強気派の買いが入っているのかもしれない。まだ、現状、何とも言えないが、8月18日以降、週末に陽線引け、そして1660ドルを試すのなら金は底打ちした可能性が高いとしておきたい。取組の整理が進んだ状態でのファンダメンタルズ総弱気は個人的には買い場とみています。(現在のテクニカルは買い変化直前)







NGW12-8-13.png



未来スパンが雲の中に入れるかどうかがポイント



NGW-a2008.png







仮に、金が今回底打ちしたとなると、2000ドルを突破するのはずいぶん先になりそう。上値抵抗線の壁は相当厚く、時間をこなすことが必要だと思えるので年内突破は難しいと思う。おそらく、2013年中旬以降になるのでは。それまでは、上限1900ドル台とした保ち合い相場になりそう。その期間を終えれば、3000ドルに向けた強い上昇波が始まる見通し。







AB.png



東京金の足は強気パターンになる兆し



XAU12-8-13.png



金鉱株指数も底打ちの兆しあり



NGM取組高12-8-13







アストロロジー(金融占星術)



金価格が保ち合いになりやすい金星逆行と水星逆行が終了しました。そして、激しい振動を伴いやすい天王星逆行に突入。そろそろ新たな動きが出てもおかしくない予感





金星逆行期間   5月15日~ 6月27日

水星逆行期間   7月15日~ 8月 8日

天王星逆行期間 7月13日~12月13日





TGD12-8-13.png







       ポチッと押してね ⇒人気 Blog RankinG

       ポチッと押してね ⇒  にほんブログ村

       ポチッと押してね ⇒FC2 Blog Ranking







(※)分析、見通しなどは私独自の調査・手法によるものであり、完全なものではありません。最善を尽くしていますが、保障できるものではないため、投資最終判断は自己責任でよろしくお願いします。






 ☆ ブログランキング参加中! 応援のクリックよろしくね ☆



  クリックしてね↓
   
  応援よろしくね↓
  人気ブログランキングへ
  もう~ひと押し↓
  
  もう~ふた押し↓
  にほんブログ村 先物取引ブログ 金先物(貴金属先物)へ
           
  応援ありがとうございま~す♪











2012⁄08⁄13 02:30 カテゴリー:GOLD comment(13) trackback(0)
▲pagetop










| HOME |



Copyright © 2012 投資小僧の金相場日記Ⅱ. All Rights Reserved.
template by nekonomimige & blannoin photo by Encyclorecorder
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。