市場間分析を基にした金投資に必要な情報をお伝えします
Winter Clock

One Snowy NightNatural Sound - Rc

広告


Real-Time Price - 2site

XC-3.png

Toushi kozou's channel


金価格・投資分析ツール


Mariah Carey

Open Arms I Don't Wanna Cry

広告


最新記事


▲pagetop

カレンダー

05 | 2012/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール(金太郎)

Toushi Kozou

Author:Toushi Kozou
猫と相場をこよなく愛する大阪人

投資の最終判断は自己責任  
でよろしくお願いします


ブログランキング参加中

   人気ブログランキングへ にほんブログ村 先物取引ブログ 金先物(貴金属先物)へ

CX-PORTAL:先物情報



来訪者カウンター


天気予報


  お薦め本(Amazon)

ぜひ読んで欲しい名著

     災害対策用品


     絶版の貴重な本


   RSSリンクの表示


   月別アーカイブ


▲pagetop

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






--⁄--⁄-- --:-- カテゴリー:スポンサー広告
▲pagetop








金価格、強気示唆???


6月29日、ユーロ圏首脳は、ESM(欧州安定メカニズム)の銀行直接資本注入・監督制度統一で合意した。これにより、商品市場ではNY原油が7ドル、金が54ドル上昇。仮にこれらの合意がなく、金価格が下がっていたとすれば、7月からかなりの確率で1300ドル割れに向けて突き進むことになっていたと思う。したがって、この日の動きはとても重要だったと言える(金価格は支持線とサイクルの節目ギリギリのところで猛烈に復活するケースがとても多い) 現状は、月末ギリギリで急上昇したことにより、上昇トレンドはしっかり節目で維持されている。6月末の節目で金価格が底打ちしたかどうかは、今のところまだはっきりせず(1年かけて形成された売り圧力はまだまだ続く) ただ、節目で大きく反発したことにより、上昇サイクル復活の前兆あり。6月25日の週からサイクルの上昇圧力が1~2ヵ月続くことになるが、今週は先ずクリア(週足は陽線) 7月に入り、順調にサイクルの力を受け上昇を続けるのであれば、約1年続いた振動は上昇トレンド中に発生した大きな中段もちあいだったということになる。逆に7月に入っても弱い動きが続くようであれば要注意である。なかなか本当の姿を見せてくれない金相場。トレンドがはっきりするのはもう少し先になりそう。







NGW12-6-30.png





TGW12-6-30.png







ドル円月足分析



月末終値は、79円79銭・陽線引けで18ヵ月移動平均線(79円52銭)を再び円安へブレイク。円安波動スタートの足場は固まりつつあります。ただ、直近の円高波動が4年5ヵ月続いているためにテクニカル上の円高圧力は相当強い(圧力は波動が形成された時間に比例する) そのため、まだ数ヵ月はフラフラした動きになる見通し(そう簡単に明確な円安の動きにはならないと思う) 今は寝て待つのみ。事が始まれば、東京金は猛烈な上昇を見せてもおかしくない。行き過ぎた振り子は何れ元に戻る運命。その力はファンダメンタルズさえ動かす。







DE12-6-30.png







       ポチッと押してね ⇒人気 Blog RankinG

       ポチッと押してね ⇒  にほんブログ村

       ポチッと押してね ⇒FC2 Blog Ranking







(※)分析、見通しなどは私独自の調査・手法によるものであり、完全なものではありません。最善を尽くしていますが、保障できるものではないため、投資最終判断は自己責任でよろしくお願いします。






 ☆ ブログランキング参加中! 応援のクリックよろしくね ☆



  クリックしてね↓
   
  応援よろしくね↓
  人気ブログランキングへ
  もう~ひと押し↓
  
  もう~ふた押し↓
  にほんブログ村 先物取引ブログ 金先物(貴金属先物)へ
           
  応援ありがとうございま~す♪



スポンサーサイト



2012⁄06⁄30 17:35 カテゴリー:GOLD comment(8) trackback(0)
▲pagetop








FOMCを終えて


21日のFOMC声明・バーナンキ発言は金価格を押し上げるには至らなかった。そして、今週末の金価格終値・・今のところ弱い足であり、下抜け寸前の状態にある。銀にいたっては、支持線を下抜けた(下方にブレイクアウト) 次に重要なのは、もし、今まで通り中期上昇トレンドのサイクルが維持されるのであれば、来週から最低でも1ヵ月、もしくは2ヵ月上昇を続けることになると思う(サイクルの力) 特に6月29日と7月6日の週末終値は需要。6ヵ月サイクルの節目で上に変化するのであれば、2週連続陽線となる見通し。逆に来週以降このまま下げてゆくのであれば、現サイクルからの逸脱、つまり下向きに変化したことを意味する。投資家はこの時間の節目でどう変化するかを見極めてから動くのが得策でしょう。







NGW2-6-23.png





NGW-6-23.png





NSW-6-23.png







東京金日足テクニカル



東京金日足価格は、現在のところ、「時の波動円」内におさまっている。しかし、ギリギリの状態で売り圧力は依然強い。ここも、上昇サイクルが維持される(波動円内で動く)か、離脱するか慎重に見極めるポイントだと思います。じっくり待つべし。








6月10日




TGD-6-24.png
6月24日







ドル円月足分析



再び18ヵ月移動平均線(79円56銭)を上(円安)にブレイク。現在80円39銭。転換線は79円86銭、ボリンジャー中心線は79円92銭。このまま月末に全ての上値抵抗線を越え80円台で終わるなら今後の円安波動に期待がかかる。ただ、テクニカル上の円高圧力が依然強い時間帯にまだ位置するため、今年は方向感のない動きでさまようかもしれない。まだ様子見しかできない相場だと思う。左右対称の動きが明確なら、あと4~5ヵ月はこのような動きを繰り返す可能性あり。相場の難易度は超難関の域。トレンドのないところに利益は望めない。







ドル円12-6-23







~ Kozou's favorite songs ~






Kitaro - Mercury





Music Painting - Matteo Negrin







       ポチッと押してね ⇒人気 Blog RankinG

       ポチッと押してね ⇒  にほんブログ村

       ポチッと押してね ⇒FC2 Blog Ranking







(※)分析、見通しなどは私独自の調査・手法によるものであり、完全なものではありません。最善を尽くしていますが、保障できるものではないため、投資最終判断は自己責任でよろしくお願いします。






 ☆ ブログランキング参加中! 応援のクリックよろしくね ☆



  クリックしてね↓
   
  応援よろしくね↓
  人気ブログランキングへ
  もう~ひと押し↓
  
  もう~ふた押し↓
  にほんブログ村 先物取引ブログ 金先物(貴金属先物)へ
           
  応援ありがとうございま~す♪






2012⁄06⁄23 14:40 カテゴリー:GOLD comment(1) trackback(0)
▲pagetop








節目の週


金はFOMCで失望売り(6月21日)

FOMCでツイストオペ延長が決定されたが、すでにマーケットはこの報を織り込んでいたため、金は失望売りにつながった。これが即今後の売りにつながるとは限らない。重要なのは、FOMC声明の内容よりも、この報により今後マーケットがどう反応するかに注目。それが全て。22日、29日の終値、特に金星逆行が終わる27日以降の動きに注目。そろそろ新たな動きが出てくると思います。
強ければ買う、弱ければ見送る・・で、いいのではないでしょうか







本日20日は新月● まもなく注目のFOMC

そして、27日に相場停滞期の金星逆行が終わる

6月末は半年サイクル(短期サイクル)の節目

さて、28日以降、新たなるトレンドが出ることを期待したい!







6月21日 日本時間

1:30 米政策金利・FOMC声明
3:15 バーナンキFRB議長発言








ギリシャ再選挙の結果がわかるまであと数時間。その直前にて金の状態はどうなっているのだろうか・・(16日執筆)







NY金週足の遅行スパンから見た現金価格の動き

①26週先行させた遅行スパンは雲の壁に接触

②遅行スパンは好転(陽転)寸前

③52週遅行スパンは依然買いの領域にある







6月15日、再び陽線を形成したことにより遅行スパンは好転寸前 これにより、チャートの悪化は免れた。上記①~③から判断できることは、やはり、現在重要な節目に位置するということ。上下どちらに抜けてもおかしくない。もし、現価格が維持されるのであれば、26週前(1サイクル過去)も52週(2サイクル過去)も同じ時間軸上ではあと1週間後(6月25日~)から価格は急上昇して1800ドルを目指す動きになっているので、今回もその動きに沿う可能性がある。(サイクルの繰り返し) 逆に6月18日の週、大きく下げて終わるようであれば(22日終値で判断)、過去2サイクルの動きと逆行することになり、それは大きなトレンド転換を意味すると思われる。





6月27日 金星逆行終了 貴金属変化日
(上?下?運命の分かれ道)





NYG12-6-17.png






NGW-2a.png






NGW-3a.png

 





       ポチッと押してね ⇒人気 Blog RankinG

       ポチッと押してね ⇒  にほんブログ村

       ポチッと押してね ⇒FC2 Blog Ranking







(※)分析、見通しなどは私独自の調査・手法によるものであり、完全なものではありません。最善を尽くしていますが、保障できるものではないため、投資最終判断は自己責任でよろしくお願いします。






 ☆ ブログランキング参加中! 応援のクリックよろしくね ☆



  クリックしてね↓
   
  応援よろしくね↓
  人気ブログランキングへ
  もう~ひと押し↓
  
  もう~ふた押し↓
  にほんブログ村 先物取引ブログ 金先物(貴金属先物)へ
           
  応援ありがとうございま~す♪






2012⁄06⁄18 01:20 カテゴリー:GOLD comment(12) trackback(0)
▲pagetop








最重要局面突入


ついに6月で一番重要な時間帯、および、今年で最も重要なメインイベントの時が来たと思います。金相場で最も短いサイクルは6ヵ月、これは6月末に来ます。ここでどういう変化をするか・・ここが一番大事です。注目は20日FOMCを終えた22日の週末終値。そして、29日の終値でしょう。その変化の後は、7月に入り上向きの変化か下向きの変化かはっきりする見通し。本日の段階では、テクニカルは下向きを暗示。しかし、FOMC後数百ドル暴騰すればすぐ上に変化する状態です。今は相場観を中立にして結果を待つのみ







アストロ(金融占星術)の変化日、および重要時間帯



6月20日 新月● 米FOMC 
なぜか超ビッグイベントでいつも満月か新月

6月27日 金星逆行終了 貴金属変化日
(上?下?運命の分かれ道)

やはり、今回も金星逆行特有の振動相場になりました。

再掲載:この期間(5月15日~6月27日)、金融市場は困難かつ不透明な時期に陥りやすい。相場の動きは不安定。FRBが金融政策を根本的に変えることも珍しくなく相場のトレンド反転がしばし起こる。株価にとっては良くない時期。金星は、美・愛情・快楽・お金をつかさどる星。逆行期は、恋愛・結婚生活のトラブル、投資の失敗が起きやすい。また、この期間、恋愛や投資は少し休んで、自分の感性を磨いたり、やりかけの趣味や娯楽に没頭するのがいいという。

この期間が終わると、直線的なトレンドが発生することが多い。果たして7月は上下どっちだろう?







~ Kozou's favorite songs ~ Ballad ~






Laura Pausini - It's Not Goodbye





George Benson - Nothing's Gonna Change

 





金テクニカル分析



①取組から見たNY金相場

COMEX金週足・総取組高の動きは、未だ減少方向に変わりなし。





NGW-総取組高-2012-6-9







②トレンドラインを利用したファン理論では、現在、NY金価格は上値抵抗線に抑え付けられている。





ファン理論-2012-6-10







③NY金週足は、陰線を形成したことにより再び「売り足」に逆戻り。





NGW-2012-6-10.png







④東京金は、5月6日の記事で指摘した下値目標値3900円を下回り、一旦、6月4日に3886円で底打ちしています。本来であれば、3900円前後には過去行われた売買の足跡がたくさん残っているため強力な支持線となり絶好の買い場と言いたいところです。しかし、相場で最も大事なのは価格より時間。3900円割れるまでに経過した時間は3ヵ月です。直近上昇波は2ヵ月。下降波は3ヵ月。この4年間で最も波動サイクルが弱気に変化しかけている瞬間とも言えます。直近安値3808円を下回ってないところが最後の救いですが、今はサイクルが大きく弱気に傾きかけている直前なので買いは相当慎重に行うべきだと思えます。ここでアドバイスできるとすれば、上に大きく変化するのを確認してから買っても遅くはないということです。上向きに変化したとしても、かなりの確率で初押し(トレンド転換した直後の初調整)は来ます。買うなら、その初押しが一番安全でしょう。できる限り安値を買いたいという欲が、足もとの防御を限りなく0にし、最大限高まったリスクが投資家を一瞬でノックアウトすることはよくあることです。先ず防御ありき。











NY銀テクニカル分析



金と比較してさらに弱気





NSW-2012-6-10.png







       ポチッと押してね ⇒人気 Blog RankinG

       ポチッと押してね ⇒FC2 Blog Ranking







ドル円テクニカル分析



相変わらずいやらしい動きが続きそう。今のところ、はっきりしない状態でありますが、円安波動入りの可能性は十分残ります。これまた待つのみ。FXは四苦八苦しやすいポイントではないでしょうか。トレンドが出るまで様子見がベスト。





DY-2012-6-10.png






DY2.png







謎の金チャート



このグラフが意味するところは???






 




(※)分析、見通しなどは私独自の調査・手法によるものであり、完全なものではありません。最善を尽くしていますが、保障できるものではないため、投資最終判断は自己責任でよろしくお願いします。






 ☆ ブログランキング参加中! 応援のクリックよろしくね ☆



  クリックしてね↓
   
  応援よろしくね↓
  人気ブログランキングへ
  もう~ひと押し↓
  

           
  応援ありがとうございま~す♪







2012⁄06⁄10 13:53 カテゴリー:GOLD comment(8) trackback(0)
▲pagetop










| HOME |



Copyright © 2012 投資小僧の金相場日記Ⅱ. All Rights Reserved.
template by nekonomimige & blannoin photo by Encyclorecorder
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。