市場間分析を基にした金投資に必要な情報をお伝えします
Winter Clock

One Snowy NightNatural Sound - Rc

広告


Real-Time Price - 2site

XC-3.png

Toushi kozou's channel


金価格・投資分析ツール


Mariah Carey

Open Arms I Don't Wanna Cry

広告


最新記事


▲pagetop

カレンダー

07 | 2010/08 | 09
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール(金太郎)

Toushi Kozou

Author:Toushi Kozou
猫と相場をこよなく愛する大阪人

投資の最終判断は自己責任  
でよろしくお願いします


ブログランキング参加中

   人気ブログランキングへ にほんブログ村 先物取引ブログ 金先物(貴金属先物)へ

CX-PORTAL:先物情報



来訪者カウンター


天気予報


  お薦め本(Amazon)

ぜひ読んで欲しい名著

     災害対策用品


     絶版の貴重な本


   RSSリンクの表示


   月別アーカイブ


▲pagetop

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






--⁄--⁄-- --:-- カテゴリー:スポンサー広告
▲pagetop








速報ニュース


ロシア史上最悪の事態 ~ 過去1000年で最悪の猛暑と言われるロシア、熱波と火災による死者は少なく見積もって1万5000人を超えた模様。モスクワ市の死亡率は1日当たり700人となり、10日、森林火災の拡大によりモスクワとロシア西部で非常事態が発令された。 現在、数万人規模のモスクワ市民が首都から避難している。さらに、各国大使館の大使は国外へ退避し、ロシアへの渡航延期勧告も出されている。 また、ロシア西部ウラル地方にある使用済み核燃料の貯蔵庫にも火が迫り、予断の許さない状態にある。 チェルノブイリ原発事故で汚染されたロシア西端部に炎が延焼した場合、放射能物質が大気中に拡散する危険性も指摘されている。 一部非公式情報によれば、生物兵器の工場が全焼したとも伝えられ、今後、放射能・化学汚染が心配される。 (8月11日)


※ 海外、国内で報道されている記事を上記にまとめてみました。






ロシア1



ロシア2



ロシア3



ロシア4



ロシア5



ロシア6
Photo:Reuters




山火事発生地区と放射能汚染が心配される核施設・事故跡の地図
ロシア火災地域
Wildfires in Russia(ロシアの山火事)、Chernobyl(チェルノブイリ)



ロシア火災発生地域
ロシア西部やモスクワなどで約560カ所の火災(10日現在)



ロシア7
防毒マスクなしでは生活できない首都モスクワ




スポンサーサイト



2010⁄08⁄18 11:00 カテゴリー:未分類 comment(4) trackback(0)
▲pagetop








暑い夏


今年の夏は、本当に暑いですね~ 特に日差しがきつく感じませんか? 新聞・テレビを見れば、日本列島、日射病で倒れる人が続出中。ロシアでは130年間で最も暑い夏となり、非常事態宣言が7自治体にだされたほど。なんでも、干ばつ・森林火災が相次ぎ、穀物輸出は12月までストップされることになったとか。なんか、地球全体がおかしい・・ 実は、とても気になるお話があるんです。さりげなく報道されていましたが、米航空宇宙局(NASA)は7月15日、地球大気の熱圏崩壊を発表しました。これって、かなりやばいんでは・・と思ったのですが、ニュースではそれほど大きく取り上げられず。単純に言えば、磁気圏、熱圏やオゾン層が完全に破壊されると地球の生物はクマムシ(⇒詳細を除いて生きていけません







大気圏








熱圏(電離層)とは、地上から80kmから1000km付近にある大気で、地球大気と宇宙空間が出会う場所。大気の主な成分は、窒素、酸素、ヘリウムで、太陽や宇宙から降り注ぐ人体に有害な電磁波や放射線をここで吸収しています。そのため、熱圏では温度が2000度まで上昇することもあります。電離層は、電波を跳ね返す性質を持っているので、ラジオやテレビの電波を飛ばす時も利用されています。また、地球の温度調整もここでしています。熱圏は太陽活動のサイクルにより、薄くなったり厚くなったりしているのですが、今回観測された収縮の規模は科学的に説明がつかないほど大規模なものということらしいのです。今、熱圏崩壊の原因になったと考えられる理由に二つの説があります。一つは、「太陽に何か大きな異変が起きている」ということ。通常、太陽活動は11年周期のサイクル(活発⇔停滞)で動いているのですが、現在、このサイクルは大きく乱れ、昨年は数百年ぶりに「ミニ氷河期」再来か?とまで騒がれました。通常のサイクルであれば、2012年に太陽活動のピーク(極大期)が来る予定だったのが、現在、2013年5月にずれる見通しです。ただ、時間の経過と共にもっとずれるかもしれないとも言われています。昨年は太陽活動が活発であることを示す黒点がほとんど観測されなかったのですが、最近になって、やっと黒点数が急増し、8月1日には活発化を示す太陽風も観測。停滞期を脱出したのでは?とも言われていますが、太陽の異変は依然続いているとのこと。ここは科学者の意見も大きく分かれるみたいですね。何れにせよ、熱圏崩壊が続けば地球は温度調整ができず、今後、夏は熱波、冬は寒波が恒常的に襲う可能性があります。もう一つの説は「HAARP」による影響(⇒詳細 とりあえず、異常気象は続きそうだし、直射日光にもあまり当たらないほうがいいかも







       ポチッと押してね ⇒人気 Blog RankinG

       ポチッと押してね ⇒FC2 Blog Ranking







東京金月足(8月7日)
東京金月足テクニカルチャート








 お知らせ


 明日から9月15日までブログの更新をお休みします。








(※)分析、見通しなどは私独自の調査・手法によるものであり、完全なものではありません。最善を尽くしていますが、保障できるものではないため、投資最終判断は自己責任でよろしくお願いします。






 ☆ ブログランキング参加中! 応援のクリックよろしくね ☆



  クリックしてね↓
   
  応援よろしくね↓
  人気ブログランキングへ
  もう~ひと押し↓
  

           
  応援ありがとうございま~す♪






2010⁄08⁄07 23:10 カテゴリー:豆知識 comment(12) trackback(0)
▲pagetop








金のテクニカルチャート


現在、少しずつですが、短期下降トレンドから上昇トレンドに移行しつつあります。中期と長期の上昇トレンドは崩れることなく、継続中 以下、テクニカルチャート(金とドル円)を掲載しましたので参考に







掲載したチャートは全てクリック拡大できます
東京金日足(8月5日)





NY金日足(8月5日)








       ポチッと押してね ⇒人気 Blog RankinG

       ポチッと押してね ⇒FC2 Blog Ranking







東京金週足(8月5日)





NY金週足(8月5日)





ドル円週足(8月5日)





NY金週足(フラクタルパターン)





フラクタル 



フラクタル(自己相似性)パターン



フラクタル図形








フラクタルの幾何学的図形は、宇宙規模から最小単位の素粒子レベルまで、自然界のあらゆるところに見られるパターンです。








(※)分析、見通しなどは私独自の調査・手法によるものであり、完全なものではありません。最善を尽くしていますが、保障できるものではないため、投資最終判断は自己責任でよろしくお願いします。






 ☆ ブログランキング参加中! 応援のクリックよろしくね ☆



  クリックしてね↓
   
  応援よろしくね↓
  人気ブログランキングへ
  もう~ひと押し↓
  

           
  応援ありがとうございま~す♪






2010⁄08⁄05 20:10 カテゴリー:GOLD comment(3) trackback(0)
▲pagetop










| HOME |



Copyright © 2010 投資小僧の金相場日記Ⅱ. All Rights Reserved.
template by nekonomimige & blannoin photo by Encyclorecorder
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。